【遊戯王】 《ヴァレルロード・ドラゴン》 耐性、チェーン封じ、コントロール奪取!超強力なリンクモンスター!

シェアする

サーキット・ブレイク(CIBR)にてリボルバーの操るエースモンスター《ヴァレルロード・ドラゴン》が登場!

テーマ内モンスターではあるようですが、その効果は汎用としても超強力です・・・!

というわけで今回は《ヴァレルロード・ドラゴン》をご紹介致します~m(_ _)m


【スポンサーリンク】

《ヴァレルロード・ドラゴン》 考察・評価

《ヴァレルロード・ドラゴン》

効果詳細

リンク・効果モンスター

リンク4/闇属性/ドラゴン族/攻3000

【リンクマーカー:左/左下/右下/右】

効果モンスター3体以上

(1):このカードはモンスター効果の対象にならない。

(2):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。この効果は相手ターンでも発動できる。

(3):このカードが相手モンスターに攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。その相手モンスターをこのカードのリンク先に置いてコントロールを得る。そのモンスターは次のターンのエンドフェイズに墓地へ送られる。

《ヴァレルロード・ドラゴン》素材:LINK4 効果モンスター3体以上

《ヴァレルロード・ドラゴン》の素材指定はLINK4の効果モンスター3体以上。

素材に緩さはないものの、後述の効果を考えると妥当なコストであると思います。最近は「星杯」等のリンクテーマも登場しているので、テーマ次第では比較的楽に出せそうです。

しかし指定されている効果モンスターの数は3体以上なので、リンク3以上のモンスターを有効に扱うことはできず。効果モンスター2体以上なら星杯でもニンギルスからの新たな動きに組み込めたかもしれませんが、この辺りで要求の軽い《ファイアウォール・ドラゴン》との差別化を行っているのかもですね。

《ヴァレルロード・ドラゴン》リンクマーカー:←/\→

《ヴァレルロード・ドラゴン》のリンクマーカーは左/左下/右下/右。

自陣に向いている枠はなんと4枠・・・とはいえど、全てを活用できるわけではなく、Exモンスターゾーンにいってもメインゾーンにいっても2枠は使えるよ、という配置に。

LINK4であるとはいえ自陣に有効な枠が4つもあるのは初であり、マーカー周りではかなり優秀。どこでSSしても活躍の場面を逃さないものになってますね~。

《ヴァレルロード・ドラゴン》①の効果:モンスター効果対象指定保護

《ヴァレルロード・ドラゴン》の①の効果はモンスター効果に対する対象指定保護。

最近登場している効果の中ではそこまで強固な耐性とは言えないものの、そう簡単にやられるわけではなくなるので地味に効いてきそう。打点も3000と高めなので、相手のターンを生き残る可能性も結構高そうです。

《ヴァレルロード・ドラゴン》②の効果:デバフ+疑似SPSスペルスピード

《ヴァレルロード・ドラゴン》の②の効果はモンスター1体に対するデバフ。

対象を取る効果な上ステータスの下がり幅もそこまでな効果ですが、注目すべきはこの効果に対して相手がチェーンできなくなるところでしょう。


こういう効果を持つカードといえば超融合や超越融合等、なかなかに起動コストが重かったり、限定的だったりするカードがほとんどでしたが、今回はフィールド上に《ヴァレルロード・ドラゴン》以外のモンスターがいれば発動できます。

効果の発動は対象をとれさえすれば確実に通せるものとなるので、実質打点は3500と考えてもよさそうですネ。


かつこの効果をチェーンに組み込むことも面白そう。もちろんこの効果をチェーン処理のシャットダウンとして使う場合、相手に一度はチェーンを許してしまうこともありますが、使い方次第ではかなり厄介な効果になるでしょう。これで相手のターンにも使えるとなると使い勝手は滅茶苦茶良いですな。強い。

このカードは「ヴァレット」テーマのボスモンスターでもあり、「ヴァレット」モンスターは軒並み対象にされた時に効果処理を行うモンスターなので、本来はテーマモンスター達を対象にとり、下級の効果を発動していくように設計されているようです。

《ヴァレルロード・ドラゴン》③の効果:コントロール奪取

《ヴァレルロード・ドラゴン》の③の効果は攻撃をするダメージステップ時にモンスターのコントロールを奪取。

相手のモンスターフィールドを空けることができる上に、奪取したモンスターに攻撃制限や効果制限がつくわけでもない非常に強力な奪取効果を持っています。


しかもこれまでのリンクモンスターの効果のようにリンク先限定の効果でもなく、リンク先は自陣に4つとかなり広い範囲。場空け、追加ダイレクト、効果の発動、素材の確保等ができるのでかなり優れていますね~。

発動タイミングがダメステ開始時なので、このカードの攻撃は奪取効果が終われば取り合えずは終了、そこから奪取したモンスター等での攻撃となるので、このあたり細かい調整もGoodだと思います。

超強力!間違いなくマストなリンクモンスターです!

というわけでこの《ヴァレルロード・ドラゴン》、耐性やチェーンをシャットダウンする効果、奪取効果を総合すると非常に優秀なリンクモンスターだと言えます。

一部テーマっぽい感じも出ていますが、これは間違いなく汎用リンクでも超強力な部類になるでしょう。若干ですが、規制がかかるレベルの強さも感じたり。10期はアニメテーマが9期にも増して強力ですね~。

次のパックで是非手に入れたい1枚ですな!

