【遊戯王】2017年4月のOCG制限改訂(リミット・レギュレーション)に関する海外の反応

シェアする

OCGの2017年4月の制限改訂(リミット・レギュレーション)に関する海外の反応をお届けしますm(_ _)m


【スポンサーリンク】

遊戯王 OCG制限改訂 海外の反応

うわお。かなり厳しく規制されたね。

モル・ドランシア・会局の内の2つが規制されるだけで十分な気もがしないでもないけど・・・。


モルモラットが制限カードになるとは・・・。俺も会局とドランシアの禁止だけで十分と思うんだけどなぁ。

まぁ、「何か他に使うデッキを探してね!」って感じだろうか。


《妖精伝姫-シラユキ》の準制限化はライロにはちょっと痛いかな。TCGでは同じような規制がないことを祈るよ。

まぁ、インフェルノイドetcの墓地肥やしデッキの問題は別にあって、違うカードが規制されるべきだとも思うけど・・・。

シラユキの準制限化は芝刈りデッキに結構影響しそうだ。芝刈りでシラユキを落とせないなら、結構負けも近くなるからね。


ホントに十二獣はオーバーキル気味だなぁ。

ブルに触ることもなく、急所を狙ってきた感じだlol


眠りの規制もなかなかいい感じだね。

>眠りはいいね。TCGの次の制限改訂でもこうなったらいいと思う。


タイラントネプチューン

コナミは本気で人々に十二獣のことを忘れてほしいらしい・・・。ゴウフウがここまで早く規制されるとは驚いたよ。最初は準制限くらいかと思ってた。

ところで、ネプチューンはそこまで脅威的な存在だったのかい?結構コンボを成立させるのは厳しい印象があったんだけど。

>ネプの禁止は簡易でもよかった気はする・・・。めちゃ乱暴な規制だよ。

>まぁOCGではノーデンもいないし、簡易はそこまで強いカードではないんだよなぁ。


ええっと、OCGは既に3回の制限改定をしてるのにTCGではその間一度も制限改定がなされてないのは一体・・・。まぁ、あまり気にすることでもないけど。

それにしてもOCGのリストは見れば見るほど、「俺たちと統一するのは無理だな」って思えてくるなぁ。

(※先日制限リストが公表されるまでは、TCGの制限改訂は2016/8/29でストップしていました。)



インフェルノイドが復興することも可能だろうか?シラユキは1枚失ったけど、十二獣はすべてを失った。

>ノイドはリンクフォーマットでの強化もありそうだね。


マスターPの規制はなしかぁ。【真竜】についてはどう思う?彼らは十二獣環境ですらトップメタ辺りの位置にいたんだ。

次期環境ではより強い位置になると思うんだけど。

>真竜は次の制限改定で規制される流れかなぁ。

>環境トップに居座り続けるならたぶんそうなるだろうね。


・・・どうして天キは無制限に戻らなかったんだ。

十二獣はもう悪さをできないんだし・・・。

>どうもコナミは制限から無制限に一気に緩和することはあまりしないらしい。段階を踏みつつ、問題ないと見なされれば無制限になるんじゃないかな。

>無制限になる頃に獣戦士族のリンクテーマを出しそうな気がする。


エアーマンが徐々に緩和されているのは素晴らしいね。まぁTCGでは起こりそうないかもだけど・・・。

ようやく夢がかなったよ!十二獣が最大級の規制を食らった上に、エアーマンが準制限になるなんて・・・!

TCGリストもOCGのようになったらいいのになぁ。

それはともかく、ゴウフウは活躍される前に規制されちゃったね。

(※海外ではエアーマンが延々と禁止にされ続けている状態の様です。)


ゴウフウが先打ち規制されただと・・・。まさかだな。

そしてさらば十二獣よ。

>ゴウフウは恐らく規制が必要だったんだろうね。

ゴウフウがすべてのデッキに採用される状況ってのはちょっと期待してたんだけどなぁ。


《次元障壁》と《神の通告》がまだ規制されないのは受け入れがたい。

神の通告はいずれされると思うよ。

ただ、次元障壁はポストリンクのこの状況じゃ評価も高くないだろう。

>通告は制限化されるべきだろうね。次元障壁はリンクには影響しないから、シンクロやエクシーズと組み合わせることのできるテーマをプッシュする流れにならない限り規制はされないだろう。

>リンクは神系が規制される良い機会でもあるね。


良い制限リストだと思う。

>というより、「そこまで間違ってはいない」って感じだね。

最低限十二獣は規制したし、芝刈りデッキにちょっとしたビンタもした。恐らく今回の制限改訂はそこまで不満の声もあがらないハズ。


お、モラルタが無制限になったか、OCGではAFがフルパワーに戻るね。

《命削りの宝札》と共に、フルパワーのAFで遊ぶのは面白そうだ。


ちょっと最近規制のやり方がエスカレートしすぎじゃないかい?あまりにも規制が早すぎる。

こういうのは最初カードデザイナーと話し合いつつ、他のトップデッキと戦わせてあれこれやってから規制できるものだろう。最近はそれをせずにもうただただ規制を打っている印象がある。

>実際コナミはそうすべきだろうね。

でも調整というのがそう簡単なものでもないのもよくわかるよ。カードの影響がどこに出るかは結構デザイナーの外にあるものさ・・・。マッチアップ上の有利だったり、能力だったり、相場だったり、そういうのが複雑に組み合わさっているからね。


