エンシェントフェアリードラゴン

 

 

前回に引き続き、ブルーアイズ関連をば。

今回は友人が使っていた動きの一部をご紹介しまする m(_ _)m

 


スポンサーリンク


 

基本は乙女?

 

ブルーアイズデッキ

 

単体高性能な亜白竜を除くブルーアイズモンスターは、大体乙女からの起動となっているみたいです。後は白石によるターンエンド時のSS効果ですが、これのみだと上級が一枚出るのみとなってしまい、制圧力に欠ける感じに。

 


 

光の霊堂

 

基本的な動き方は乙女+霊堂のようで、この2枚が揃えば、聖霊龍を出せることになります。

 


 

精霊龍

 

乙女をNS、霊堂を発動 → 霊堂効果 通常モンスター墓地送り、乙女対象 →乙女効果 青眼の白龍SS → 聖霊龍シンクロ

 

これにより、墓地に通常モンスターを落としデッキ圧縮をしつつ、場に強固な効果を持つ精霊龍をシンクロできます。

 


 

乙女

 

なんというかまぁ、前々からあった乙女を基盤としたコンボが強いみたいです(- -;)

逆に言えば乙女さえ封じてしまえば動きにくくなる欠点はまだ残っているといっていいと思います。巫女は自己リリースが痛かったのか、中々扱いが難しい模様・・・!

 

 

ブルーアイズ コンボ ~ウナギさんを添えて~

 

コンボ (2)

 

先の動きは、色々と応用が効くようです。対戦してて、シンプル且つ面白い動きだなぁ、と思ったのがこれらのカードを用いたコンボ。

初手は賢士と光の霊堂です。そいでは動かしてみましょう。

 


 

乙女

 

賢士NS→効果で乙女のサーチし、霊堂を発動。霊堂の(1)の効果で乙女をNS

 


 

ブルーアイズ

 

霊堂の(2)の効果を用い、乙女を対象にし、乙女の効果を発動、青眼の白龍をSS

 


 

精霊龍

 

乙女と青眼の白龍で精霊龍をシンクロ召喚し、精霊龍をリリース、エクストラからエンシェントフェアリードラゴンをSS

 


 

エンシェントフェアリードラゴン

 

エンシェントフェアリードラゴンの効果で霊堂を割り、1000ライフ回復しながら、デッキの霊堂をサーチ

 


 

クリスタルウィング

 

その後、残った賢士とエンシェントフェアリードラゴン(チューナー+シンクロモンスターレベル7)でシンクロをし、クリスタルウィングをシンクロ召喚

 

これで賢士+霊堂から、次の霊堂を控えつつ、クリスタルウィングまでつなげられ、相手の効果発動を牽制することができます。

 


 

アークミカエル

 

また、このコンボはアークミカエルを採用すれば除外効果、月華竜ではバウンスがそれぞれ発動できます。エクストラを圧迫するかもしれないので、お好みでチョイスしてくださいましまし。

 


 

亜白龍

 

墓地に亜白竜が落ちている場合は、乙女効果のSSを亜白龍に変えて、亜白龍の効果を発動しながら同じ動きができたり。(もっとも、これは乙女ルート全般に言えることですけどね!)

 

まとめると、賢士霊堂からのおいしい3竜→クリスタルウィングでダッ!ときてバッ!とやってドーン!です。・・・ドーン!

 


 

クリスタルウィング

 

クリスタルウィングの(1)の効果は一ターンに一度なので、相手のリソースが多い場合は少し心もとない場面もあるかもしれませんが、状況がマッチすればそのままゲームエンドにまで持っていけるかもしれませんね~。

 


 

ってなてなわけで、乙女をコンボでございました。

 


スポンサーリンク