【遊戯王】海外のセイクリッド事情 第2弾

シェアする

時々、セイクリッドの情報を求めて海外サイトを回っているのですが、向こうでもまだセイクリッドユーザーは生存しているようです。
アニメでもセイクリッドが出てきたので使用者が増えたのかもしれないですね。

You Tubeの動画でいくつか気になったセイクリッドがあったので、今回は2016年に入ってからの海外のセイクリッドの動画について取り上げていきます。

それでは、早速見てきましょう。

純セイクリッド

動画が投稿された日付を見ると、2016年4月20日と最近です。
AFの入っていない純セイクリッド。ユウシが入っているのが懐かしいですね。「サンダーボルト」を見るとビクッとなってしまいます^^;

銀河セイクリッド(ブリリアント採用)

2016年4月27日の日付のものです。
こちらには銀河戦士とエスカが入った物と思いきや、ブリリアント・フュージョンまで入っていますね。素材には光属性であるセイクリッドではなくトリック・クラウンまで採用する念の入れよう、絶対に「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」を立てるという、鉄の意志と鋼の強さを感じます(`・ω・´)ゞ

動画を見ていくと、僕も好きな「セイクリッドの聖痕」も3積みされているあたりで「もしや…」と思いましたが、罠カードが4枚でした。

デッキの回り方は良さそうな印象があり、積極的に攻めるタイプのセイクリッドです。

実はちょうど最近、銀河戦士を入れたタイプのセイクリッドを作っていたので参考までに。

青眼の福音がかなりきつくて、バウンスもあまり旨味がなかったので、破壊できないのならインフィニティで吸収して素材にしようということで、機械族の銀河戦士とセイクリッド・エスカを採用。

銀河戦士とエスカ、そしてソンブレスの手札だと、銀河戦士のコストでソンブレスを捨てることで第3の効果でエスカをリリース無しで召喚後サーチで後続を確保してからインフィニティに繋げる動きができます。

AFセイクリッド

AFセイクリッドの最近の動画はあまりなく、新しいものでも2016年1月9日のこちらの動画になります。

ユウシや簡易融合など、最近の日本のセイクリッドではあまり採用されないカードが他にも見られますね。

あとがき

今回は、海外のセイクリッド事情の第2弾でしたが、こうして海外のセイクリッドのことについて書いていると海外のセイクリッドユーザーと構築の話をしてみたくなってきます。

一度で海外のセイクリッドユーザーと構築について
「シェラタンのレベルが3でなく4だったら、3積みしてたよね?」
「おいおい、それだと制限食らっちまうぜ!」
「「HAHAHA!!」」
みたいな会話をしてみたいと思ったのでした。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(^^)

北斗君、早く復活してくれー!!(切実)

シリーズ記事

トレミス

海外のセイクリッド事情 1