【遊戯王コラム】「手を繋ぐ決闘者達」第1回『セイクリッド』

シェアする

こんにちは、フルハです。
今回の紹介決闘者はセイクリッド使いの「スギッチ」()さんです。

————————————————————————
このページからご覧になった方はこちらもご覧ください。
「手を繋ぐ決闘者達」第0回
この企画の趣旨が書いています。
————————————————————————-

紹介YP「スギッチ」さん

スギッチさんといえば、セイクリッド使いとして有名なYPで数々の成績を納めていますねb
僕もよく構築を参考にさせて頂いてます。

それではスギッチさん、よろしくお願いしますm(_ _)m

遊戯王歴と最初に使っていたデッキは?

ー遊戯王歴はどれくらいでしょうか?

スギッチ:カード自体はバンダイ版の頃(多分1999年くらい)から触れていてカードショップに行くようになったのが《人造人間-サイコ・ショッカ―》が登場した辺り、その後離れたり再開したりを繰り返しましたが本格的にやり始めたのは《E・HERO エアーマン》のVジャンプが発売された次の月からです。エアーマン発売が2006年なのでその頃からになりますね。

ー最初に使っていたデッキは何を使っていました?

スギッチ:その頃最初に組んだのは《超魔導剣士-ブラック・パラディン》を融合召喚するデッキだったと思います(笑)。

セイクリッドデッキレシピ

                                陸前CS4-1

今回は、直近のCSで使用されていたセイクリッドの構築を頂けたのでこの構築についてお聞きしていきます。

採用カードについて

ー構築についてお聞きします。
※今回はセイクリッドを知らない方の為にと、1枚1枚説明を付けてくれました。

スギッチ:
《セイクリッド・ポルクス》
チェーンブロックを組まずに召喚権を追加できる戦士族。《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》や《神の通告》に引っかからずに手札のセイクリッドを展開でき、先攻時だけでなく返しとしても優秀なカードです。

《セイクリッド・カウスト》
場のセイクリッドのレベルを上下させ上記のポルクス、後述のグレディやソンブレスと合わせて1ターンでランク3~5のエクシーズにつなぎます。《炎舞-「天璣」》でサーチできますがサーチ対象がカウストしかいないこととポルクス、グレディのように手札でダブった場合処理するのに時間がかかることから天璣の採用はしていません。

《セイクリッド・グレディ》
召喚成功時に手札のレベル4セイクリッドを特殊召喚するカード。チェーンブロックを作るため、先に述べたポルクスと違い《増殖するG》《エフェクト・ヴェーラー》などの打ち所を作ってしまうカードです。しかし1ターンに1度といった制約はなく、ポルクスやソンブレスを絡めると手札にあるセイクリッドを全て展開することもできるためライフをゴリ押しで奪いに行く場合に活躍してくれます。基本的には妨害札に弱く、4枚目のポルクスという気持ちで考えているため1枚差しが多いのですが、今回は《強欲で貪欲な壺》を投入しているためポルクスや《フォトン・スラッシャー》などの展開札が除外されることも予想されたので2枚投入しました。

《セイクリッド・ソンブレス》
墓地のセイクリッドを除外して墓地から他のセイクリッドを手札に戻し、即座に追加で召喚することのできるカード。《ヴェルズ・ケルキオン》と同じ効果ですがこちらはカウストがあれば1枚でランク5のモンスターにつながります。環境が高速化するとともに初手でのダブりが無視できなく感じてきたのである時期から2枚で固定になりました。グレディでも触れた《強欲で貪欲な壺》の件もあったので3枚目を考えもしましたが、全部除外されることよりも初手で戦えないパターンを嫌って2枚になりました。

《フォトン・スラッシャー》
自分にモンスターがいない場合特殊召喚できるレベル4光属性戦士族の2100打点。《武神帝-ツクヨミ》《セイクリッド・オメガ》にもつながるだけでなく、2枚で動くセイクリッドにおいて単体で相手の下級相手にはほぼ負けない打点は貴重です。特に今期の《マジェスペクター・ユニコーン》相手に召喚権を使わずに越えられるのが重要で、殴りに行った後メイン2で《励輝士 ヴェルズビュート》を作ればスケールを飛ばすこともできます。

