【遊戯王】《星杯剣士アウラム》から予想する「星杯」 (だらだら談話)

シェアする

コード・オブ・ザ・デュエリスト (COTD)に新テーマ「星杯」登場!

なのですが、公式のツイッターの謎ポエムやそれに続く通常モンスターの公表で、テーマとしての動きがほとんど見えないものになっていますね~。

というわけで今回は、《星杯剣士アウラム》の効果を見つつ、「星杯」がどんな動きをするのか、ちっと予想をしてみたいと思いまする。いわゆる雑談です。

まぁたまにはこういう記事も・・・(´ω`)


【スポンサーリンク】

《星杯剣士アウラム》から見る「星杯」テーマ予想

《星杯剣士アウラム》

リンク・効果モンスター炎属性/サイバース族/攻2000

【LINK-2:左下/右下】「星杯」モンスター×2

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードの攻撃力は、自分の墓地の「星遺物」モンスターの種類×300アップする。

(2):このカードのリンク先の自分の「星杯」モンスター1体をリリースし、そのモンスター以外の自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

《星杯剣士アウラム》素材:星杯モンスター×2

《星杯剣士アウラム》の素材は星杯モンスター×2。

《デコード・トーカー》《電影の騎士ガイアセイバー》等、汎用リンクモンスターと異なり、どうも属性や種族、カテゴリー指定のリンクモンスターは素材の個数がちょっと限定されているみたいですネ。


今のところ素材になる星杯モンスターは3体判明していて、そのどれもが通常モンスターである為、通常モンスターにおなじみなサポートカード以外での、テーマの動きがどうなるのかがちょっと分からないものになっています。


《レスキューラビット》や《予想GUY》、それから《苦渋の決断》、《おもちゃ箱》等、様々なサポートカードはあるものの、展開力が汎用サポートカード依存だとテーマの特色が出にくくなるので、今後の公表に期待したいところ。

これまでは【イグナイト】や【メタルフォーゼ】などの通常テーマはあったものの、あの2種はペンデュラムという側面も持つからこそ差別化に成功したところもあり、どういう形でリンクの通常テーマを成立させるのかは他のテーマカードに依存してきそうです。

小予想1:リンクで通常モンスターを差別化するのはP以上に難しいが、必ずリンク独特の強みを提供してくるハズ。

《星杯剣士アウラム》①の効果:パンプ

《星杯剣士アウラム》の①の効果は墓地の「星遺物」モンスターの数×300アップ。

とはいえ現在判明している「星杯」モンスターは《星杯に誘われし者》、《星杯に選ばれし者》、《星杯を戴く巫女》と「星遺物」がついていないモンスターになっています。

墓地の種類が増えれば増えるほどパンプできる効果から、結構墓地肥しが得意なテーマになるのかも・・・?


しかし《星杯剣士アウラム》自体のSSは「星杯」モンスター指定で「星遺物」を素材にできない可能性があったりで、この穴を埋めるには何かしらSS効果が必要な予感。

もしかしたら「星遺物」は効果モンスターで、《ドラコネット》のように「星杯」モンスターをSSする効果を持っているのかもしれませんね~。あるいは手札誘発のモンスターSS効果とか・・・?

小予想2:星遺物は墓地に送りやすい可能性が高い

《星杯剣士アウラム》②の効果:墓地SS

《星杯剣士アウラム》②の効果はリンク先の自分の「星杯」モンスター1体をリリースし、墓地のモンスターをリンク先にSS。

リリースには「星杯」モンスターが必要なものの、蘇生側には指定が無いため、なかなか強力な蘇生効果になっています。残念ながらターン1ですが、これまでに用いたリンクモンスターをSSしたり、強力なモンスターのタッチをしたりすればいい感じに動けそうです。


なんとな~く「星杯」はこの汎用性のある蘇生効果を用いて、展開するテーマな予感がしています。つまりメイン効果的な・・・。

今回のリンクはLINKの数値がそのまま素材の数にできるので、1枚を蘇生することで疑似的に1アド以上をとることが可能。これをテーマの強味として使ってきそうな予感も。

小予想3:星杯をコストにしてSSするモンスターに制約がないのはリンクモンスター(もしくは星杯ではないモンスター)をSSする目的があるから?

