【遊戯王】 《雷仙神》 ランク7への特急券かつ優秀なダメージソース!

シェアする

先日コレクターズパック2017が発売され、お次のパックはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-・・なのですが、実は色々とCOTDでご紹介しきれていないカードがありまして。ちょびちょびとCOTDのカードも更新していきたいなと思います。

というわけで今回は《雷仙神》をご紹介致します~m(_ _)m


【スポンサーリンク】

雷仙神 考察・評価

《雷仙神》

星7/光属性/雷族/攻2700/守2400

(1):このカードは3000LPを払って手札から特殊召喚できる。

(2):このカードの(1)の方法で特殊召喚したこのカードが相手によって破壊された場合に発動する。自分は5000LP回復する。


このカードは《ミセス・レディエント》と同じく遊戯王の1期に登場したモンスターのリメイク。登場はVol.7で、《雷仙人》という名前でした。効果もそこから引っ張ってきた感じになってますネ。

星4/光属性/雷族/攻1500/守1300

リバース:3000ライフポイント回復する。このカードがフィールド上から墓地に送られた時、5000ライフポイントを失う。

《雷仙人》は当時からネタカード的な位置にあったものの、色々ある中でも妙にインパクトが強く、記憶に残りやすいカードでした。やはりリメイクともなるとかな~りなつかしさを感じます。

《雷仙神》 効果:SS時ダメージ、被破壊時ライフゲイン

さてさて、そんな《雷仙神》の効果はリメイク前の効果と同じく3000ライフと5000ライフに関係するもの。今回はそれぞれの数値が逆になっていて、結果的には得を出来る可能性のある効果になっていますね~。


このカードの面白いところはライフさえあれば手札からいつでもSSできるレベル7モンスターという点。テーマ制約や行動制約等がなく、ライフ以外の動き上になんら悪影響を及ぼすことなくSSでき、エクシーズやシンクロに使えるかなり便利な1枚になっています。


ランク7を主に用いるデッキといえば「レッドアイズ」や「ブラックマジシャン」が有名ですが、そのどちらもが素材をそろえるのが中々に難しかったり。この点《雷仙神》は素引きでそのまま素材として用いることができる為、かな~り便利な1枚になりそうです。

ただしエクシーズ・シンクロに用いた場合、②のライフゲインは期待できなくなるので、注意したいところ。

ダイレクト可能時の追撃としてはかなり強烈

加えて《雷仙神》は特にエクシーズやシンクロに用いることがなくとも手札からSSできるアタッカーとしては十分な打点を持っています。ライフゲインも含め、2700打点がポーンと出るのは今までのカードからしても結構破格であり、実際私がこのカードに注目しているのはむしろこっちの側面が強かったり。特殊召喚後でも破壊効果でやられるのであればおいしい1枚に。

流石にランク7を扱わないデッキにこのカードを採用するまでは難しいものの、ランク7への簡易アクセスを兼ねつつも、大型アタッカーとしての活用もできるこのカードは、デッキによってはかなり強いモンスターになりそうですね~。

このカードを活かすには瞬発力が大切

このランク7(レベル8シンクロ)へのアクセスの簡易性と1枚での大幅なライフ削り能力はどちらかと言えば1ターンの間に火力を出せ、かつ持久力がそこまでないデッキに向いていそう。

というのも、《雷仙神》の速効性は他のカードと比べてもかなり優れてはいるものの、カードアドバンテージ的には戦闘を介さない限り絶対にカード1枚分の範囲での運用しかできないのです。最近のカードといえば1枚が2枚に化けるカードが多めですが、その逆を行ってる感じですネ。

もちろんエクシーズにつないだ後の《ビッグアイ》や「レッドアイズ」での《フレアメタル》の蘇生効果等、エクストラモンスターのSSまで繋げることができればアドバンテージに貢献しますが、基本的にはアドを稼げないカードであるということは念頭に置いておきたいところ。


かつ《雷仙人》ゆずりのバーン効果によりLPが下がれば下がるほど有用性が薄れてしまいます。ピンチになった時の素引きでひっくり返せるカードでもなく、LPが3000を下回ってしまうとほとんど腐ってしまうカードなので、効果の使用にはそれなりのプランが必要。早めに狙いを成功させ、相手のライフを速攻で削りきることが必要となりそうです。


現在のところではランク7をメインに使うデッキはあまりありませんが、バーン効果と大型モンスター持った「レッドアイズ」にはいい感じのカードではないかな~と思います。

今までは初ターンに《真紅眼融合》がないと辛いデッキではありましたが、 《疾走の暗黒騎士ガイア》との兼ね合いでランク7もより使いやすくなりそうです・・・!(《真紅眼融合》の制約がつらいところでもありますがorz)

今後の活躍が期待できる注目カードです!

というわけでこの《雷仙神》、リスキーな効果ではあるものの、エクストラモンスターへのアクセスが容易であり、かつ1枚で2700ダメージを与えられる可能性があるモンスターとして、かな~り有望なカードだと思います!リスクは高いもののハマるデッキでは超強力になるだろう、という点では、シラユキに近いものを感じたり。

今は値段も安めですが、今後ランク7が強化された際には注目度も上がるかもしれませんね~。3枚確保しながら様子を見ておきませう・・・!

【遊戯王 新規考察】 妖精伝姫-シラユキ  除外キー+妨害札として注目したい・・・!
TDIL発売に伴って判明した新規は多数! 今回も結構面白いカード&強いカードが発売になって判明しました...

(ちなみにシラユキの第一印象はこんな感じでした)

コメント

  1. ラララ より:

    リクエストを取り上げてもらってありがとうございます……せめて、こいつだけは…と
    効果は3000ライフが必要だとしても簡単に召喚できて、ランク7の素材として優秀
    そうじゃなくても自発的にライフを3000減らせると考えればライフの差に関係しているカードと組み合わせることが可能
    残念ながら②の効果を発動する機会はなさそう。今は本当にバウンスやら除外が増えているので……

    今後のリメイクモンスターは誰になるんでょうね?

    • きょいち(管理人) より:

      いえいえ!私もこのカードには注目していたのですが、中々書く時間がとれてませんでした(T-T)
      バウンスに除外、そしてランク7の用途と回復はおまけ程度に考えたほうがよさそうですね~。
      次のリメイクはマーダーサーカスとか、あとはウェザーコントロールとか面白そうだな~と思ったり。初期の頃のは使わなくても印象に残るカードが多かった気がします・・!

  2. きょいちさんのファン より:

    まさか雷仙人がこんなにも勇ましくなって再登場するとは思っていませんでした
    ライフが減ったり増えたりする効果内蔵のモンスターは記憶に残りやすいですよね
    似たようなものとしてはグラナドラは今でも記憶にくっきり残っています
    ライフコストがでかいとはいえ、高レベルシンクロやエクシーズの補助になるので評価は上がっても下がることは無いので持ってて損はしなさそうです
    シラユキのように超高騰するかは分かりませんが、反省を生かすためにとりあえず確保しておきました

    • きょいち(管理人) より:

      味方にかな~り優しいおじさんになってかえってきましたねw
      グラナドラ懐かしいです~! ・・・そういえば地雷グモもライフポイント関係としてはかなりインパクト強めで、もしかしたらリメイクもあるかもしれませんね~。

      今のところランク7デッキが限られているので用途も少なめですが、今後に期待したいと思います!
      恐らくシラユキ並みの高騰はないかと思いますが、500円ぐらいにはなるかな~と予想してたり(>_<)