【遊戯王 新規考察】 底なしの落とし穴 フレシアの選択肢がまたもや!

底なしの落とし穴

どもです~。

落とし穴系も随分と増えてきましたね~。

というか、奈落の落とし穴の英語名が”Bottomless Trap Hole”(訳:底なしの落とし穴)なのですが、このカードは海外だとどんな名前になるんでしょうか(・・;)

ザ・ダーク・イリュージョン(TDIL) 底なしの落とし穴 考察

底なしの落とし穴

通常罠

(1):相手がモンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。そのモンスターを裏側守備表示にする。この効果で裏側守備表示になったモンスターは表示形式を変更できない。

フィールドにそのまま・・・落しこむっ!!

ダストフォース

次の落とし穴はどんなものになるのだろうと思っていたのですが、まさかこのような効果とは。召喚・反転召喚・特殊召喚時に発動できるので、小型のダストフォースのような運用ができそうですね~。


奈落の落とし穴

もちろん奈落と同様、同時特殊召喚に関しては全てのモンスターに対してこの効果が適応されるので、ペンデュラム相手にもバッチリ。最近だとベアトリーチェのように表側で存在するだけで厄介なカードも増えてきたので、墓地やエクストラに移動させない効果が嬉しい場面も増えていると思います。

地味にソウルチャージ避けになるのもありがたい・・・(T-T)


彼岸 グラバースニッチ

裏側守備表示になったモンスターはなんらかの方法でリリースをしたりしなければそのまま居続けることになります。というわけで彼岸にも中々辛いカードに。

SR幻影彼岸となった今では被害の度合いも低めですが、彼岸を多く積むデッキに対しては結構効果がありそうです。ファルファで一旦除外を・・・うーん、辛い。


フレシアの蟲惑魔

そしてもちろんフレシアにも対応!これは凄いですね・・・!

ペンデュラム対策であれば破壊を介さずデッキにバウンスできる《時空の落とし穴》も強い感じですが、ライフコストが必要ないというのが嬉しいところ。

また一段とフレシアのプレッシャーが増しましたね~。


おじゃまトリオ

今のゲーム下だと、自分の場が一枚使えないというのが展開の阻害になったりもするので、この辺りでも期待できそうです。

モンスター効果が強く、その対策の為にライフコストを多分に払う傾向がある今、このカードは新しい選択肢になるのではないかと期待しています!


ゴーストリックハウス

ぬ・・・なにやらゴーストリック達が騒がしいような・・・。


スポンサーリンク