【遊戯王】 「星杯」 テーマ紹介 通常モンスターからのリンクソリティア!その強さや如何に・・・!

シェアする

「星杯」の強みは?

通常モンスターが起動条件になっていて、かつサーチ・サルベしやすいことから来る安定力の高さ・・・というより事故率の低さと言ったほうがいいでしょうか。デッキ構築にもよりますが、デッキ内容が通常モンスター+それをサポートするカードで集められているなら初手で全く動けないという状況が生まれることもあまりなさそうです。

手札の数次第では延々とリンク召喚を繰り返せるソリティアもできそうです。これ故に安定性が高く致死確率の高い爆発力も持っていると思います。


これに加えて汎用まで含めたリンクモンスターのSSのしやすさもありそう。

現在だとリンクのシステムモンスター候補はLINK4の《ファイアウォール・ドラゴン》で、これ以外となると耐性付与+打点3300ぐらいにはなるデコードを立てることになるかと思いますが、このテーマだとこれもやりやすく。

あと何かこのテーマ、エクストラリンクができるらしいですね~。フィールドのEXゾーンをすべて埋めることで制圧とかももしかしたら・・・?(- -;)


後はニルンギルスでのドローもありますが、これはあくまでリンク召喚の素材の再確保として考えたほうがいいかもしれません。十二獣のように手札誘発を引き込む意図で狙うとバニラ引いてあちゃーみたいなこともままあると思うので・・・。

しかしなににしろ2・3ドローは大きいですね。ニンギルスでドローした後はファイアウォールを並べて置くのがよさそうです。


勿論星遺物-「星杯」を置くのも一定の強みにはなれるかも。置く場合はアウラムの蘇生からになりそうです。ただ今だとエクストラの重要性がまま下がっているので、この効果が評価されるとしてももう少し後になるかもしれません。


まだ発売されておらず、体験会も参加できていないので想像にはなってしまいますが、現状思っている「星杯」の強みはこんな感じになるかな~と思っています。

・通常モンスターメインなので「役割1つにつき1カード、3枚まで」という縛りに影響されず、他のデッキと比較してより安定した動き・構築が取りやすい(メタルフォーゼと同じ傾向)


・既にあるコンボだけでも手札のアドを失わずに展開ができ、ドローによる加速も期待できる


・強く展開したい場合に様々な応用が利く


・爆発的な展開によりOTKが可能


・なんだかんだシステム系のリンクモンスターとイヴ・守護竜の兼ね合いが強い気がする

「星杯」の弱点(メタ)は?

大正義だぜぇ!HAHAHA!

・・・「星杯」は動き上滅茶苦茶な回数のSSを必要とし、しかも動きの途中で止めたとしても強い線がないので増G当てられると大変です。

十二獣はどこで止まっても《十二獣ドランシア》を立ててターンを返せましたが、このテーマでは動きを途切れさせられてしまうとホントに弱い盤上であきらめなければいけません。相手からすると増殖するGを打つ場面も楽で、イムドゥーク等の③のSS効果に迷いなく打てるのも厳しいところですね~。


いつでも活躍できるわけではない

あとは勿論手札の消費が激しいのも・・・。通常モンスターの回収はテーマカードの《星遺物の加護》や《闇の量産工場》等、サルベ手段はあるものの、何かを止められるとそのまま物量差で負けてしまいそうな雰囲気。

基本的にこのテーマはテーマ内で1枚起動できるカードがなく(イムドゥークが通常モンスターを要する為)、リンクモンスターを召喚しない限り返す手段がない為、コンボ性は高めです。


G打たれたらうららで返すかどこかで止めるか(あるいはOTK決めるか)なのですが、前者だとそれなりの盤面を築く必要がありそう。

《星杯戦士ニンギルス》のドローは相応にまぁ良しとしても、最近の遊戯王にほぼ必須になっているシステムモンスターの設置、つまり現在だと《ファイアウォール・ドラゴン》の設置がどこまで強い盤面なのかがデッキパワーの評価に大きな影響を与えそうです。後者の止める場合は《星遺物-『星杯』》をアドバンスした段階で止めたほうがよさそうですネ。


加えてこのテーマの動きは現状を見るに《星遺物-『星杯』》を引くか引かないかで大きく強さが変わる印象があります。

一度《星遺物-『星杯』》を引けば墓地サーチで次のターンも同じ動きをできる可能性はありますが、《星遺物-『星杯』》を引けなかった場合、先のLINKコンボへの必要カード枚数にかなりの問題が生じてしまいそうです。このあたり、NS権を《星杯の妖精リース》に使い、そのサーチ効果を《星遺物-『星杯』》に充てても動けるように考慮しておきたいかもかも。(つまり《予想GUY》のことですががが)