《星杯剣士アウラム》③の効果:「星杯」モンスターSS

《星杯剣士アウラム》③の効果はこのカードがフィールドから離れた場合に手札から「星杯」モンスターSS。現時点ではSSできるモンスターがバニラのみなので、《リンク・スパイダー》みたいな効果になってますね~。

ただ、《ファイアウォール・ドラゴン》でも同じような効果でリンクもサポートできる所があるため、このテーマはLINK3以上の、より大きいモンスターがいるのだと思います。連続リンクの為の素材確保、あるいは更なる展開目的、どちらにせよやはり今回は大型をSSする為のコスト面でのサポート効果かな~と予想。

小予想4:《星杯剣士アウラム》が墓地に送られた後の動きが想定されている。

どうなる「星杯」?

リンク召喚体験会 「星杯」デッキ編が4月6日から実施されるのに中々情報が公開されない現状なので、ちょっとテーマの動きを予想してみます。

今までに見たそれっぽい事柄をまとめるとこんな感じに。

小予想1:リンクで通常モンスターを差別化するのはP以上に難しいが、必ずリンク独特の強みを提供してくるハズ。


小予想2:星遺物は墓地に送りやすい可能性が高い


小予想3:星杯をコストにしてSSするモンスターに制約がないのはリンクモンスター(もしくは星杯ではないモンスター)をSSする目的があるから?


小予想4:《星杯剣士アウラム》が墓地に送られた後の動きが想定されている。


それらを総合したテーマ全体の予想はこんな感じです。

1.「星遺物」モンスターは手札誘発、或いは墓地に送りやすい効果を持っており、その効果は「星杯」モンスターのSSに使われそう


2.リンクモンスターが2~3体いて、LINK2から始まってLINK3,LINK4と、連続でリンク召喚が可能? 墓地にリンクがたまるとより強力に。


3.「星杯」モンスターが墓地に送られた場合に墓地にいる「星杯」通常モンスターを手札に戻すフィールド魔法の存在があるのかも


もう片方は

1.「星遺物」は大型モンスターであり、自身を手札から捨てることでデッキから「星杯」モンスターをSSできる


2.《星杯剣士アウラム》のSS効果で墓地に送った「星遺物」を展開する


ex1.「星杯」と「星遺物」を素材指定とする大型リンクモンスターも存在するかも

とこんな感じの予想に。


なんとな~くですが・・・!

・・・といえども、「星杯」の他の大型は絵にかいてあるモフモフしたドラゴンがそれっぽく、コストの側面的に通常モンスター補充も可能性は高いかな・・・?と思ってたり。

《リンク・スパイダー》等も活用できるテーマにもなるかもしれませんネ。


各星杯通常モンスターに対応したリンクモンスターがいるのは告知画像から確定的なので、この他にも色々な対応ができそうです。


というわけで、これまで色々な予想をしてきましたが、つまるところ星杯は

リンク経由のSSをメインとしたテーマで、何か軽い条件のバニラSS効果を持った「星遺物」から「星杯」を展開しつつ《星杯剣士アウラム》etcを使い・・・


1.リンクモンスターを階段状にSSして展開するテーマ


2.星杯リンクモンスター効果で「星遺物」を展開したり、「星遺物」+「星杯」リンクで攻めたりするテーマ

3.「星遺物」は武神的なアタックサポートカードで、バニラSS可能なテーマ内魔法サポートを用いながら、「星杯」がリンクを通して変身し戦うテーマ

の3つの内どれかになるかな~と予想しています。

「星遺物」モンスターが公表されれば、テーマの動きもある程度絞れて来そうですね・・・!

(ストーリー的には「聖遺物」を7つ集めたら勝ちな《大革命》的なカードが登場する可能性もありますががが(- -;))


まぁ、なんというか、今回の記事に関してはどうなるか分かりませんが・・・!

できれば、けものフレンズのキリンさん状態にならないことを願いたいです( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

毎度のことながら体験会を開くテーマは強いものが多いので、今から色んなサポートカードを念頭に置いておくのもよさそうですネ。

それにしてももうちょっと早く情報を公表してくれてもいい気も!

コナミ先生、もうそろそろ予習の時間をよろしくお願いします!