《オネスト》
戦闘時攻撃力を相手分上乗せする光属性最強サポート。なのですが相手の場に干渉できないのでこれが罠だったら・・・と思うことも少なくないです。手札に複数ある場合ライフを削りきれるなら構わないのですがそうでない場合が目立って弱く感じたので最小限の1枚にしています。青眼相手には打点越えが重要なので今後また増やすかもしれません。

《幽鬼うさぎ》
ここからは手札誘発ということで環境上位に何が強いか、ということで青眼の《蒼眼の銀竜》、DDの《地獄門の契約書》、メタルフォーゼのスケール効果や《デビル・フランケン》から出てくる融合モンスターを破壊できるこのカードになりました。SR幻影彼岸だけが裏目なのであたらないのを祈ります。

《増殖するG》
最も無難なカードですね。後でまた述べますが後攻を取るのでメイン3枚確定です。

《ハーピィの羽根箒》
説明不要のパワーカード。

《死者蘇生》
アーティファクトを抜いたこともあって《リビングデッドの呼び声》よりも優先度は高いです。青眼がいるので相手の墓地からも蘇生できる選択肢も増えましたので。

《増援》
ポルクス、フォトスラの2択です。基本的には他にセイクリッドがあればポルクス、相手にユニコーンがいたり、手札に他のセイクリッドがなかったりした場合フォトスラといった感じです(絶対ではないですが)。

《強欲で貪欲な壺》
今期最強カードです。このカードの登場と青眼相手の弱さが重なってアーティファクト要素がデッキから抜けました。セイクリッドの場合特定のカードが除外されて戦えなくなるといったことはほぼなく、基本的には短期決戦に持ち込みたいためメイン40枚の3積みまで絞りました。2枚目の発動まではほぼノータイムで打っていいと考えています。

《闇の護封剣》
これも後で述べるのですが後攻を取るという前提のもと、相手の封殺系モンスターを無力化さえすればセイクリッドはランク4、5を作りやすいので盤面を返して有利に戦えます。今期は特に先攻を渡すと相手の妨害をするモンスターが立っている可能性が高いため、うさぎや増Gと合わせて後攻の捲りに必要なカードです。

《コズミック・サイクロン》
1000払って除外できるサイクロンでほぼ上位互換といってもいいくらい強いです(1000払えなくなることもありますが)。スケールに打ってもエクストラを肥やさせず、墓地で追加効果を持つ罠も除外できますね。《アーティファクト・ムーブメント》の枠でもあり、展開中に罠の大半に引っかかるセイクリッドでは伏せ割りのカードはある程度の枚数は用意しておく必要があるため3積みです。

《神の宣告》《神の警告》《神の通告》
ここから罠になります。後攻からの捲りを考えた構築にしていますがビュートやプレアデスで盤面を解決してもPテーマはエクストラが肥えてしまう、他の環境デッキは手札あるいは墓地を絡めて返しにくる、というのが考えられるのでそのためには神様に頼るのが早いですね。ライフコストは次に述べるカードの存在もありますので考えずにフル投入しました。

《イタチの大暴発》
自分のライフを相手の場の総攻撃力が越えている場合にそのライフ以下になるようにデッキバウンスを強いる罠です。例えば自分のライフが残り1000、相手の場が攻撃力2000以上たくさんといった場合ならすべてデッキバウンスになります。モンスターに与える効果ではないので《禁じられた聖槍》などの影響で罠の効果を受けなくなっていても吹っ飛ばせます。今期の《マジェスペクター・ユニコーン》が圧倒的で《強制脱出装置》で対応できないため、フルハさんが使っていたのを参考にしました。ライフ調整は神5枚、コズミック3枚、《SNo.39 希望皇ホープONE》などを絡めて行います。

《虚無空間》
これも盤面を返した後に蓋をするカードという目的で入れています。後攻からでも投入する価値はあると考えてメインです。

プレイングについて

ープレイングについてお聞きします。何か決まった動きやよくやる動きなどはありますか?

