【遊戯王 海外の反応】 「クローラー」 相手に依存する形を解消できたら強いテーマになりそうだ。

シェアする

「クローラー」カード一覧

クローラー・アクソン

リバース・効果モンスター

星2/地属性/昆虫族/攻 500/守1800

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがリバースした場合、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。

(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。 「クローラー・アクソン」以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する (同名カードは1枚まで)。

クローラー・スパイン

リバース・効果モンスター 星2/地属性/昆虫族/攻 300/守2100

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがリバースした場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊する。

(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。 「クローラー・スパイン」以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する (同名カードは1枚まで)。

クローラー・デンドライト

リバース・効果モンスター 星2/地属性/昆虫族/攻1300/守 600

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがリバースした場合に発動できる。 デッキからモンスター1体を墓地へ送る。

(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。 「クローラー・デンドライト」以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する (同名カードは1枚まで)。

星遺物-『星鎧』

効果モンスター星7/闇属性/機械族/攻2500/守2500

このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):モンスターが反転召喚に成功した時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。

(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「星遺物」カード1枚を手札に加える。

(3):通常召喚したこのカードが存在する場合、EXデッキから特殊召喚された相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターとこのカードを持ち主の手札に戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。

エクスクローラー・シナプシス

リンク・効果モンスター

リンク2/地属性/昆虫族/攻1800

【リンクマーカー:左/右】地属性モンスター2体

(1):このカードのリンク先の「クローラー」モンスターは戦闘では破壊されず、攻撃力・守備力が300アップし、1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。

(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、自分の墓地の「クローラー」モンスター2体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。

エクスクローラー・ニューロゴス

リンク・効果モンスター

リンク2/地属性/昆虫族/攻1900

【リンクマーカー:左/右】昆虫族モンスター2体

(1):このカードのリンク先の「クローラー」モンスターは戦闘では破壊されず、攻撃力・守備力が300アップし、相手モンスターと戦闘を行う場合、相手に与える戦闘ダメージは倍になる。

(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、自分の墓地の「クローラー」モンスター2体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。

エクスクローラー・クオリアーク

リンク・効果モンスター

リンク2/地属性/昆虫族/攻2000

【リンクマーカー:左下/右下】「クローラー」モンスター2体

(1):自分フィールドの「クローラー」モンスターの数によって以下を適用する。●2体以上:自分フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は300アップする。●4体以上:相手はバトルフェイズ中に効果を発動できない。●6体以上:自分のモンスターは直接攻撃できる。

(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、自分の墓地の「クローラー」モンスター2体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。

星遺物に差さす影

フィールド魔法

(1):フィールドの「クローラー」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。

(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。手札からレベル2以下の昆虫族モンスター1体を表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。

(3):自分のリバースモンスターが相手モンスターとの戦闘で破壊された時に発動できる。その相手モンスターを墓地へ送る。

星遺物の傀儡

永続罠

このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

(1):自分フィールドの裏側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを表側攻撃表示または表側守備表示にする。

(2):自分の墓地の「クローラー」モンスター1体をデッキに戻し、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを裏側守備表示にする。

遊戯王 「クローラー」 海外の反応

デザインはとてもかっこいいと思う。できたら組みたいデッキだなぁ。


共振虫はいいリンク用のカードになるかもね。


クローラーの罠は「subterror」でも活躍できるね。相手のターンにリバースを発動できる機会が増えるなら悪くない。


うっへー、まさか相手の行動に依存するリバーステーマが2017年に生まれるとは!ちょっと面白いな、hehehehe.

ともかく、まぁまぁ強いんじゃないかな。星鎧はこのテーマを大きくサポートするカードになるだろう。自分をSSしつつ魔法・罠サポートをサーチできるのはデカい。

>「依存」というより、相手の除去を諫めるという感じはするけどね。このクローラーに対峙してリバースモンスターが何か読めないときのことを想像してごらんよ。


>個人的な意見だけど、たとえそうだとしてもこのテーマの動きはとても遅いと思うなぁ。

リバースでのモンスター・魔法・罠の1枚破壊は今や相手をいさめるには不十分だ。その中で相手がクローラーを攻撃もせず効果で破壊しもしないのなら、動きも限られてくるんじゃないかな。


同じリバース持ちであるシャドールは成功したし、リバーステーマが弱くなるとは限らないんじゃないかい?ポテンシャルはあると思うよ。

まぁアグロデッキみたいな高速なテーマと当たった時はお察し・・・だけど。

>シャドールはリバースではなく融合で成功したテーマだけどね。今のところクローラーはシャドール並の強さは手に入れれてないと思う。


>問題はこのデッキにスパム要素(大量展開要素)が欠けていることだ。クローラーは相手の動きにかなり依存するから、それだけ動きも遅くなる傾向がある。もしこの問題を解決できるなら、なかなかの強さになるんじゃないかな。


相手の動きに依存すると見せかけて相手に一定の行動を強要するのは暗黒界で前例があるし、もしかしたら・・・。


リンクモンスターに疑似的に守られて戦闘をよけつつ、カード効果で破壊されると2体を呼んでくる・・・悪くはないと思うけどね。

>その効果が表側の時だけってのがなぁ・・・。あれがなかったらかなり強かったんだろうけど。


シナプシスが地属性指定のリンクモンスターなのは心強いね。スケープゴートから2体のシナプシスを作れるし、これは3積みされると思う。展開の最初にリンクスパイダーをSSして、そこからリンク先にシナプシスをSSしていけばExモンスターゾーンを開けつつ展開することもできる。


テーマの罠がない限り、裏側のまま相手のターンに破壊される可能性があるのがキツイ。


ライトニング

ライトニング出されたら泣きそう。

(参考・意訳:http://www.pojo.biz/board/showthread.php?t=1265879・http://www.pojo.biz/board/showthread.php?t=1266018)

遊戯王 「クローラー」 感想

海外のほうでも結構遅さが問題視されているようです。

どうやらまだクローラー枠でカード枠が3種類残っているようなので、そこでのパワーアップも期待したいところ。アシンメタファイズのようなジャストなサポートお願いします・・・!