順々に重ねていくリンクをどこかで止められてもそれ相応に痛い目を見そうです。


まとめると不安な点はこんな感じです。

・増Gにかなり弱い。しかも止まるべき盤上には現状影響力がない。


・うまく回らない(どこかで止められてしまうと)と息切れする。手札1枚からの巻き返しがほぼできない。


・ドローで引き込むカードに通常が入る可能性がある故に、追加ドローが相手のターンに活躍できるかはいつもより不確実。


・動きに《星遺物-『星杯』》が必須。これを止められるだけでも不利になる可能性大。(《生贄封じの仮面》がついでに刺さる。)


おまけ:恐竜のカードプールに大変なメタカードがある

真竜の時は割と予想がうまくいったものの、今回はリンクモンスターを扱う初のテーマということもあってちょっと予想が難しいですね~(T-T) 結構後攻を取りたいテーマかな・・?とも思ったり。

まぁともかく、これで書きたいことは書けたので、後は相性の良いカードをご紹介しまっす!

コメント

  1. Chester より:

    デッキからのサーチ・特殊召喚、墓地のサルベージ・蘇生、星杯が墓地に行くと手札から星杯が登場するシステム、極め付けにニンギルスのドロー効果。
    かなーり高いポテンシャルを持ったテーマだと思います。バニラの酷使っぷりは【青眼】をも上回る勢いでしょうか。バニラサポートをどれだけ詰め込むかも難しいところかもしれません。
    しかしながら星杯モンスターはどれもレベルも種族もバラバラになっているのは、何かに特化させることを抑止する為でしょうか?種族サポートを受けにくくし、安直なエクシーズ召喚も困難となりそうですね。

    デッキの動かし方は難しそうですが、展開力は間違いなく高いテーマだと思うので、今後の活躍に期待ですね!

    • きょいち(管理人) より:

      全体的にかなりソリティア向けのテーマになっていますね~。
      今回登場したリンクテーマは軒並みレベルがばらばらになってますね。もしかしたらEMEmの時にエクシーズまで届いて、それが爆発力になってしまったことからの反省?なのかも・・・?
      リンクという新しいシステムに加えて、今回はいつもよりテーマのシステムに気が配られている印象です(>_<) 途中で止められなければワンショットまでいけるテーマなので強力なものになりそうです!

  2. ラララ より:

    やりたいことはうまく表現できないんですが「リンクモンスターを複数並べて一気に攻める展開デッキ」でいいんですかね?
    サーチ、サルベージ、デッキからss、蘇生など欲しいのは一通りそろっていますし、通常モンスターをメインに入れて事故ることと星遺物がないと一気に展開できないことですかね?
    モンスターのレベルと種族が違うのはイヴの素材とエクシーズができなくするためですかね?リンクモンスターは素材が基本的にゆるゆるなので
    レベルが違うので《未来への思い》が使えますがX召喚しないので4000ポイント失うのがネック
    今後も星遺物は増えるのでしょうか?『星杯』と違って名前に「星杯」とつかないので星杯サポートが受けられないので心配です

    最初のOCGリンクテーマがこれだと7月や10月はどうなってしまうのでしょうか……?
    個人的にはもっと汎用のリンクモンスターを出してほしい。通常パックに属性リンク1種類ずつだと全属性がそろうまでに来年までまたなくいけなくなる……(どうせなら途中でブンボーグみたいに2種類ずつと増やしてほしい)

    • きょいち(管理人) より:

      だと思います~。
      バニラから出発して大量のリソースを使いながら一気に展開しているタイプで、若干ファーニマルに似てるところがあるかな、という印象です。
      レベルが異なるのは恐らく仰る通りエクシーズへの対策かと思います。リンクテーマでエクシーズできるとリンクマーカーが作りやすい分だけ有利なので、その点を回避したのかもしれません。

      星遺物は恐らく7種類あって、各テーマごとに1つずつ当てられる感じになるんじゃないかな~と予想しています。
      星遺物が上位カテゴリーで、星杯はその中の一つって感じで、次の弾は機怪が来るかもとか(>_<) 抑えている部分はあるものの、これまでの流れ的に不安なところはありますね~・・・。 あんまり最初にリンクをしやすいテーマを出すと、後々の汎用リンクもリリースしづらくなりそうです(- -;)

  3. きょいちさんのファン より:

    聖杯は本当に背景など込みの全体的なイラストが好みな部類ですし、ソリティアできるとあってとても楽しみなテーマです
    今回の箱買いは星杯が無ければありえなかったと言えるほどです
    リース等込みで回している動画ではかなりの展開力を披露していました
    ただその中でもやばいと思ったのはGを打たれた時の動きでしたね…
    ファイアウォール込みとはいえ相手をデッキデスさせるほどの展開っぷりってやばくないですか…?(ならスティーラー返して!)
    妨害札も1枚や2枚では無理矢理踏み越えられるうえ、大量展開のメタでもあるGを逆利用されるかもしれない可能性があるというのも恐ろしいことですね…
    初動が作りやすいのも安定性の向上に大きな貢献をしていますね
    初めてのリンクテーマなので動かしやすいテーマが来るのでは?と思っていましたが、かなりややこしめのテーマに仕上がりましたね
    ソリティア大好きなのでうれしいと言えばうれしいですが
    イムドゥークあたりが追加でスーパーレアあたりになりそうなのが怖いですがなんにせよ発売が待ち遠しいです!

    • きょいちさんのファン より:

      いつも詳しく膨大な量でまとめていただいていますが、今回はそれすら上回るまとめありがとうございますとお疲れ様です
      きょいちさんの期待度の高さがひしひしと感じ取れますね笑

      • きょいち(管理人) より:

        労いのお言葉ありがとうございます(T-T)
        「星杯」はソリティアの面があるので、そのあたりも含め楽しみですw
        なんだかんだやっぱりブン回すのは楽しく、最近そういう動きがリンクでなかなかとれなかった反動もあるかもしれませんw

    • きょいち(管理人) より:

      何か「もうそろそろちゃんとリンクしたい!」とか「遊戯王といえばソリティア!」等の方面もカバーしつつ、面白いテーマになってますね!
      私も動画見てみたんですけどGの対応びっくりしましたw
      流石に毎回ああいう感じで回すまではいかなさそうですが、ゴードン1枚でも打っちゃうと星杯にG打つのちょっと怖いですね・・・(- -;)
      ソリティアする故にやっぱり慣れる必要があったりで、大会だと使うのがかな~り難しいテーマになりそうですw

  4. 名無し より:

    増Gに弱いどころか、打たれたら逆にデッキ切れ狙えますよ。

    • きょいち(管理人) より:

      みたいですね~。
      流石に初手から最低35枚のデッキをすっ飛ばすことは難しそう・・・?な気はしますが、テーマ内だけでGもワンチャン刺せるというのは面白いところだと思います!
      大会だとお互いに悩みそうですね、回すほうは「うまく回せるか」G打つ方は「やられるんじゃないか」みたいな。
      そういうのも含めて駆け引きもあるかもですね(.-_-.)

  5. AYBな鮫使い より:

    動画とか見てるとめちゃくちゃSSしてますよねこのテーマ。星遺物星杯抜きでも10回以上SSしてるんですがそれは…(増G打った相手にめちゃくちゃリンカーネーション打ってあげたい)。体験会行った友人が高確率でニンギルス2ドローから相互リンク1~2のファイヤーウォールが出せそうって言ってました(羨ましい)。そしてトワイライロライラ、星杯の巫女ちゃんetc…今回のパックはイラストアドの高いカードが多グェ…し、絞まってる!絞まってるって!

    • きょいち(管理人) より:

      めちゃSSしてますね~。
      なんだかんだ手札からモンスターを補充したりするたびにSSでき、しかもリンクモンスターの特性上盤上では無意味な動きでも動き続けられるので、色々恐ろしいです(- -;)
      G打ってデッキすっ飛んだ時はびっくりしましたw
      最終盤上は現状ファイアウォールとイヴとかになりそうですね。巫女ちゃんもイヴも問題なく活用できそうなので鮫さんのアドがすさまじいことに!w

  6. アクセルシンクロオオオオオ! より:

    現状星遺物が星杯一つな辺り恐らく追加の星遺物も来るんじゃないかと睨んでいますが今後のリンクモンスターの追加しだいでは第2の十二獣にもなり得るポテンシャルを秘めていると個人的に思っているテーマです。イラストが好みなのでぜひ追加来て欲しい(´-ι_-`)

    • きょいち(管理人) より:

      星遺物-星杯を見ていると、どうも「星遺物」という大きなカテゴリーの中の一つが「星杯」になっているのかな?と思ったり。
      次の弾で登場する星遺物はテキスト欄に登場していた機怪のモンスターかも・・・!
      とにもかくにも星杯はかなりソリティア力を持っているので、今後の新規にも期待ですね!出来ればLINK4が来てほしいです・・・!