【遊戯王 新規カード考察】青き眼の巫女の効果が公開!・・・一体どんな強化を?

シェアする

SnapCrab_NoName_2015-11-9_1-0-12_No-00 ブルーアイズの新規カード、青き眼の巫女がVジャンプに収録されるということで、昨日ついに効果が公表されましたね!

巫女

  効果を見てみると、前回の乙女と違って効果の対象になった時のみ発動で、フィールドの効果モンスターを墓地に送ってデッキから「ブルーアイズ」モンスターを2体まで手札に加えるもののようです。 乙女のように硬くはないし、直接ブルーアイズを出せるわけでもない。でも一応新規カードなのだから9期パッワーのアシストとなりそうな予感・・・。(2)の効果も、いまのところだと、そこまでして出す必要性がないように見えちゃいます。

「ブルーアイズ」はまだテーマ化されてなかった(らしい)

青き眼の乙女   気になるのはカテゴリー指定が「ブルーアイズ」となっている点。乙女は「青眼の白龍」指定でしたし、告知にもこれを皮切りに強化と書かれているので、「ブルーアイズ」テーマカードが色々追加されるみたいですね~。てっきりストラクでテーマ化されたものかと・・・(- -;)

融合?シンクロ?それともまさかのペンデュラム・・・!?

銀龍   ストラクではブルーアイズのデッキSS・蘇生がメインとなってましたが、今回は他のカードが物凄いアドを稼ぐとか、そもそも「ブルーアイズ」モンスターカード2種のコンボを前提としたテーマだったりするのでしょうか。同名無しで2枚サーチという点がミソになりそうな予感です。 あるいは・・・まさかのスケール別のサーチによるペンデュラム狙い・・・?P効果でデッキ・墓地から「青眼の白龍」をサーチできて、「ブルーアイズ」モンスターしかSSできなくなる、とか。   一体どうなるかなかなか予測がつきませんが、作りたい方は今の内にストラク辺りのカードをそろえておくといいかもしれませんね。続発が楽しみです。   ブルーアイズ   個人的には、帝並みの召喚の容易さと、カオスソルジャーの下級のようなリリース時効果付与等を得て、あくまでバニラブルーアイズに頑張って頂きたい。なんたって孤高の存在っぽいので・・・!