【遊戯王 雑記】 ブルーアイズデッキ体験会に参加した友人から色々聞いてみた

シェアする

青眼体験レポ1

先日の体験会に行った友人から、ブルーアイズデッキの体験レポを頂いたのでご紹介をば。私も行きたかったのですけど、その時は拘束が・・・!


【スポンサーリンク】

青眼(ブルーアイズ)デッキ 体験会 レポート

ブルーアイズ

総評としては「ブルーアイズがポンポン出るよ!中堅ぐらいの強さはあるかも。」とのこと。特に強かった数枚をピックアップします。


青眼の亜白龍

青眼の亜白竜

このカードはかなり強かったようです。元々青眼の白竜を通行証にしてSSしモンスターを破壊できたので、使い勝手がよかったのですが、太古の白石の登場により、より使えるものになっていたのだとか。


太古の白石

太古の白石

使用するのは太古の白石の(2)の効果。墓地除外から亜白龍をサルベージし再利用する、といった感じ。使用デッキには目覚めの旋律が入っていなかったようですが、それでも回ったようです。

太古の(1)はエンド時に墓地にいないと発動できない模様なので、捨てたターンは白き霊龍、次のターンでサルベージでしょうか。


光の霊堂

前回の考察で「効果を使用できる回数は少なそう」と予想しましたが、やはりデッキに入る通常モンスターが限られている分、そこまで(1)効果の使用はできなかった模様。

亜白竜の効果の為に青眼の白竜は一枚手札に温存、という形になるので、おおまかには一・二度利用したら(1)はお役御免、といった感じのようです。

青き眼の護人

賢士霊堂のコンボは強く、これが狙い目の一つとなるようですが、先述の亜白竜関連により、霊堂は初手に持っておきたい感じらしいです。(回ると青眼の白竜がデッキから減る為)

テラフォーミング

これはデッキを組む時の悩みどころですね~。確実に霊堂を握りたいならテラフォーミングを入れたいところですが、一度(1)の効果を使ってしまうと後々が腐ってしまう。霊堂3枚で持っていたらラッキーというのがいいんでしょうか・・・?


青眼の精霊龍

青眼の精霊龍

精霊龍はスペルスピード2にて、リリース→エクストラモンスターの光属性ドラゴン族SモンスターSSの効果があるのですが、これも結構強かった模様。メタ・サクリファイスエスケープ共に使いやすいようです。


青眼の双爆裂龍

青眼の双爆裂龍

普通の出し方より龍の鏡を用いたSSが高評価。色々回した後に、3000の二回攻撃を手札一枚から出せるようにする・・・というか後半だと自然にそうなるみたいです。


目覚めの旋律

トレイン・目覚めの旋律なしで回った

これも驚きですねぇ。レベル8が大量に入っているのに、手札入れ替えカードもなく回ったみたいです。蘇生や手札コスト(白石)の関係から、入っていたほうが回ると思うので、ポテンシャルは中々に高いのかもしれません。


巫女

その他色々なカードはありますが、巫女はどうなんでしょうね~。

今回だと目覚めの旋律が無い故に巫女で亜白竜を起動していた様ですが、旋律を入れるとしたら・・・。

全て入れるとデッキが40枚を超えてしまうぐらいに豊富なサポートがあるので、色々試してみるのがベストでしょうか。


「DDのように大量展開できる」といっていたので、DDとの対戦が楽しみだったり。

さぁ新弾の準備をしませう!