コメント

  1. big5 より:

    ヴァレルロード・ドラゴンは、今後厄介になりそうですね。
    切り札感が出ているリンクモンスターです!

    • きょいち(管理人) より:

      big5さんこんにちは!
      ヴァレルロードはLINk4の素材数に相応しい強力さを持ってますね~。
      久しぶりのコントロール奪取系なので期待値かなーり高めです(>_<)

  2. ラララ より:

    トポロジック「こいつがリボルバーのエースだとしたら俺は一体何なんだ……?」

    サイバース族だからトポロジック君はリボルバーのストームアクセスで手に入れそうですが……正直、効果的にFWD君と対照的だったのでトポロ君がエースだったらよかったと思ったリ(FWDのライバルがトポロ君かもしれませんが。こっちはデコードのライバル)
    効果はまさかのチェーン不可にする攻撃力ダウン効果。しかもフリチェ!
    本来の使い方よりは相手のチェーンを遮る方法が良く使われそうです。
    ①の効果はよくある効果の対象にされない効果。地味にFWDをメタってます
    個人的にはトポロ君と合わせるためにも効果破壊耐性がよかったなぁ~……
    そしてメインの効果の③は戦闘が必要だとしても禁止カードの心変わりと変わらない効果を持つ。……正直、次のターンに墓地送りになる以外制限がないのは強すぎます。
    歴代のライバルモンスターは一癖二癖合ったのにこいつは素材が重いといえ、普通に強いという……

    見た目が機械族ぽいのにドラゴン族なのは何か意味があるのか……機械族はおなかいっぱいなのでいいんですけどね
    とりあえずリボルバーさんは数少ない純ドラゴン族使いなので期待

    • きょいち(管理人) より:

      トポロジックの存在がホントに謎になってしまいましたねw
      一応アニメのOPにはいたので今後登場に期待しませう!

      いや~、ほんとこのカードは優秀だと思います。
      剛鬼がそのままの効果で登場したので、このカードもOCG効果のまま登場する可能性がありますな。
      ヴレインズは意外とデュエルがガチになるのかも・・・?

      そういえばこのカードはサイバース族ではないんですね~。
      サイバースを狩っているリボルバーのカードなので納得・・・なものの
      そう考えるとサイバース族のトポロジックが余計に謎になってきますw

  3. Chester より:

    ②と③の効果はとても面白いですし、一見すると完璧に見えてしまうモンスターです。欲を言えば②の攻守ダウン効果は”対象”ではなく”選んで”にすれば尚良かったなぁ、と感じてしまいます。あとは「お前、明らかに機械族だろ」とツッコミたくなるイラストもバッチグー()ですね。

    ステータスも高くて面白い効果を持っていて良いカードだな、と思ったと同時に絶対的に勝ち目が無い天敵を瞬時に思い浮かべました(´・ω・`)
    ②の効果も③の効果も一切影響を受けないホープザライトニングの存在を・・・・・

    • きょいち(管理人) より:

      自分を対象にしてチェーンシャットダウンを自己完結することができなかったり、LINKコスト要求がかなり重かったりと
      見た目ダイナミックで細かいところでギリギリの調整はされてるカードって印象がありますね~(>_<) それでもかなり強いですが・・・! ホープライトニングほんと万能ですよね~・・・。 最近はライトニングですら単体では倒せないモンスター(マスP)がいたりしますが もはやほぼ全てのモンスターメタ兼安定役になってるかもですな。

  4. きょいちさんのファン より:

    とにかく強いの一言ですね
    効果耐性はまあ当たり前として打点下げがチェーン不可って…
    チェーン不可の強さは超融合や最近ではカミオンで痛感していますし、なにより(出しさえすれば)耐性持ちクリスタルを一方的に殴り倒せるのはでかいですね!
    しかも相手側に矢印が無いのでどこにでも出せるし、ファイアウォールと違って単体でも暴れられるのはヤバイですね…
    対象に取れない?じゃあパクればいい!ってのも拍車をかけていますね…
    うーん…やっぱりやりすぎ感が至る所から感じられるのですが、これで大丈夫なのでしょうか…?
    イラストがいいし、デザインも似合うと思うので是非ともシークレットで欲しいです…

    • きょいち(管理人) より:

      おぉ、クリスタルを叩けるのは大きいですね!クリスタルの効果を先に空振りさせておけばパクれるのもありがたいですw
      単体で活躍できるリンクモンスターとしては現状最も強い効果といっても過言ではなさそうですね~。
      テーマ先であるヴァレットもヴァレットで魔法カードが軒並み壊れてますし、どうなることやら・・・!
      シクはやっぱり「切り札!」って感じがしていいですよねー!私もシクで欲しいです!

  5. AYBな鮫使い より:

    トリックスターなら素材の条件を簡単に満たすことができ、なおかつ足りない打点を補うことが出来るので盤面に応じてトポロジックと使い分けたい所。出せるデッキはそれなりにあるので複数欲しいところなのです

    • きょいち(管理人) より:

      一度ホーリーエンジェルを出してリンカーで蘇生したり、サモンチェーンを打ったりしたら一気に揃いますね~。
      モンスター数が4体いれば高打点が出せるのはありがたいですな・・・!
      これまでランク4に偏りがちだった強モンスターもリンクならどのテーマも出せるようになるので
      リンクモンスターはエクシーズより汎用性が高そうです!
      次のパックは面白いカードが多いですねー!