マキシマム・クライシスにて変な木の恰好をしたモンスター、バオバブーンが登場!

見た目に反してとんでもない効果をしていて、今後注目を集めそうです・・・!

 

というわけで、今回はバオバブーンをご紹介します~m(_ _)m

 


スポンサーリンク


 

バオバブーン 考察・評価

 

バオバブーン

 

星3/闇属性/植物族/攻1200/守1000

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローし、その後手札を1枚選んでデッキの一番上または一番下に戻す。

(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。デッキから「バオバブーン」を任意の数だけ特殊召喚する。

フィールドと手札どちらにも影響・・・!

 

まずは①の効果。これは単体で見るとそこまで強力な効果ではなく、NS・SS時に手札を入れ替えられる能力。

入れ替える手札はデッキトップorボトムで選べるので、どの手札も必要かなぁ、という時でも比較的安心。できればデッキに眠っておいて欲しいコンボパーツもデッキの底に沈めることができそうなので、こちらも役に立ちそうですね。

 


 

 

カードをデッキトップに戻す効果をいえばエッジインプ・シザーがそうでしたが、あれと同じく七皇の剣をトップに置くのも楽しそうですね~。

 


 

 

そして②の効果は戦闘・効果で破壊された場合に、デッキからバオバブーンを任意の数SSできる効果。普通に伏せて相手に破壊させても壁が増えたりしますが、今の遊戯王だとそれだけでは終わらず・・・。

十二獣とのシナジーが強烈!

 

このカードはレベル3なので、能動的に破壊して二体をSSすればランク3をSS可能。今の環境で大流行している十二獣のモルモラットにつなげられるインヴォーカーをSSできます。

 


 

 

能動的に破壊するテーマといえば、例えばメタルフォーゼが優秀。このカードを割って罠をサーチしてからランク3→インヴォーカー→モルモルモルの動きが可能です。

SSされたバオバブーンにも手札の入れ替え能力があるため、この動きで手札も計3枚入れ替えられます。

流石にこうなると①の効果も強い・・・。ドランシアがいる盤上になる上に、手札入れ替えによってデッキに眠る抑止カードを自分から引きに行けるのは今だとかなり便利ですネ。

 


 

 

尚十二獣そのものでも、会局でこのカードを割る前に手札に来たモルモラットをデッキに戻すことでより動きの安定度を高めることができたり。バオバブーン自体がかぶっちゃった際もNSして戻せばカバーできそうですね~。

最悪自爆特攻でもインヴォにできます。

真竜とも相性ばっちり!

 

そして注目の真竜にもかなりマッチ。明日記事をアップする予定なのでちょっとお先な感じになっちゃいますが、真竜には手札のカードを破壊し真竜カードをサーチできるドラゴニックDがあります。

 


 

 

このカードを発動してバオバブーンを破壊すれば、先ほどのモルモルした動きが可能になる為、非常に強く。元々真竜はエアサキュレーターが潤滑油として注目されていたのですが、こうなるとこっちも魅力的ですねぇ・・・(・・;)

 


 

 

というのも、真竜はこれが来る前でも【十二獣】との相性が結構良かったのです。

これが来ることによって、ドラゴニックD→バオバブーン→インヴォ→モルモルモルという動きは勿論、この中でランク4を炎星のソウコにし、効果テンキをセット(→発動)し、ドラゴニックDの効果で真竜剣皇マスターPをサーチしておくことでドラゴニックD+バオバブーンから、マスターP(墓地チャージ1)+ドランシア+ソウコorインヴォという陣形を組むことが可能になってしまいました。・・・なってますよね?(自信なさげ)

永続魔法や罠が手札に既にある場合は普段通りエメメメでもよさそうですネ。

 


 

 

他方では植物族あってロンファから入れるカードでもあるので、植物族デッキにもありがたいかもですね~。

地味に闇属性なので、捕食植物でも使えるかもしれません。

 


 

 

個人的には森羅とアロマージも使っているので、地属性ならメリアスが出せたのにな~と思います。森羅だとデッキトップを操作できる点がありがたいですね~。

環境が環境だけに物凄く不安になる効果ですが、様々なテーマやファンデッキの味方としても活躍できそうです!

 


 

 

というわけでこのカード、非常に危ない気がするというか、危険な匂いしかしないカードになっていると思います・・・!

明日の真竜記事をもう一回見直さねば・・・!

それにしても、何故ベイゴマを規制した矢先にこういうカードを出すんでしょうか・・・(T-T)

 


スポンサーリンク