フェルグラント

 

前回のストラクRの帝に引き続き、フェルグラントストラクがリメイクされることになり・・・気が付いたら後二週間と少しで発売!? 青眼関係もありドラゴンサポートが熱い今日この頃。

 

ではでは、カードを見てみましょう。毎度同じく1ページ目はカード効果のご紹介、2ページ目はデッキ内容の考察・予想をします。

 


スポンサーリンク


ストラクチャーデッキR -巨神竜復活- 考察

 

新フェルグラ

巨神竜フェルグラント

 

効果モンスター星8/光属性/ドラゴン族/攻2800/守2800

(1):このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合、相手のフィールド・墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外しこのカードの攻撃力・守備力は、除外したモンスターのレベルまたはランク×100アップする。

(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した場合、「巨神竜フェルグラント」以外の自分または相手の墓地のレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。

 

なんというパワフルさ・・・。墓地からSSした時に、対象を取ってモンスターを一体除外できます。除外したモンスターのレベル・ランク×100分攻撃力がアップするので、大体3000以上にはなれそうですね。墓地も選択できるのがありがたい!

また(2)の効果で墓地のレベル7・8ドラゴンを蘇生できるので、エクシーズ等にもつなげられそうです。

 


 

 

死者蘇生

 

ただこの効果、相手にも使用されてしまう可能性があります。(1)の効果で除外された上に、(2)の効果で自分の墓地のドラゴン族を蘇生されてしまうとかなりマズい。蘇生されたドラゴンは攻撃できるので、下手するとゲームエンドの可能性も・・・。使用する時は注意が必要そうです。

死者蘇生で簡単に取られてしまうので、対抗策にリビデ等を積んでチェーンしたりしたいところ。何か懐かしい戦術・・・!

 


 

巨竜の聖騎士

 

効果モンスター 星4/光属性/戦士族/攻1700/守 300

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 自分の手札・デッキからレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を 装備カード扱いとしてこのカードに装備する。 (2):装備カードを装備したこのカードは他のモンスターの効果を受けない。

(3):自分フィールドのモンスター1体とこのカードをリリースし、 自分の墓地のレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。

 

シンプル且つ優秀です。

墓地に落としたい最上級のドラゴンをサーチ、装備しつつ、モンスター効果を受けない1700打点になってくれます。

このテーマでの装備先は主にフェルグラですが、色々なドラゴンデッキに入りそうな一枚。一枚で圧縮+耐性+SSを持ってるのは凄いと思います。

 


 

巨神竜の遺跡

 

永続魔法

(1):自分フィールドにレベル7・8のドラゴン族モンスターが存在し、墓地以外からモンスターが特殊召喚された場合に発動する。そのモンスターの効果はターン終了時まで無効化される。

(2):1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドの表側表示のカード1枚を墓地へ送って発動できる。自分フィールドに「巨竜トークン」(ドラゴン族・光・レベル1・攻/守0)1体を特殊召喚する。

(3):このカードが墓地に存在する場合、自分の手札・フィールドのレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。このカードを手札に加える。

 

目立つのは(2)の効果による聖騎士とのコンボ。落ちても(3)によるサルベージが行えるのがありがたい!

注目点は(1)の効果で、レベル7・8ドラゴン族モンスターが場にいる限り、エクストラや手札・デッキからSSされたモンスターの効果を封じれます。巨竜版真帝王領域といったところでしょうか。

墓地からのサルベも相まって、近年のエクストラ・効果依存なカード陣には非常に効果的なカードとなりそうです。

 


 

復活の福音 

 

通常魔法

(1):自分の墓地のレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。(2):自分フィールドのドラゴン族モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 

サフィラの儀式カード「祝祷の聖歌」と同じ効果を持つレベル7・8ドラゴン専用の蘇生カード。このカードは様々なドラゴン族デッキに入れれるかなりよさげな魔法ですね。

 

次のページで大まかなデッキ考察と予想をば。

 

 


スポンサーリンク