スギッチ:環境次第でアーティファクトやライオウを投入することがあるので一概に動きが決まっているわけではありませんが、基本的に狙う勝ち筋としては以下になります。

・プレアデスと罠でターンを稼ぎその間に削りきる

・ポルクス、グレディなど下級を並べてライフをある程度とった後ソンブレスやオネストなどで0まで持っていく

・《シャーク・フォートレス》を使ったワンキル

例)
先攻プレアデス(ポルクス・カウスト)、で妨害。
戻ってきたターンにプレアデスの素材を使い切り、ソンブレスでシャーク・フォートレスをXYZ。
素材の無くなったプレアデスからトレミスM7にXYZ。シャーク・フォートレス効果でトレミス2回攻撃に。
その後、シャーク・フォートレスからガイアドラグーンにXYZ。
トレミス2回(2700×2)+ガイアドラグーン(2600)=8000ジャスト。
あとは相手に合わせて罠、手札誘発、エクシーズを行っていくためメタビートに近い動きが中心になります。

デッキを作る上で気をつけていることは?

ーデッキを作る上で気をつけていることはありますか?

スギッチ:構築する際モンスターについては固定枠が多いので手札誘発と罠の選択が中心になります。無難ですが環境上位に対して広く見られるカードを優先してメインに、一部のデッキには刺さるが他のデッキには弱いカードはサイドに、といった具合です。

デッキの良いところを3つあげるとしたら?

ーセイクリッドの良いところを3つ上げるとしたら何をあげますか?

スギッチ:以下の3つになります。

1:盤面の解決と返しの妨害を同時にできる《セイクリッド・プレアデス》を下準備なしで作ることができる
2:致命的なメタカードが少ない(打たれると辛いカード自体は多々あるが)
3:相手のライフを取りに行く手段が多い

デッキの弱点は?

ーセイクリッドのすばり弱点は何でしょうか?

スギッチ:単純な除去罠としての《激流葬》《聖なるバリア-ミラーフォース》などです。
神シリーズや《強制脱出装置》はエクシーズには強いです。ただ、下級でライフを取りに行ったりオネストで迎撃したりする場合にはある程度ケアがききますが、下級の段階で場を一掃されるのはどうしようもないです。

環境デッキ相手には伏せを無視して動く場合も少なくないので、そこに罠を打たれるとお手上げだと思っています。

セイクリッドを使うに至った経緯

ーどうしてセイクリッドを使うようになったのですか?

スギッチ:デッキを組んだきっかけは当時の秋田YP何人かでDT13を回しに行き、自分にプレアデスなどのセイクリッドパーツが偏って出たことですね。DT14でカウストなどが登場しデッキとしてはあらかたその辺りで組めたのですが、当時メインで使っていたのはジャンクドッペルだったためフリーで使うデッキの1つ止まりでした。

その後甲虫装機が流行った辺りでプレアデスを使えるセイクリッドの方に比重を置くようになり、ソンブレスと天璣の登場によってCSで使えるレベルになったのが今まで使えている理由です。

初めてCSで結果を出せたのは?

ーでは初めてCSで結果を出せたのはいつごろですか?

スギッチ:ちょうどソンブレス、天璣で強化された頃の第6回秋田CSで3位に入賞したのが初めてです。もしそれ以前にセイクリッド以外で上位入賞していたらここまで使うほど思い入れはなかったかもしれないですね。

この時の初入賞も印象は強いですが次の魔導征竜の環境で入賞できたのが一番大きいです。
あの環境で勝てるなら他のどんな環境でもやっていけるだろうということで(笑)。

今後出て欲しいカードは?

ーセイクリッドでこういうカードが出れば良いなというのはありますか?
スギッチ:カウスト以外の獣戦士族で、ポルクスやグレディのように動けるカードがあれば天璣も共有できるので出てほしいですね。

今後に使ってみたいデッキは?

ーかなり長い期間セイクリッドを使われていますが、他に今後使ってみたいデッキはありますか?
スギッチ:今期はDDにも触れてはいるので、もしかしたら使うかもしれませんが、新規カードが出るたびに「これはセイクリッドで使えないか?」「このテーマはどうやってメタればいいか?」と考えてしまうので新たに組む可能性は高くないかなと思います(苦笑)

最近出た大会での環境についての考えは?

ー最近の環境についてお聞きします。最近出た大会環境ではどうですか?
スギッチ:青眼、メタルフォーゼが多かったですが、メタの方向性が近ければやりやすいかなと思います。できればSR幻影彼岸はやりづらいので減ってくれればありがたいです(笑)

対戦した試合の中で印象に残っている試合は?