(注:最近Amazonで詐欺業者が横行しているようです。遊戯王においても非常に安価で商品を出しているところがあるようですが、あまりに安い場合詐欺の可能性がある為お気を付けください。)
【スポンサーリンク】

シェアする

フォローする

コメント

  1. Chester より:

    リンク素材の指定が「モンスター2体以上」や「通常モンスター1体」など、シンクロ・エクシーズに比べてかなり緩い条件になっていることから察するに、もしかしたらリンク召喚は日の目を浴びにくかった通常モンスターを活躍させるような方向性になるのかなーと思ったりしてます。
    今後【イグナイト】のような通常モンスターをメインに据えたリンク召喚を行うテーマなどが出そうな気がします。ドラコネットのようにデッキから通常モンスター引っ張ったり、簡単な条件で通常モンスターを大量展開できるようなカードが登場したりで、通常モンスターはリンク素材になり、リンクモンスターは通常モンスターをサポートし、持ちつ持たれつのような関係性が確立したりだとか・・・。
    色々と妄想ばっかりですけど、やっぱり1発目からリンクスパイダーを登場させた理由はこれまでの召喚方法では目立たなかった「通常モンスターで戦える環境を築こう」という思惑があるのかも、と勘繰ってしまいますね。

    • きょいち(管理人) より:

      なるほど~、確かに今まで以上に通常モンスターは素材に使いやすくなっていますね・・・!
      リンクスパイダーの変換機能は今後も出てくるとかなり通常デッキの戦術が増えそうですね~。
      そういえばバージェストマもリンクスパイダーで変換できるんでしたっけ。あのデッキも色々強くなりそう・・・!

  2. カトブレパスと運命のななしさん より:

    体験会はまだ先ですが動画は明日公開なのでモンスターは判明すると思います
    サポートが少し壊れ気味じゃないと現状のカードをサポートして強くするのは難しいかもしれませんね

    • きょいち(管理人) より:

      おうふ!明日でしたか!
      バニラ故にサポートカードがいかに事故らない効果を持っているかに掛かってそうですね~。
      強力な効果になったとしても、他のテーマに影響がない程度にしてもらいたいところです(T-T)

  3. カトブレパスと運命のななしさん より:

    31日にyoutubeのVジャンプチャンネルで星杯の新カードの告知があるそうです。

    • きょいち(管理人) より:

      教えていただきありがとうございます~m(_ _)m
      10期最初の体験会実施デッキですね!どうなることか・・・!

  4. 名無し野郎 より:

    今までの情報から恐らく風星1通常が残ってるのではないか…と予想してます
    そうしたらダークドリアードからの試着部屋で展開だとかおもちゃ箱と絡めてドラゴニックDや、それにさらに絡めてカードアドバンスとバオバブとかでデッキトップ操作するとシナジーがあるんじゃないかなあと考えています
    …星遺物次第では枠が足りないですけどね

    • きょいち(管理人) より:

      なるほど~。そういえば現在あるのはレベル2・3・4ですね~。
      なんかものすごく超量と似たような雰囲気があるのですが、今回はどうなることか・・・!

      星遺物は7つあるそうですが、1弾で一気に入れるのは厳しそうですね。
      もしかしたら結構な長旅になるのかも・・・?

  5. 通りすがりの より:

    素材指定が2体となっているのはそのモンスターがリンク2だからじゃないですか?たぶん。

    リンクは展開力が大事とはいえ、えらくソリティアの方向に突っ走ってますね・・・ ゆくゆくは一ターンが長いデッキになりそうです。
    おそらく星杯はDTの続きでしょうし、星遺物がネクロスみたく過去のモンスターの効果を引っさげてきてもおかしくないですよね!名前が遺物ですし。
    そういえば、星杯デッキが流行ればメタとして《生存境界》がワンチャン・・・?

    • きょいち(管理人) より:

      あ” 多分そうですねorz2体ならどんな素材使ってもブレない・・・。

      確かにネクロスとは結構趣向がかぶっていますね~。
      明日情報が公開されるそうですが、DTの延長で9期テーマの武装とか行ったら胸アツですな!

