【遊戯王 代行星杯 デッキ考察】 代行星杯5枚ドロー Ver.2

シェアする

星杯の5枚ドローする記事を投稿後に、他のルートを親切に教えて下さった方がいらっしゃいましたので星杯5枚ドロールートを分けて投稿していきたいと思います。

教えて下さったのは、5/21の東京遊戯CSで「代行星杯」を使用して決勝トーナメントまで進まれている「玖」さん(@miura_ani)です。

代行星杯5枚ドロー リース+トランスターン+モンスター編

こちらは、手札に《星杯の妖精リース》+《トランスターン》+モンスター(星杯モンスター以外でもOK)がある時に5枚ドローに繋がる展開方法になります。

《星杯の妖精リース》を召喚して《星遺物-『星杯』》をサーチします。

早速《星杯の妖精リース》をコストに《トランスターン》を使用。

デッキから《創造の代行者 ヴィーナス》を特殊召喚します。

一連の動きでライフを500ずつ支払い、《神聖なる球体》を3体デッキ(または手札)から特殊召喚します。

これでリンク召喚のリソースが出来たの動き始めます。

《神聖なる球体》1体コスト→《星杯竜イムドゥーク》をリンク召喚。

これで星杯モンスターの召喚権が1回増えます。

《神聖なる球体》1体コスト→《星遺物-『星杯』》をアドバンス召喚。

《星杯竜イムドゥーク》+《星遺物-『星杯』》→《星杯剣士アウラム》をリンク召喚。

場を離れた《星遺物-『星杯』》の効果→《星杯に誘われし者》×2をデッキから特殊召喚。

《星杯に誘われし者》×2→《ダイガスタ・エメラル》をエクシーズ召喚。

3体目の《神聖なる球体》→《星杯竜イムドゥーク》をリンク召喚。

ここで《ダイガスタ・エメラル》の効果発動。

墓地に溜まった3体の《神聖なる球体》をデッキに戻して1ドロー。

これで《創造の代行者 ヴィーナス》の効果をまた使えるようになります。

《ダイガスタ・エメラル》+《神聖なる球体》→《星杯神楽イヴ》をリンク召喚。

2体目の《神聖なる球体》→《星杯竜イムドゥーク》

場が空いたのでデッキに戻した3体目の《神聖なる球体》を特殊召喚。

《創造の代行者 ヴィーナス》+《神聖なる球体》→《プロキシー・ドラゴン》をリンク召喚。

これで《星杯戦士ニンギルス》をリンク召喚して、なおかつ3枚ドローする夫人が揃いました。

《プロキシー・ドラゴン》+《星杯竜イムドゥーク》→《星杯戦士ニンギルス》

リンク先に星杯モンスターが3体いるので3枚ドロー。

ここまでで4枚ドローしたことになります。

ここで初手にあったモンスター(星杯以外のモンスターでも良い)をコストに、墓地の《星杯の妖精リース》の効果を発動。手札に回収します。

《星杯戦士ニンギルス》+《星杯竜イムドゥーク》→《ファイアウォール・ドラゴン》をリンク召喚。

そして、墓地に行ったか《星杯戦士ニンギルス》もしくは《星杯竜イムドゥーク》の効果を発動。

手札に回収した《星杯の妖精リース》を早速特殊召喚します。

ここで《星杯剣士アウラム》の効果を発動。

墓地の《星杯戦士ニンギルス》を蘇生します。

(ニンギルスの表示形式が違う…。)

《ファイアウォール・ドラゴン》効果発動→《星杯に誘われし者》×2を手札に回収。

《星杯剣士アウラム》+《星杯神楽イヴ》→2体目の《ファイアウォール・ドラゴン》をリンク召喚。

素材に使って墓地に行った《星杯剣士アウラム》+《星杯神楽イヴ》の効果発動。

手札に回収した《星杯に誘われし者》×2を特殊召喚。

2体目の《ダイガスタ・エメラル》を特殊召喚。

効果で1ドローすることで、合計5枚ドローしたことになります。

初手3枚スタートですので、残りの手札2枚と合わせると展開した後には手札枚数は7枚になっていることになります。

例によって無理に5枚ドローを狙わなくても、2体目の《ダイガスタ・エメラル》を他の制圧力のあるモンスターに置き換えても良いと思います。

※情報を下さった「玖」さん(@miura_ani)は、ここで《深淵に潜む者》を構えるようです。

あとがき

以上が代行星杯で5枚ドローする別の展開方法になります。

今回は《ブリリアントフュージョン》を使用しない展開でした。

情報を下さった「玖」さん(@miura_ani)、ありがとうございます♪

まだ他にも展開方法があるので、そちらの方も別記事で紹介していく予定です。

代行星杯を構築する為に他にもシングルカードを注文しているので、届いたらそちらの記事も間に挟んでいきたいと思います。

引き続き構築は継続中。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました♪