【遊戯王 デッキ構築】『星杯』を構築してみる。

シェアする

「星の騎士団」の意志が受け継がれました…。

「星杯」を構築してみる

長らくセイクリッドを使っていましたが、少し他のデッキも使ってみることにしました。

せっかくなので新しいテーマ使ってみようということで、新弾で出た「星杯」を選択。

(増殖するGを投げる側から投げられる側になりました。)

「星杯」について効果も全然分からない状態だったので、他のブログ様の記事を見て勉強するところからスタート。

きょいち(@yugioh_todays)さんの「遊戯王 今日の1枚」と、しらこ(@peroshirako)さんの「やさしくころして」の記事が効果や回し方が分かりやすかったので、どちらもオススメです♪

参考記事

【遊戯王】 「星杯」 テーマ紹介 通常モンスターからのリンクソリティア!その強さや如何に・・・!
コード・オブ・ザ・デュエリスト (COTD)にて登場する注目テーマ「星杯」!ついにリンクはソリティアの次元へ!(早い...

「星杯代行」デッキレシピ

いろいろな型を検討したところ、今回は代行天使を入れたタイプに決定。

(最近は無限ドローやループコンボなども発見されているようですね。)

シングル買いなどで手元にあるカードで作るとこうなりました。

とりあえず現在37枚まで仮組みしたので、残りの枠に幽鬼うさぎや灰流うららを入れて回して様子を見たいと思います。

次回は、星杯の展開などについて考えていく予定です。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございましたφ(^ー^)ノ

関連記事

無限ドローやループコンボなど研究が進んでいる星杯が話題ですね。それとは変わって、今回はニンギルスの3枚ドロー効果を使える展開について考えてみました。星杯戦士ニンギルスの3枚ドロー考察リンクモンスター2体以上 リンク←↑→このカード名の(1)
星杯戦士ニンギルスの3枚ドローについて考えていると、さらにその先がありました。今回は、前回のように星杯戦士ニンギルスでドローしつつ展開する方法についてです。「代行星杯」手札2枚で5枚ドロー考察前回と同じく、必要なカードは《星杯の妖精リース》