【遊戯王】AFセイクリッド サイドプラン(その1)

シェアする

こんにちは。

今回は、前回のデッキ紹介で少し触れたセイクリッド・アクベスとサイドプランについてです。

 

セイクリッド・アクベスとサイドプラン

 どうしてもセイクリッドはエクシーズテーマであるため、エクシーズ先を1枚のカードで除去されるのが辛いです。

そして、2セット目からは相手がサイドから強制脱出装置などを入れてきたりするので、2セット目以降はエクシーズせずに下級で戦えるようにオネストフル投入などをよくやります。

ピン刺ししているセイクリッド・アクベスですが、擬似的に4枚目のオネストとして使ってみました。

そうした中で、先日カード情報を見ている時に、アクベスの打点アップにターン1制限がない(昔のカードなので)事に目がいきました。

そこで、下級のセイクリッドをオネストで打点強化で守りつつ、その途中に永続で攻撃力が上がったままになるアクベスを挟んで、ソンブレスの回収効果も使うととライフを削りやすいのではないかという仮説を立てました。

これが、実戦で挟んで使ってみたものです。(プレアデスで回収して2回使っています)

場面が限られますが、こういった動きもできます。

 

ポルクスとカウストを召喚したところで、増殖するGを切られたorエフェクトヴェーラーでレベル変動を妨害されたという想定のもと動いています。

複数のモンスターで攻撃されると成立しませんが、モンスター1体での攻撃をオネストで撃退。(カウストの攻撃力分1800ダメージ)

続いて引いたBポルクス召喚後にアクベス召喚。(場のカウスト2300、ポルクスA2200、ポルクスB2200、アクベス1300)

その後、ポルクスBとアクベスでカステルをエクシーズ、効果で相手の場の他のカードをバウンスor自身の表のカードを裏側に、アクベスが墓地に落ちます。

そして、死者蘇生でアクベスをSS再び効果で場のセイクリッドをパンプアップ。(カウスト2800、ポルクスA2700、カステル2000、アクベス1300。総攻撃力8800)

最後の時点で合計攻撃力が8800なので最初のオネストはいらないですが、妨害されたという前提でb

厳密にはワンキルではないですが、AFが1セット目で見えると2セット目で、ツインツイスターなどが自分のエンドフェイズに打たれるので、

伏せに依存しすぎない動きの1つとして試しています。

その時々の環境に合わせてサイドを作るわけですが、対戦相手の視点に立って自分のデッキを見ることが大切なのかもしれませんね。

苦手な部分があるなら、サイドチェンジでは相手はそこをついたサイドチェンジをしてくることが多いことでしょう。

相手を妨害するサイドチェンジ、自分の展開をさらに通すサイドチェンジ。

そのどれにするかの駆け引きは対戦しながらも決められますが、サイドカードの15枚の選択の駆け引きはもう大会前から始まっていますねb

それでは、最後まで見て頂きありがとうございました。