【遊戯王】 2017年6月のおさらい。 予定調和の制限改訂と9期テーマの奮闘

シェアする

今月の1枚!は《トライゲート・ウィザード》

今月も今日で終了。気が付けば2017年も半分が過ぎてしまいました・・・!早いですね~(・・;)

というわけで、今月もおさらいをしていこうと思いますm(_ _)m


【スポンサーリンク】

遊戯王 2017年6月のおさらい

今月は中旬頃に7月からの制限改訂が告知されました。

ドランシアやモルモラットが禁止にされて以降、一旦影を潜めていた十二獣が再び環境上に登場。シェア率No.1をとってしまったことにより規制の可能性が高まっていましたね。

結果的に十二獣は今回の制限改訂でブルホーンまで失うことに。このカードは十二獣以外でも獣戦士族サーチャーとして活躍していた側面もあるので、影響は中々大きなものになりそうです。


真竜もドラゴニックDやマスPに規制が入り、また命削りも準制限になる等、新しい環境への整備が順当に進められた印象です。そんな中規制が緩和されたABCは「危ないな」とは思っていたのですが、やはり環境に姿を見せ始めた模様。


そんなわけで今の環境は恐竜竜星、召喚獣真竜、ABC、トリックスター、あとはブラックマジシャンも姿を見せている様子。ABCや召喚獣が上がってくるのは9期の頃のポテンシャルの高いテーマの連続生成の表れでもありましょう。


まだまだ9期産で強いテーマはあるので、今後とも9期vs10期の構図・勢力図争いは続き、簡単には10期テーマ一色にはなりそうになく。

そういう点では9期初期との違いを感じますが、個人的には今の落ち着いた展開のほうが好きだったりします。

(9期も8期テーマのAF先史遺産、征竜が初期に生き残り、シャドール・テラナイトが対抗する形でしたが、ダークロウの登場もこの頃だったり、ネフィリムが明らかなパワーカードだったりしたを考えると比較的今は落ち着いていると思います)

2017年6月の新規カードたち

新カード方面では、今月はデュエリストパック – レジェンドデュエリスト編 –ストラクチャーデッキ「サイバース・リンク」が発売されました。両者とも即座に環境入りするようなパワーカードを保持しておらず、特にDP17の方はファンデッキ用のカードが多く収録されていましたね。


「サイバース・リンク」の方も、ストラクでは珍しくデッキの固定された動きがなく、今後のリンク召喚・サイバース族の展開の為のパーツ取得の側面が強く出ていたように思えます。再録されたパーツ共々、お得なストラクであることは間違いありませんが、環境入りはまだまだ厳しい段階。

今までの各月の1枚と比べるとインパクトが薄れる感じは否めませんが、トライゲート・ウィザードはリンク召喚が発展していけばいくほど強いカードになりそうです。

来月(2017年7月)の遊戯王は?

来月は本筋パックであるサーキット・ブレイク (CIBR)が発売されます。

先日公表されデュエリストを驚愕させた強カウンターカード《拮抗勝負》を筆頭に、テーマカード兼汎用の優秀なリンクモンスター《ヴァレルロード・ドラゴン》となかなかのカード達がスタンばってます。


新規テーマの方も「メタファイズ」、「クローラー」、「ヴァレット」、「オルターガイスト」と強力な面々。特にメタファイズは《アシンメタファイズ》の公表により安定性への信頼がグンと上がりましたネ。

今のところ個人的にはオルターガイスト≧メタファイズ>ヴァレット>クローラーの順で優秀かな、という印象がありますが、今後の新規カードの公表も楽しみです。特に下の2テーマは「ヴァレット」→LINK4を立てるまでの展開力のなさ、「クローラー」→初動の遅さを解消すれば評価も変わりそう。

このテーマ達に関しては今週に海外の反応、来週にテーマ紹介を更新する予定でっすm(_ _)m (かっこよさは断トツでクローラーですよ!)


今のところ10期アニメ産全テーマが戦えるレベルで優秀

他方、そろそろ10期の方向性が見えてきた感じで、何やら「10期はアニメテーマが9期以上に強いらしい」ことが徐々にハッキリとしてきました。アニメの方もカード効果がOCGと変わらないものになっているので、今回のアニメ(ヴレインズ)ではキャラクター同士のよりダイナミックな試合が楽しめるかもですね。

というわけで、今月のおさらいでした!

来月もOCG・アニメ共に楽しんでいきませう!

お知らせ

このブログで紹介しきれていないカードを端的にでもいいから評価していきたいな~というところがあり、個人的なメモも兼ねて遊戯王カードのレビューサイトを作ってみました。画像クリックで飛ぶことができまっす。今後はこちらにもちょくちょく書き込んでいこうと思います。

若干工事中なところはありますが、既にレビューは投稿できるので、良ければ観覧・参加してみてくださいな~m(_ _)m

ではでは!

