WXS2016-2

 

一年に一度の世界大会が遂に終わっちゃいましたね~。

結果は檜山選手の2連覇!おめでとうございます!

遊戯王って結構運が絡むゲームかな、と思っているんですが、そんな中で2連覇となると純粋に凄いなぁ・・・と。

 


スポンサーリンク


 

マドルチェ ティアラミス

 

試合的には青眼vsマドルチェという意外な対戦カードから始まり、マジェスペクターや帝も見れて面白かったです。

特にマドルチェの試合はBacher選手のキャラや珍しいデッキでの出場もあって初戦から熱かったですネ。闇の護封剣の場面は「初戦で問題の裁定来ちゃったかー!」とヒヤっとしましたが・・・。

Bacher選手、選手紹介を颯爽と走り抜けてからの試合中のWaving等、凄い楽しそうでしたw

 


 

青眼の精霊龍

 

決勝戦は青眼vs青眼!

Erik選手側の手札が事故ちゃったかな、とも思いつつ。しかし、終始紳士的なプレイをする方でしたね。対戦相手をリスペクトする所作に感銘を受けました。

 


 

世界大会 アンケ結果

 

さてさて、世界大会が始まる前に優勝デッキの予想アンケートを取っていたのですが、投票数での予想通り、テーマ的には青眼が優勝となりました。亜白竜や福音が入って、フルパワーで戦えることが大きかったと思います。

比較的投票の多いマジェも3位と好成績でしたね。

 


 

闇の訪れ

 

世界大会の時間が遅めで、ちょっと眠かったこともあるので、これから動画をもう一度見つつ、世界大会レベルの人たちがどういう風に考えてプレイしているのか、ちょっとだけでも学べたらいいな、と思います。

世界大会後の海外の反応も更新予定です~。(これまでの記事のコメントのお返しも今日行います(>_<))

 

ではでは!


スポンサーリンク