      《生存境界》確かに・・・!今は使うのが難しいカードなので、使い道が出来れば恐竜デッキの幅も広がりそうです!
      ハマったら壊滅的なカードになるかもですねw

  6. カトブレパスと運命のななしさん より:

    星杯リンクを並べまくるソリティアテーマ臭いな。星杯や星遺物の魔法罠次第だけど、既存の各種サポート、発売後は三枚ずつ確保しとこう。

    7月のパックで壊れが来ないとも限らん。

    • きょいち(管理人) より:

      な~んかそれっぽい感じしますね~。
      後あと公表されるカード一枚でデッキの動きが一変することもあるので、作成する予定があれば確保安定で・・・!
      前々まで高かった予想GUYが既に再録されてるのはおいしい流れになりそうです。

  7. きょいちさんのファン より:

    今のところ組む予定のテーマなので期待度高めです
    イラストもわりと好みな感じなのも気に入っています
    聖遺物と名の付くカードが明らかになっていないのがとても気になります
    現状の通常モンスターだけでは動きが把握しにくいので、はやく聖遺物やサポートカードを公開してほしいです
    個人的にはガン回しではなく堅実にエースで闘っていくテーマになるんじゃないかという予想をしています

    • きょいち(管理人) より:

      今のところ完全に「専用リンクモンスターがある」だけの通常モンスターの集まりになっていますもんね(T-T)
      現情報だと予想GUYとかラビットとか積んだ適当なバニラデッキとほぼ変わらないという・・・。

      逆に言えば他のサポート側で差異を出し切れる計画があるのは間違いないので、明日(今日)の公表を楽しみにしたいと思います!
      エース側だったらマスPとの熱い戦いがみれそうです!

  8. AYBな鮫使い より:

    巫女ちゃんのイラストを見た瞬間から組むことを決めた私。アウラムの持ってる盾がネクロスの降魔鏡(?)に何処か似てるので星遺物とは意思をもったDT世界の過去のアイテム的なものと予想(多分外れますが)。そして(おそらく)リンクモンスターの巫女ちゃんを見て確信、やはり幼女は素晴らしいな!

    • きょいち(管理人) より:

      星遺物っていう名前的に無機物っぽいのにモンスターというのが気になりますね~。
      DT世界つながりだと胸熱な展開になりそうです!

      巫女ちゃんツイッター上とかでもかなり人気ですね~!
      これからどんなカードが出ても巫女ちゃんを採用する型も考案されてきそうw

  9. ラララ より:

    まだ通常モンスターとそのリンクモンスター以外の効果は不明なのでなんともいえないです。
    ただトワイライトが24で21~23が開いているのでそこに星遺物が入ると思われます。
    ただそれだと次パックのことも考えても7つも登場するか怪しい所
    少なくてもアウラムがリンク2とするとリンク1やリンク3がありリンクモンスターを使って高いリンクモンスターを出すようなことをすると自分は予想します

    最低でも今回は星杯が3種のリンクモンスターを出してくれるようなので今回で戦えそうで少し安心。最初のカードであまり戦えないテーマもまれにありますし

    • きょいち(管理人) より:

      おぉ、なるほど。ということは今のところ可能性としては3枚ですか。
      これはもしかして結構長丁場な旅になる・・・?今回のラスP的な位置なのでしょうか。

      体験会もリンクを銘打っているので、多種のリンクが登場する可能性は高そうですね~。
      明日の発表を楽しみに待っておきましょー!

  10. ラララ より:

    ・結果
    >「星遺物」は大型モンスター

    当たっていたのはこれくらいかな?
    どれも外れというかモンスターの星遺物がまさかの一種類という結果。
    星杯のリンクモンスターはリンク状態であれば強くなったりリンク先に効果があったりすると効果が発動するタイプみたいです……思ったよりも結果がしょぼい
    そもそも大型だと思った「星杯竜イムドゥーク」はリンク1……ことごとく外れている
    結局、通常モンスターは通常サポートを使えということとデッキの強さのための調整かもしれません(通常モンスターを混ぜるというリスク)

    ただし、アウラムの効果で蘇生させる意味があるモンスターが2種類いるから星杯モンスターを蘇生するのも意味がある。
    とりあえず、おもちゃ箱のために真竜と混ぜることになりそう……

    • きょいち(管理人) より:

      まさかアドバンス召喚まで活用するテーマだとは思ってませんでした( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
      階段リンクは多分起こるだろうな~と思ってたのですけど、なかなかややこしそうですw

      どうやら星遺物というカテゴリーの元に星杯テーマがあるようですね~。
      次の弾では機怪が星遺物テーマででるんでしょうか・・・?