先日更新した感想記事も宜しければどうぞ~m(_ _)m

【遊戯王】「クローラー」はどんなデッキに?今のところの動き方と弱みは? (雑記)
サーキット・ブレイク (CIBR)にて新テーマ「クローラー」登場! なかなかカッコいい見た目をしつつ「星遺物」...

コメント

  1. Chester より:

    うーん、現状ではまともに戦うのは難しそうなテーマですね(;一_一)
    リバースメインも微妙ですし、下級の②の効果は何故表側限定なのか・・・
    何かとてもつもなく強いパワーカードが必要そうだと思う反面、そんなゴリ押しなやり方はやって欲しくないと思います。本当に2017年に出たのかと疑いたくなるような微妙さと遅さですね。どこか懐かしくもあります・・・w

    • きょいち(管理人) より:

      罠で表にできるとは言えやっぱりベースとなっているモンスター側の効果が結構単発気味なんですよね~・・・。
      クローラーのフィニッシュは6体を並べてのダイレクトもあるようですが、そこまで並ぶものなのか疑わしいです(- -;)
      今の遊戯王だと数ターンかけている間に相手に展開されて押し切られそう・・・。

      リバースがすごい古典的な効果、かつモンスター側をうまいこと使うには魔法・罠のサポートが必要、というかみ合い具合が昔を思い出させますねw
      そういえば昔は妙に制約や条件が厳しいカードもあったなぁ・・・と。

  2. 幻皇龍のしもべ より:

    除去力に不安があるなら天照を入れればイイじゃない!初動?そんなの知るか!

    少し遊戯王から離れていたので始めて見たのですが、こんなイラストアドのあるテーマが出るんですねぇ。カッコよくてついつい組みたくなっちゃうなぁ…。

    • きょいち(管理人) より:

      天照を置くことができれば罠でリバースして任意のタイミングで除去できるため非常に厄介ですなw
      ワームベイトでのリリース先も確保できていますし、案外マッチするのかも・・・?

      今回イラストは抜群にかっこいいですねぇ。なんというか、こういうダークなロボを見るとマトリックスのセンチネルを思い出します。(もしかしたら元ネタなのかも)
      もしまだ見たことがなかったら、見てみてくださいな!お勧めの映画ですよ!

  3. カトブレパスと運命のななしさん より:

    無効にして破壊(除外)に強いリバーステーマ、リンクモンスターも軽く有用というのが利点のテーマ
    かと思ったのですがプロキシで回したところ余りにも弱かったです
    リバース効果を狙う場合戦闘破壊され、クローラーが墓地に溜まるものの、その後リンクが出来ない(更にモンスター2体はクローラーでは難しい)
    最初からリンク=フィールド魔法からめてのリンクとなると3枚コンボになるので難しい上「効果無効に強い利点が消え去る」
    リバース効果はメルカパーで阻止しにくいがリンクモンスターでのメインとなる効果は容易く無効化されます

    正直デジタルバグのが強いです汗

    • きょいち(管理人) より:

      おごごご・・・プロキシでの確認お疲れ様です&コメントありがとうございますm(_ _)m
      なるほど、展開力の問題の上に息切れもありましたか・・・。デジタルバグが比較対象とはorz

      よくよく考えてみるとこのテーマ、盤上を回復することはできても手札があまり増えないんですねぇ。
      トークン系カードも盤上増やすだけですし、自己アドバンテージにつながる効果がないので持久力がないと・・・。
      ううむ、難しいテーマですね(T-T)

      昨日の公表でクローラーサーチが公表されたので若干マシにはなるかもですね。
      新規クローラーはあと2枚・・・!ここが勝負の別れどころですね・・・!

  4. きょいちさんのファン より:

    今のところイラストは好み!でも展開が遅そうだから組まないって感じです…
    もう少し展開力を底上げしてくれるギミックが無いとセットエンドの繰り返しになりそうで魅力に欠けますね…
    とりあえず集めるだけ集めて様子見といった感じでしょうか
    今のところ星杯の新規が見当たりませんが、星異物関連テーマがもし単発ならクローラーはスルーですね…

    • きょいち(管理人) より:

      未判明だった枠3つのうち1つが公表されましたが、動きの遅さはまだまだ浮彫のままですね~・・・。
      聖遺物内で若干のシナジーはあるもののこのままだと結構厳しいテーマになりそうですorz

      星杯の新規も欲しいですね・・・!
      懸念されている通り、星杯の新規がこないとなるとクローラーもその可能性が高いので寂しいことにorz
      私は絵がかなりお気に入りなのでとりあえず組んでみます(T-T)

  5. ラララ より:

    まだ全部出ていないのに結論出すのは悪い所。
    モンスターはまだ出ていないし、空いている枠にまだ魔法・罠があるかもしれない
    ただ、全部出たリンクモンスターはそこそこの性能なので少し心配。もう少し能動的に展開できないものか……と

    • きょいち(管理人) より:

      《星遺物に蠢く罠》が公表されて「えぇ・・・」と思いましたが、よくよく見るとクローラー枠とは関係ないようですね・・・!
      残りが気になりますね~・・・。もしかみ合いのある強カードが登場したら、海外での評価もかなり変わってくると思いますw