%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%94%e3%82%a3%e7%be%bd%e6%a0%b9%e5%90%b9%e9%9b%aa

 

2016年12月17日に発売される” 20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVE BOX “にてハーピィの新規カード登場!

WAVE1ということは、次弾もあるんでしょうか・・・!

 

というわけで今回は《ハーピィの羽根吹雪》をご紹介m(_ _)m

 


スポンサーリンク


 

ハーピィの羽根吹雪 考察・評価

 

%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%94%e3%82%a3%e7%be%bd%e6%a0%b9%e5%90%b9%e9%9b%aa

ハーピィの羽根吹雪

 

通常罠

自分フィールドに「ハーピィ」モンスターが存在する場合、このカードの発動は手札からもできる。

(1):自分フィールドに鳥獣族・風属性モンスターが存在する場合に発動できる。ターン終了時まで、相手が発動したモンスターの効果は無効化される。

(2):魔法&罠ゾーンのこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。自分のデッキ・墓地から「ハーピィの羽根帚」1枚を選んで手札に加える。

 

 

手札から発動できる全制圧型モンスター効果無効カード!

 

%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%94%e3%82%a3%e7%be%bd%e6%a0%b9%e5%90%b9%e9%9b%aa

 

これまたすごい新規が登場しましたね!

①の効果は自分フィールドに鳥獣族・風属性モンスターが存在する場合に発動でき、それ以降に相手が発動したモンスターの効果を無効化。

この効果はターン中永続で、かつ罠カードでの発動となるので、何らかの効果の発動にチェーンして打てるのもいい感じです。

ただし発動自体を無効化するわけではないので、例えばエクシーズ素材を落とすだけ、という動きは可能。このあたりは少し抜け道がありそうですが、何にしろ1ターンの間は相手はモンスター効果を無効化されつづける為、非常に強力な効果であることには間違いがなさそうです。

 


 

%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%94%e3%82%a3%e3%83%ac%e3%83%87%e3%82%a3%ef%bc%91

 

自分フィールド上にハーピィがいれば手札から発動できる点も、このカードの発動タイミングを狙えてGoodですね~。

大体モンスターの効果はメインフェイズ1に発動するので、ハーピィ自体がモンスターにやられるということも少なそうです。

 


 

%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%94%e3%82%a3%e3%81%ae%e7%be%bd%e6%a0%b9%e7%ae%92

 

②の効果は場でこのカードが破壊された時、デッキ・墓地から《ハーピィの羽根箒》をサーチする効果。

墓地からもリクルートできるということで、箒の2度目の発動も狙えそうですね~。ただ、ハーピィデッキでなら手札からの発動がメインになるでしょうか。

一応相手の羽根箒にチェーンしてこのカードを手札から発動しても、②の効果が発動できますネ。

 

(海外では現在ハーピィの羽根箒が禁止になっているのですが、何かしらのアクションを起こすのかも・・・?)

 

ついにバック割りテーマを超え・・・!

 

%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%94%e3%82%a3%e3%81%ae%e7%8b%a9%e5%a0%b4

 

今までハーピィデッキといえば、バックに対する除去能力や先出しされているモンスターに対する処理能力は《ハーピィの狩場》や《電光千鳥》で優秀だったものの、モンスター効果に対しては弱い面がありました。

今回のカードはその弱い面を補い、新たなプレッシャーを与えるカードとして活躍してくれそうです。

 


 

%e3%83%92%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%b3

 

また、ハーピィには超強力なアドバンテージ稼ぎ能力を持つ《ヒステリック・サイン》や《ヒステリック・パーティ》があるのも見逃せませんね~。

特にヒステリックサインは、手札かフィールドから墓地に送られたターンのエンド時に、デッキからカード名の異なるハーピィカードを3枚サーチできる点がかなり優秀です。

ハーピィの羽根吹雪も問題なくサーチできるので、積極的にサーチしたいところですね~。

 


 

%e3%83%9e%e3%82%b8%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%8f%e3%83%83%e3%83%88

 

サインを場や手札から落とす方法にはサモンプリースト(でのコスト落とし)や狩場での破壊がメインとなっていますが、マイナーなところでは《マジカル・シルクハット》もあります。懐かしい!

 


 

%e3%83%9e%e3%82%b8%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%8f%e3%83%83%e3%83%88

マジカルシルクハット

通常罠

(1):相手バトルフェイズに発動できる。デッキから魔法・罠カード2枚を選び、そのカード2枚を通常モンスターカード扱い(攻/守0)として、自分フィールドのモンスター1体と合わせてシャッフルして裏側守備表示でセットする。この効果でデッキから特殊召喚したカードはバトルフェイズの間しか存在できず、バトルフェイズ終了時に破壊される。

 

このカードは割と能動的にデッキの魔法・罠を墓地に落とせるので結構オススメの一枚です。

サインはサーチ効果を発動するまでに手札・フィールドにあることが前提となるので、おろかな副葬ではできないサーチ効果の発動もこのカードなら結構簡単に。

同時にギャラサイやブレスル、迷い風を捨ててさらにプレッシャーを作るのもおもしろいかもですね~。

 


 

%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%94%e3%82%a3%e7%be%bd%e6%a0%b9%e5%90%b9%e9%9b%aa

 

そんなこんななハーピィの新規サポート、こちらも来月に発売されるディメンションボックスの収録カードに負けず劣らずな面白さを持っていると思います。

年末もサイフポイントがマズイ・・・!

 


スポンサーリンク