堕天使の追放

 

どもです!

先日堕天使と魔界劇団を作成して友人と遊んでみたので、プチ感想をお伝えしますm(_ _)m

 


スポンサーリンク


 

堕天使 魔界劇団 感想

 

堕天使 感想

 

s_SPDS2 (1)

 

 


 

 

s_SPDS

 

友人が写真撮っててくれたのでうp。

イデアエイドスは主にルシフェル用ですが、その他の堕天使をアドバンスすることもよくありました。クリスティアもよくこれで出してた感じです。

(この後アムドゥ2→1 クリスティア1→2にしたみたいです)

 


 

堕天使イシュタム (2)

 

とにかく回った時のパワーが凄い!

基本イシュタムやサーチから入り、墓地を肥やし次第展開していく感じでした。

戒壇から堕天使をSSすれば、その堕天使の効果で再度戒壇が打てるので、展開力は思ったよりありました。加えてスペルビアの天使族SSでクリスティアが出ることも多々あり。

 


 

魅惑の堕天使

 

背徳や魅惑も伏せ発動から墓地効果で疑似的に二度発動でき、どちらも対象を取らない効果なので中々強力。

 


 堕天使の追放

 

問題点は墓地リソース。

堕天使はSSを繰り返しながら、墓地の魔法・罠を用いて動いていく形になるので、いかに墓地のリソースを確保するかが重要に。

 


 

鳳翼の爆風

 

墓地に罠がない場合は制圧力がかなり落ちることになるので、手札入れ替えの際に積極的に罠を落とすか、場で発動できる状況を整えるのがいいかなと思います。手札コストのある罠(爆風等)で妨害しつつ落とすのもいいかもしれませんネ。

一度展開したあとに返されると急激に展開能力が落ちるので、キル射程内ではない場合は、小刻みに展開して着実に有利を取っていった方がよさそうです。

 


 

堕天使ルシフェル

 

ルシフェルはかなり強かったです。堕天使SSと墓地肥し能力で大量のアドが取れたり。サーチや手札入れ替え等でワリと手札に引き込めるので、ピン差しでも活躍できると思います。

 

魔界劇団 感想

 

s_SPDS3 (1)

 

純構築辛い・・・orz

最近のテーマって、初手で○○と○○を引き込めば強い動きができる、というのが多いんですけど、魔界劇団に限っては「ホープを引けば安泰」という感じに・・・。

 


 

ダストフォース

 

バリア系を張って相手にプレッシャーを与えるのは強いものの、それと同時に魔界劇団側のリソースを確保していかないとジリ貧になるので、一筋縄ではいかず。

 


 

魔界劇団 ワイルドホープ (2)

 

「エクストラに魔界劇団を置きたい」「ワイルドホープは持っていたい」「魔界台本を伏せたい」「その上で返し用の罠も伏せたい」等々、テーマの強みを生かす為に準備することが多く、展開した後も魔界劇団のテーマ内では特に相手を抑える能力がない為、結局動きの量で圧倒されることが多かったです。

可能な範囲からある程度方向性を絞っていかないと、器用貧乏になるテーマかも。

 


 

魔界台本 魔王の降臨

 

発見といえば、魔界台本の魔王の降臨がかなり柔軟な動きに対応していたこと。

ワイルドホープ等を対象に発動して、能動的にアドバンテージを取っていくのがなかなかに強かったです。

こういう風に、自フィールド破壊要素として動かすことができるなら、ラスPも状況に応じて割ることができるので、採用もしやすいかな・・・?と思ったり。

 


 

魔界台本 オープニングセレモニー

 

伏せのプレッシャーが比較的緩やかな試合運びを実現してくれるので、序盤でスムーズにアドを取ることができれば、ジリジリ戦っていく方向に持ち込め良い戦いができると思います。

ちなみに魔界台本は軒並み破壊されませんでしたorz

デッキ情報がない戦いなら、もういっそのことセレモニーを入れないで、情報としての扱いだけでプレッシャーをかけていくのもありかもしれません・・・(- -;)

 


 

そんなこんなで堕天使と魔界劇団の感想でございました m(_ _)m

魔界劇団、もうちょっと構築を練らねば・・・!(T^T)

 


スポンサーリンク