ー今まで対戦した試合の中で印象に残っている試合はありますか?
スギッチ:第5回HCSの準決勝のゲコ太さんの試合や、第2回M2CSのまふさんの試合みたいにオネストが絡むと印象が強いですね(笑)


観戦した試合の中で印象に残っている試合は?

ーでは観戦した試合の中で印象に残っている試合はありますか?
スギッチ:東北CS 2nd での皇帝さんのEDバックショットが印象深いです。
ヴォルカニックはかなり苦手なデッキなので、チームの勝敗がかかった状況でのバックショットは頼もしかったです(笑)

次の紹介YP

フルハ:スギッチさん、今回は取材を受けて頂きありがとうございましたm(_ _)m
今のセイクリッドを使う前はジャンドマンという衝撃の事実が聞けたり
かなり参考になるお話を聞けたので、今後のデッキ構築に活かしたいと思います!
それでは、次の紹介YPを指名して頂きたいのですが、どなたにしましょうか?

スギッチ:ルイナスさんにお願いしたいと思います。

フルハ:確認してみます。

ーー数分後ーー

フルハ:了解頂けましたb

第2回の「手を繋ぐ決闘者達」の紹介YPは武神使いのルイナスさんです!

スギッチさん、今回は1番手を引き受けて頂き本当にありがとうございましたm(_ _)m
また会った時にはデッキ談義や対戦よろしくお願いします!

次回も是非よろしくお願いします!

第2回「手を繋ぐ決闘者達」Ver.ルイナス()さん

最後まで読んで頂きありがとうございました(^^)

    • ぼーの より:

      fuluhaさん
      とても良いブログなので、私のブログからリンクさせて頂いてもいいですか?

      • fuluha より:

        ありがとうございます!
        ぜひお願い致します。
        こちらからもリンクを貼らせて頂きますm(_ _)m

        • ぼーの より:

          ありがとうごさいます。これからもよろしくお願いします。

          • fuluha より:

            こちらこそよろしくお願い致します。

    • マイジャー より:

      はー、なるほど。
      フォトンスラッシャー、長らく触ってないけど
      この記事に触発されて入れたくなりました。
      ユニコーンの害悪具合がやべーんですよね。

      • fuluha より:

        いつもコメントありがとうございます!
        フォトスラは召喚権を使わずに打点が高いのを出せるので優秀ですよねb
        エクシーズしなくともバウンス効果を使えるユニコーン…、プレアデスのアイデンティティーが脅かされますw
        次の制限改訂が気になるところですね。

    • ぼーの より:

      おもしろい企画ですね。
      セイクリッドや、次の決闘者様の武神は組んだことはないんですが、考え方やカードに対する思いなど参考になることばかりです。大会には参加していないファンデッカーですが、次も楽しみにしています。

      • fuluha より:

        コメントありがとうございます。
        そういうお声を頂けて良かったです(^ー^)
        感想などのフィードバックを頂けると方向性も決まってくるので助かりますm(_ _)m
        ありがとうございます、がんばります!

    • コタロー より:

      とても為になりました!
      こういった企画がドンドン増えれば
      もっと面白いのに…
      これからも楽しみにしています!
      頑張って下さい(^_^)v

      • fuluha より:

        コメントありがとうございます、良かったです!
        他にも企画して現在製作中の物もありますのでお楽しみにして頂ければ!
        続けて行けるよう頑張ります。
        ありがとうございます(`・ω・´)ゞ

    • 良企画! より:

      大変参考になりました!
      文量も丁度いいと思います。

      • fuluha より:

        コメントありがとうございます!
        今回のこの企画で投稿した決闘者の使っているテーマについて、自分が使っているいないに限らず、参考になって頂けたり興味を持って頂ければこれ程嬉しいことはありませんφ(^ー^)ノ
        ありがとうございます。

    • ねぷねぷ より:

      自分もセイクリッドデッキを使っているので非常に参考になりました。
      今後のデッキ構築の参考にさせていただきます。
      面白い企画なので次回も期待しています

      • fuluha より:

        早速のコメントありがとうございます!
        セイクリッド使ってらっしゃるんですねb
        僕自身もスギッチさんの構築と説明とても参考になりました(^ー^)
        今後も続けられるよう頑張りますm(_ _)m
        ありがとうございます!