Kozmoドロッセル

 

Kozmo – ドロッセル!?

去年のBurningAbyss→彼岸や、4年前のTour Guide→デスガイドの例もあり、今回のKozmoはどんな名前になるのだろうと半ば戦々恐々していたのですが、まさかあっさりそのままの名前で来るとは。

しかもコズモは英語表記。その後の各々の名前は、どうもオズの魔法使い準拠?で行くみたいですね。(ストーリーはスターウォーズっぽいですが)

 


 

Kozmo fourruner

 

そんなこんなで今年の9月に日本に登場するKozmo。

前に海外公式のストーリーを追っていたことを思い出したので、こちらを再度ご紹介いたしますm(_ _)m 結構意訳が入ってますが、おおまかな筋は掴んだつもりデス。

今回はPCで見たほうが見やすいかもしれません。もしくは、スマホを横表示にするとか。

 

デュエル方面のカードのご紹介はまた後ほど。

そいでは、いってみましょう!

もし、これは違うよ!というのがあったらコメントお願いします(>_<)

 

(原文・意訳元はこちら

 


スポンサーリンク


 

遊戯王 Kozmo コズモ ストーリー紹介

 

旅の夜明け

 

Kozmotown

Kozmo Twon

 

河帝国暦1900年ー

幾度の偶然が重なり集いし仲間達により、恐ろしくも素晴らしい宇宙の冒険が新たに幕を開ける・・・。

 

 

逃走劇

 

Kozmo Goodwitch

Kozmo Goodwitch

-今より文明が発達したとある時代-

 

埃たち舞う荒涼とした惑星の軌道の上では、誇り高き騎士が魔軍の手を逃れていた。

 

 

Forerunnerを知らねぇだと?

 

Kozmo fourruner

Kozmo Forerunner

-華やかさと火砲が出会う場所-

 

「Forerunnerってのは、多数の重兵器の搭載と超光速巡航機能によって、この銀河でその名を轟をせている宇宙船だ。小型宇宙船の発着場にもなる。

名だたる重要人物達の社交場となって、奴らの護送を安全かつ快適に、しかもレーダーに映ることなく行うってんだから驚きだぜ。

ああいうのにかけて、Forerunnerの右に出る宇宙船はねぇだろうな。」

 

 

 

二つの太陽、一人の運命

 

Kozmoドロッセル

Kozmo Farmgirl

-カンザスにて-

 

子太陽、トピカとウィチタの元、慎ましげな農家の娘は、水栽培を営みつつ、冒険へのあこがれを密かに抱いていた。

彼女の機械技術は比類なきものであった。彼女は相棒のロボットを作成しただけにとどまらず、南方の国から墜落した小型機を修理、改造し、自らの戦闘機を作り上げていたのだ。

その名もThe Sliprider.

 

カンザスからの旅立ち

 

Kozmo Sliprider

Kozmo Sliprider

 

The Slipriderは惑星大気圏内と宇宙空間を飛行できる戦闘機だ。

太陽系間の超光速巡航機能は持たないが、その射撃の精度は一流である。

 

 

次のページへ

 


スポンサーリンク