遊戯と海馬

 

 

明日はついにストラクチャーの発売日!

どちらのストラクも楽しみですね~。

 

ってなわけで、情報整理を兼ねて、電磁石やABCの強みを考えつつ、これまでの記事をご紹介したいと思います。

 

1ページ目で電磁石

2ページ目でABC

 

を簡潔に総括しますm(_ _)m

 


スポンサーリンク


 

ストラクチャーデッキ 遊戯 海馬 考察

 

遊戯ストラク 電磁石の戦士 (エレクトロ・マグネット・ウォーリア)

 

テラナイト アルタイル

 

電磁石の戦士はいわゆるランク3のガジェ・・・というか、テラナイトのような動きになりそう。

厳しいのは最初のターンで、徐々に打点や除去パワーが上がっていく持久型だと予想しています。

 


 

ゴルゴニックガーディアン

 

序盤の盤上を固めるのはゴルゴニックガーディアン。

効果と打点をフリーチェーンで無力化する岩石族きってのエクシーズモンスターですネ。

 


 

岩石の番兵

 

動きに必要なのは往々3パターンで、①電磁石とマグネットフィールドで準備する ②電磁石γで素材を揃える ②墓地岩石の番兵で準備する、という形になるでしょうか。

 


 

おろかな埋葬

 

②のSSはともかく、純粋にアドをとりつつ盤上を用意できる①と③の手段には墓地肥やしが必須。

このあたりは岩投げエリアや石投げアタック等の岩石族専用サポートや、マスマティシャン、おろ埋などの汎用墓地肥やしカードに頼るか、単純に相手の除去を待つ形になるかと思います。

 


 

磁石の戦士 b

 

旧型の磁石戦士を入れるなら、相手の破壊を待たなくとも墓地肥やしができるようになります。手札に引いてしまう事故を考えても各一枚は入れておきたいですね。

 


 

ゼンマイン

 

他のランク3を混ぜて、序盤の耐久性を上げるのも良いかも。

 


 

ベルセリオン

 

最終的にはベリセリオン等の大型で攻めるか、それともランク3の力を活かしつつ小回りの利く動きで相手を翻弄するかの2通りの戦略がメインになると予想しています。

 


 

インペリオン・マグナム

超電導戦機 インペリオン・マグナム

 

融合・効果モンスター

星10/地属性/岩石族/攻4000/守4000

「磁石の戦士マグネット・バルキリオン」+「電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン」

このカードは上記のカードを融合素材とした融合召喚でのみ特殊召喚できる。

(1):1ターンに1度、相手がモンスターの効果・魔法・罠カードを発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。

(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。「磁石の戦士マグネット・バルキリオン」「電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン」1体ずつを手札・デッキから召喚条件を無視して特殊召喚する。

 

ご紹介しそびれてしまいましたが、電磁石の戦士類で戦況に耐えつつ、インペリオン・マグナムを叩き込むのもありかと思います。

電磁石αや融合徴兵で素材は比較的簡単に手札に加えることができますネ。

 

 

遊戯ストラクの関連記事はこちら

 

 

 

次のページへ

 


スポンサーリンク