新パックのレッドアイズカテゴリーについて②

シェアする

前回に続いてレッドアイズの話題です。


【スポンサーリンク】

もう一度効果をおさらいしておきましょう。

悪魔竜 ブラック・デーモンズ・ドラゴン レベル9 闇属性

ドラゴン族・融合 ATK/3200 DEF/2500

レベル6「デーモン」通常モンスター+「レッドアイズ」通常モンスター

自分は「悪魔竜 ブラック・デーモンズ・ドラゴン」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。

①:このカードが戦闘を行う場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

②:融合召喚したこのカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時、自分の墓地の「レッドアイズ」通常モンスター1体を対象として発動できる。墓地のそのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。その後、そのモンスターをデッキに戻す。

真紅眼融合 魔法カード

「真紅眼融合」は1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、

自分はこのカードの効果以外ではモンスターを召喚・特殊召喚できない。

①:自分の手札・デッキ・フィールドから、融合モンスターカードによって決めら

れている融合素材モンスターを墓地へ送り、「レッドアイズ」モンスターを融合素材

とするその融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。この

効果で特殊召喚したモンスターのカード名は「真紅眼の黒竜」として扱う。

伝説の黒石 レベル1 闇属性ドラゴン族 ATK/0 DEF/0

「伝説の黒石」の①②の効果は1ターンに1度、いれずか1つしか使用できない。

①:このカードをリリースして発動できる。デッキからレベル7以下の「レッド

アイズ」モンスター1体を特殊召喚する。②:このカードが墓地に存在する場合、

自分の墓地のレベル7以下の「レッドアイズ」モンスター1体を対象として発動

できる。そのモンスターをデッキに戻し、墓地のこのカードを手札に加える。

真紅眼の凶雷皇ーエビル・デーモン レベル6 闇属性悪魔族・デュアル ATK/2500 DEF/1200

①:このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとして

扱う。②:フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう

1度召喚できる。その場合、このカードは効果モンスター扱いとなり以下の

効果を得る。

●1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。このカードの攻撃力より

低い守備力を持つ、相手フィールドの表側標示モンスターを全て破壊する。

真紅眼の黒炎竜 レベル7 闇属性ドラゴン族・デュアル ATK/2400 DEF/2000

①:このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。

②:フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚

できる。その場合、このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。

●このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に発動できる。このカードの

元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。「真紅眼の黒炎竜」のこの効果は

1ターンに1度しか使用できない。

レッドアイズの攻撃力は2400、デーモンの攻撃力は2500ですので、下級モンスターを楽々と破壊できます。

デュエル開始から1、2ターンの間、相手が上級モンスターを召喚できなかった場合、真紅眼の黒炎竜の効果や、エビル・デーモンの効果を使用するチャンスがあるということです。

この2枚のカードの効果の元ネタは黒炎弾と魔鬼雨でしょう。

でも、返しで大抵のモンスターがやられてしまう現在のカードプールにおいて、どうやって「真紅眼の黒炎竜」や「真紅眼の凶雷皇ーエビル・デーモン」の効果を有用に活用できるのでしょうか?

今回はここまでにして、次回に続きます!