コメント

  1. きょいちさんのファン より:

    トライゲート・ウィザードは確かに強いですが、3つ相互リンクを作るのはやはりなかなか骨が折れますね…
    できたとしても最終盤面が微妙だったり…
    とは言え強いことには変わりないので今後に期待です
    真竜は規制後に召喚獣を入れてみましたが、けっこう面白いですね
    マスターPによるゴリ押しだけでなく他の攻め方ができたのは面白みが増していい感じです
    確かに9期開始時の8期VS9期の激戦に比べると今回は緩やかですね
    久々にABCを見かけますが、やはりあのテーマは格納庫があると強い…
    来月はサーキットブレイクの発売がとにかく楽しみです(早くメタファイズ組みたい!)
    少し前から気になっていましたが、レビューサイトまでできたとは!
    微力ながらお手伝いしていけたらと思っています

    • きょいち(管理人) より:

      今のところ下リンクを手軽に行えるのがサイバース族か通常・トークンのみなところが難しいところですね。
      やっぱりリンク召喚を大量に行うなら今のところ星杯が一番いいかな、と思います。
      もしかしたら次のアカシックマジシャンで逆転してくる要素もあるかもですが・・・!

      真竜は環境でまだまだ大活躍みたいですね~!流石というかなんというか・・・。
      メタファイズは除外メタを能動的な動きに組み込めるので、はまればかなり強力なテーマになると思います!
      その分除外メタ効果を持つカード達も強烈ですが・・・!

      ありがとうございまっす!のんびりメモを書いていくつもりでつくってみました(>_<) 気が向いた時に、是非是非書いてみてください~!お待ちしてまっす!

  2. Chester より:

    新マスタールールが適当されてからもう既に3ヶ月以上が経過していますが、やはり第10期は「第9期を猛省した故のデフレ感」に溢れている気がします。それは、新規参入カードからも、リミットレギュレーションからも感じ取れるので、安心している反面、少し拍子抜けという気持ちもあります。

    (十二獣は絶対に許さない)

    真竜に関してはまだ、比較的新しいので仕方ないとは思うのですが、ABCの強化(格納庫の緩和)については一番理解し難い事象です。その反面、ネフィリムはそろそろ許しを与えても良いのではないかと思うのですが・・・。それともう一つ、これはどこの誰にも発信していない事柄なのですが、ダムドはもうとっくに緩和されていても良いカードではないかとずーっと前から考えているんです。仮に無制限であったとしても、急激にダムドのフル投入が流行するとも思えないのですが、どうなんでしょうか・・・w

    • きょいち(管理人) より:

      ここまでくると間違いなくコナミさんも反省しているんだというのが見て取れますね。
      その分、いつまた爆発するのか、というところも怖いですが・・・。今回のCIBRもメタの大回転は起こらないんじゃないかと思ってます。
      目下次弾の「天気」が危うい雰囲気を発してますな。(十二獣レベルはもう勘弁で・・・)

      ABCはストラクの販売促進的な要素が若干ある・・・んでしょうか?ネフィリムに関しては様々に出る光属性カードとの兼ね合いが難しいのかもしれませんねorz ABCともあったりするので・・・。
      ダムドは私もそろそろ緩和されていってもいいんじゃないかな、と思います。強烈な効果には違いありませんが、あのカード1枚で盤上をひっくり返したとして、「制圧」するのが難しいんですよね。
      墓地アド関係も増えたのでそこまで積極的に狙っていけるカードでもなく、リヴァイエールも出しづらくなったのでパワーも相対的に弱体化していると思います(>_<)

  3. ラララ より:

    本当に9期はインフレと言うか終盤でのカードのレベルが既存の概念を破壊してしまったのが問題
    そのせいで十二獣や真竜みたいな壊れを生み出してしまった。
    そのためか10期の新しいテーマは比較的に大人しい。まあ、進むにつれて壊れカードが生み出されるんでしょうが……

    アニメテーマは今の所、どれも強いのが好印象。
    ただし、主人公とライバルのカードをもっと強くしても許される気が……

    • きょいち(管理人) より:

      EMEmも凄まじかったものの、やっぱり9期は単一テーマでのパワーが以前と段違いだったんですよね・・・。
      9期パワーと揶揄されたりもしましたが納得なところが多かったです・・・。
      できればこのまま、ひとまず環境の整備を進めていってほしいです(>_<) 明日ヴァレットをご紹介するのですが、なんというかまぁ・・・。 主人公とリボルバーのデッキを足して2で割ったらうまく回るんじゃないかと思ってしまうところがorz いずれ以前の主人公達のように環境を取るんですかねぇ(´ω`)

  4. AYBな鮫使い より:

    レギュレーションを見返すと9期カードのパワーの高さを感じますね。特に終盤(?)辺りの無制限からいきなり禁止のラッシュ見ると特に。真竜や十二獣は出張性の高さからキーカードを規制しても混ぜ物で生き残るので更に規制されるという悪循環が…(今回のブルホーンのように)。今回組んだのはアマゾネスと裏サイバー、着実にデッキが増えていくんじゃ〜

    • きょいち(管理人) より:

      十二獣は見事にジェノサイドされましたね・・・。絵からは平和ささえ感じられたのになぜあんなことに・・・!
      9期半ばでは「10期はもっとすごいのだろうか」と不安だったので、落ち着いてくれて一安心ですw

      私は6月はアマゾネス・カオスソルジャー・ブラックマジシャンを組みました!
      裏サイバー、友達が組んでいたのですがなかなかトリッキーなテーマですね~。さてさて今度は何テーマ増えるのか・・・!