【遊戯王 カード考察】『SPYGAL Misty』考察

シェアする

「SPYRAL」シリーズ考察も第5弾。

今回の考察カードは海外版レイジングテンペストに収録されている『SPYGAL Misty』です。

『SPYGAL Misty』考察

『SPYGAL Misty』効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1500/守1600
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。
相手デッキの一番上のカードを確認し、宣言した種類のカードだった場合、
自分はデッキから1枚ドローする。
(2):1ターンに1度、自分フィールドの「SPYRAL Super Agent」1体と
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

カード名に「SPYRAL」の名前が入っていないので、「SPYRAL」系カードの恩恵は受けられませんが、その効果はしっかり「SPYRAL」をサポートする内容になっています。

『SPYGAL Misty』効果①

召喚・特殊召喚成功時に相手のデッキトップの種類(モンスター・魔法・罠)を当てるだけで1枚ドローできるこの効果、《SPYRAL GEAR – Drone》や他の「SPYRAL」の効果を使うを簡単に相手のデッキトップを操作したり見れたりするのでかなり使いやすい効果です。

しかも、名前縛りのターン1制限がないので『SPYGAL Misty』が3体いて3回ともカードの種類を当てられる盤面なら3枚ドローが出来ます。

3回宣言を当てるのは《SPYRAL GEAR – Drone》の相手のデッキトップを3枚まで操作できる効果があるのでやりやすいと思いますが、『SPYGAL Misty』は名前に「SPYRAL」が入っていないので、複数体場に出すということが課題になります。

別のカードでのサポートで場に複数体出すことになりますが、現状ですと《地獄の暴走召喚》でくらいでしょうか。

『SPYGAL Misty』効果②

相手ターンでも使用できる「SPYRAL Super Agent」と相手の場のモンスターを戻す効果。

「SPYRAL Super Agent」を手札に戻すことで、再度「SPYRAL Super Agent」の相手のデッキトップの種類(モンスター・魔法・罠)を当てて特殊召喚する動きが可能になります。

禁止カードになった《マジェスペクター・ユニコーン》のような効果ですね。

最近のカードですと、先日の記事で紹介した《妖精伝姫-カグヤ》も相手ターンでも使用できる効果を持っています。

『妖精伝姫-カグヤ』効果モンスター

星4/光属性/魔法使い族/攻1850/守1000

(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキから攻撃力1850の魔法使い族モンスター1体を手札に加える。

(2):1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。相手はそのモンスターの同名カード1枚を自身のデッキ・エクストラデッキから墓地へ送ってこの効果を無効にできる。墓地へ送らなかった場合、このカードと対象のモンスターを持ち主の手札に戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。

『SPYGAL Misty』考察まとめ

「SPYRAL」系をサポートする効果優秀で、欠点といえば「SPYRAL」の名前がついていないことくらいでしょうか。

ドロー効果と相手ターンも使用できるバウンス効果がとても優秀なので、安定して運用していくにはこの『SPYGAL Misty』を複数枚積むか、『SPYGAL Misty』を安定して運用できるカードを複数枚積むかになってきます。

「SPYRAL Super Agent」の(1)の効果で相手のデッキトップの種類を当ててSS→『SPYGAL Misty』NS→『SPYGAL Misty』の効果で相手のデッキトップの種類を当てて1枚ドローの動きが1番起こりうる盤面です。

最近のデッキはモンスターカードが多めなのでデッキの情報がなくてもモンスターを宣言しておくのが無難だと思います。(モンスター>魔法>罠)

また、召喚権を使用せずに《SPYRAL GEAR – Drone》が場に出せると

《SPYRAL GEAR – Drone》の(1)の効果で相手のデッキトップを3枚操作→「SPYRAL Super Agent」の(1)の効果で相手のデッキトップの種類を当ててSS→『SPYGAL Misty』NS→『SPYGAL Misty』の効果で相手のデッキトップの種類を当てて1枚ドローとなって

場に「SPYRAL Super Agent」と『SPYGAL Misty』、そして「SPYRAL GEAR – Drone」の3体が揃い、相手ターンでも使用できるバウンスと相手ターンでも使用できる相手の場のカード枚数×攻撃力500UPの布陣を敷くことが出来ます。

これだけもかなり強そうですが、エクストラの「SPYRAL」系カードも今後出てくるのか、それとも「SPYRAL」はエクストラを必要としないカードなのか続報に期待です。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございましたφ(^ー^)ノ

関連記事

※思いついた部分があったので追記しました。さて、1月14日から「マキシマム・クラシス」が発売されましたね。「真竜」や「魔術師」、「十二獣」の新規が出ていますが、個人的には「妖精伝姫」の新規に注目しています。『妖精伝姫-カグヤ』考察『妖精伝姫
TCGのレイジングテンペストに収録された海外先行カードの「SPYRAL」が、ついにエクストラパックに収録されて日本に上陸します。ザ・ダークイリュージョンから収録され始めた「SPYRAL」ですが、個人的にぜひ使ってみたいテーマなので考察してい
今回は『SPYRAL Super Agent(SPYRAL-ダンディ)』と同じく海外のザ・イリュージョンに収録された『SPYRAL Quik-Fix(SPYRAL-ジーニアス)』について考察です。『SPYRAL Quik-Fix(SPYRA
「SPYRAL」シリーズの考察が続きます。今回は「SPYRAL Super Agent」や「SPYRAL Quik-Fix」の記事にて名前が出ています『SPYRAL GEAR - Drone』についての考察です。例によって収録は海外のザ・ダ
「SPYRAL」シリーズの考察。 今回はTCGのインベイジョン・オブ・ヴェノムに収録の『SPYRAL Master Plan』についての考察です。『SPYRAL Master Plan』考察《SPYRAL Master Plan》効果モンス
「SPYRAL」シリーズ考察、第6弾。そろそろ「SPYRAL」系のモンスターも今回で紹介し尽くしたでしょうか?今回の考察カードは海外版インベイジョンベノムに収録の『Charming Resort Staff』です。それではさっそく見ていきま