十二獣って最初あたりの情報じゃ壊れって印象がなくて、モルモラットが公表されてから一変したんだっけ。

あの手札誘発の量と強力な効果じゃね・・・。

>あ~・・・あんまりハッキリと覚えてはいないけど、モルモラットは最初に公表された十二獣モンスターだよ。たしか。

>あぁごめん言い間違えた。最初十二獣が出るよ!って情報を見たときはあんま興味なくて、モルの効果が公表された途端にみんなの目の色が変わっただろうってことさ。

それにしても、モルは最初のテーマカードにして最も脚光を浴びた一枚だったね。


十二獣になつかしさを感じるようになるまでにどれくらいの月日が必要だろうねぇ。

何かネクロスや征竜みたいにしぶとく生き残りそうな気がする。

(参考・意訳:http://www.pojo.biz/board/showthread.php?t=1263248)


良い制限改訂だと羨ましがられたり、もう俺たちの状況とは全然違うなという感想が出たり、反応はマチマチでしたが、十二獣関連は総じて肯定的な意見でした。

エアーマンはかな~り羨ましがられているようですネ。根強いファンが残っているテーマな上、実力もあるので、この規制でどうなるか展開を見届けたいです・・・!

海外の方も制限改訂が入ったようなので、明日反応を更新する予定です~(`・ω・´)ゞ

(注:最近Amazonで詐欺業者が横行しているようです。遊戯王においても非常に安価で商品を出しているところがあるようですが、あまりに安い場合詐欺の可能性がある為お気を付けください。)
【スポンサーリンク】

シェアする

フォローする

コメント

  1. カトブレパスと運命のななしさん より:

    いま不遇のPの救世主となるか悪魔となるか測るためにユニコーンは制限にとどめて欲しかった
    十二獣ある海外でも活躍したら諦められたのに

    • きょいち(管理人) より:

      あ~、それちょっと思いますね~。Pのデメリットがめちゃくちゃ増えてしまったのでユニコーンも前のように猛威を振るえないんですよね。
      OCG、TCGのどちらでも禁止となるとテストプレイ以外に評価の変更の仕様がないので、そのまま闇に葬り去られる可能性もぬぐい切れず・・・(- -;)

  2. ラララ より:

    「良い制限リストだと思う」

    こういう発言聞いても「もっと早くにするべきだったんじゃないか?」と思ってしまう
    後に書いてある通りにすぐに作ってすぐに規制じゃダメだと思う
    ちゃんと考えてカードを作っているのか怪しく思うわ……
    あと海外ではナイチンゲールがいないのでネプチューン規制はわからないんでしたっけ?
    海外の規制はドローだけではなくサーチも嫌いみたいですね……エアー万を見てそう思いました。まる

    • きょいち(管理人) より:

      やっぱり向こうでも「何故こんなの作った」って感じてる方は少なからずいらっしゃるみたいです。
      今回のは運営側がエメラルを忘れてたのかもしれません・・・あのループが無ければここまで完成した盤上になってなかったかも・・です。
      しかしそれにしてもネプも含め、やっぱりできる限りテスト・検証はしてほしいなと思います(>_<) ネプは海外でも禁止みたいですよ~。概ね日本と同じ反応でしたw

  3. きょいちさんのファン より:

    十二獣は9期最後の環境を一色に染め上げるために作られた存在だと思っているので仕方のないことですね
    海外のモルモだけはちょっと緩めな気もします
    まさか海外でもネプチューンは禁止になるとは思っていなかったので意外でした
    他のテーマにサーチが出まくったのでエアーマンはそろそろ許してあげてもいい気がしますけども…

    • きょいち(管理人) より:

      あのテーマ、商品の展開的にみると「1枚でエクストラモンスターを出せる」→リンクとか、「今までのカードのプレイを規制せざるを得ない」→EX規制とか
      そういうことに関して動機付けとして上手くハマってる印象がありますね~。狙ってやってたのなら恐ろしいことですorz

      海外の規制はかなり大人しめというか、しっかり強すぎるカードだけを規制しているな~という印象です。
      エアーマン、私ももうそろそろいいかと思います・・・!(>_<)

  4. 通りすがりの より:

    通告!すっかり忘れてましたよ!
    通告の枠にうららを入れることが多いからか最近あまり見ませんね・・・
    あの通告が抜かれる日が来るとはなぁ・・
    通告に苦しめられた時は(今に規制くらうから覚えておけよ!)と思っていたので、規制も受けずに姿を消していくのは少し物悲しくなりますね・・・もう遭いたくないですけど。
    そういえば日本と海外で改訂に違いが出たのっていつぐらいからなんでしょうね。

    • きょいち(管理人) より:

      うらら強すぎますよぉ!強い効果ほとんど無効にしてなおかつ手札誘発、一時期のツイツイと羽箒の関係みたく、速さがどれだけ重要になっているかを表す選択かもですね。
      9期後半はある意味落着きのない環境の入れ替わりが多かったと思います。あれもこれもまだ使えるという状況下で十二獣が弱まった今後、どんなテーマが活躍するのか楽しみでもあり、怖くもあり・・・。

      海外の制限改訂は2013/09/01以降から独自のものになったようです~。
      ワールドプレミア枠とほぼ同時期なので、そのあたりから環境やカード評価に差異が出たのかな~と。
      最近は差異も収束している印象ですが、メタ的なブレイクスルーが起きない限りカードの評価がある程度固定されることになるので、その結果も差異に出ているのかと思います。
      向こうではブラホ2・サンボル1がデフォなのが恐ろしい・・・。