ll%ef%bc%8d%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%bb%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0

 

次元箱でリリカル・ルスキニアが登場~!

ARC-Vも終盤を迎えての登場となりましたが、LLはレベル1テーマっぽく、様々なサポートが受けられそうですネ。兄貴がRだから妹はLと・・・。

テーマ的な考察は今度にして、今回はリサイト・スターリングをご紹介しますm(_ _)m

 

 


スポンサーリンク


 

LLリリカル・ルスキニア-リサイト・スターリング 考察

 

ll%ef%bc%8d%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%bb%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0

 

ランク1/風属性/鳥獣族/攻 0/守 0

レベル1モンスター×2体以上

(1):このカードがX召喚に成功した場合、 フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの攻撃力・守備力は、このカードのX素材の数×300アップする。

(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。 デッキから鳥獣族・レベル1モンスター1体を手札に加える。

(3):X召喚したこのカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは相手も受ける。

 

 

 

レベル1版フォースストリクス+α!

 

ll%ef%bc%8d%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%bb%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0

 

効果的には①のパンプ、②のサーチと、サポート寄りな効果になっていますね~。

このカード自体が活躍できるのは③による特攻ダメージですが、このあたりは他のカードとの組み合わせが必要そうです。

 


 

ll%ef%bc%8d%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%b3%e3%82%a4%e3%82%ba%e3%83%bb%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%bc-2

 

その点は今後マキシマムクライシスで登場するLL-アセンブリー・ナイチンゲールとの組み合わせになるでしょうか。アセンブリーはX素材の数だけ直接攻撃できたり、ORUを一枚外すことでLLが戦闘・効果破壊されず、自分が受ける戦闘ダメージを0にしてくれたりするカードになっているみたいです。

 

 

LL-アセンブリー・ナイチンゲール

 

ll%ef%bc%8d%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%b3%e3%82%a4%e3%82%ba%e3%83%bb%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%bc-2

 

ランク1/風属性/鳥獣族/攻 0/守 0

レベル1モンスター×2体以上

(1):このカードの攻撃力は、このカードのX素材の数×200アップする。

(2):このカードは直接攻撃でき、 X素材を持ったこのカードは、その数まで1度のバトルフェイズに攻撃できる。

(3):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。 ターン終了時まで、自分フィールドの「LL」モンスターは戦闘・効果では破壊されず、 自分が受ける戦闘ダメージは0になる。 この効果は相手ターンでも発動できる。

 


 

ll

 

この2種のカードを同時に並べることによって、パンプされたナイチンゲールが複数回の直接攻撃をし、リサイトスターリングが特攻によって相手のみにダメージを与えることができるようになっているみたいですね~。

このカードは元々の攻撃力が0なので、かなりの反射ダメージを期待できそうです。

2枚合わせるとダメージが凄いことになりそう・・・。

 


 

%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%aa%e3%82%af%e3%82%b9

 

他方では鳥獣族レベル1をサーチする効果によって、様々なカードをサーチすることができたり。

今後登場するLLのモンスター陣はもちろん、DDクロウ、あとはRRのラストストリクスやペイン・レイニアスもサーチすることができます。

 


 

%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%b9

 

LL内でもアスフォを使えばトーテムが立てられる上、サーチが充実しているのでラストアスフォの活用でアルティメットを出すのもあり・・・かも?

 


 

ll%ef%bc%8d%e3%82%b3%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%bb%e3%82%b9%e3%83%af%e3%83%ad%e3%83%bc

 

LL内でサーチをするならば、LLモンスターによるアド取りや大量SSによって、さらに展開をすることになりそう。

先のXモンスター2体を並べれば戦闘・効果で破壊されず、サーチと直接攻撃、特攻を繰り返すことができるので、かなりの火力を期待できそうです。

コバルトをORUにすればより強固な耐性になるみたいですネ。

 

 

LL-コバルト・スワロー

 

ll%ef%bc%8d%e3%82%b3%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%bb%e3%82%b9%e3%83%af%e3%83%ad%e3%83%bc

 

星1/風属性/鳥獣族/攻 0/守 100

「LL-コバルト・スパロー」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから鳥獣族・レベル1モンスター1体を手札に加える。

(2):フィールドのこのカードを素材としてX召喚した風属性モンスターは以下の効果を得る。 ●このカードは相手の効果の対象にならない。

 

 

LL-サファイア・スワロー

 

ll%ef%bc%8d%e3%82%b5%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%bb%e3%82%b9%e3%83%af%e3%83%ad%e3%83%bc

 

星1/風属性/鳥獣族/攻 100/守 0

「LL-サファイア・スワロー」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドに鳥獣族モンスターが存在する場合に発動できる。 このカードと鳥獣族・レベル1モンスター1体を手札から特殊召喚する。

(2):フィールドのこのカードを素材としてX召喚した風属性モンスターは以下の効果を得る。 ●このX召喚に成功した場合、自分の墓地の「LL」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。

 

 

LL-ターコイズ・ワーブラー

 

ll%ef%bc%8d%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%b3%e3%82%a4%e3%82%ba%e3%83%bb%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%bc

 

星1/風属性/鳥獣族/攻 100/守 100

「LL-ターコイズ・ワーブラー」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。

(2):このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。 自分の手札・墓地から「LL」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 


 

ll

 

相方のナイチンゲールのORU数が多ければ多いほど火力が上がる上、容易に強固な耐性をつけることができるので、LLは今後の新規次第では強いテーマになるかもしれませんね~。(「コスプレ集団は大体強い」というパターンも・・・。)

もしかしたら1ショットテーマになるかも・・・?

ってなんだか結局テーマ紹介みたいになってしまいました(- -;)

 

 

というわけで、次元箱は明日発売!

明日は私も買いに走ってきます! ではでは!

 


スポンサーリンク