【遊戯王 カード考察】『SPYRAL Tough(タフネス)』考察

シェアする

「SPYRAL」でもう1枚ありました。

今回の考察カードは、TCGのレイジングテンペストに収録される『SPYRAL Tough(タフネス)』です。

『SPYRAL Tough(タフネス)』考察

『SPYRAL Tough(タフネス)』効果モンスター
星4/風属性/戦士族/攻1900/守1500
(1):このカードのカード名は、
フィールド・墓地に存在する限り「SPYRAL Super Agent(ダンディ)」として扱う。
(2):1ターンに1度、カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言し、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
相手デッキの一番上のカードを確認し、宣言した種類のカードだった場合、
対象のカードを破壊する。

何かと「SPYRAL Super Agent(ダンディ)」の名前指定サポートが多い「SPYRAL」の中で、「SPYRAL Super Agent(ダンディ)」になるカード。

「SPYRAL Super Agent(ダンディ)」とは違って属性は風。

攻撃力は同じく1900ですが、防御力の方は300高くて1500。(見た目的にも守備が高そうですね)

『SPYRAL Tough(タフネス)』効果①

場や墓地にいると「SPYRAL Super Agent(ダンディ)」として扱われるようになるルール効果。

「SPYRAL Super Agent(ダンディ)」のサポートカードの効果の対象として選ばられるようになります。

「SPYRAL Super Agent(ダンディ)」と同じように《SPYGAL Misty》を横に並べて盤面を築くことが可能です。

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1900/守1200
「SPYRAL Super Agent(ダンディ)」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札にある場合、
カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。
相手デッキの一番上のカードを確認し、宣言した種類のカードだった場合、
手札からこのカードを特殊召喚する。
(2):このカードが「SPYRAL」カードの効果で特殊召喚に成功した場合、
相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

《SPYGAL Misty》効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1500/守1600
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。
相手デッキの一番上のカードを確認し、宣言した種類のカードだった場合、
自分はデッキから1枚ドローする。
(2):1ターンに1度、自分フィールドの「SPYRAL Super Agent」1体と
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

『SPYRAL Tough(タフネス)』効果②

「SPYRAL Super Agent(ダンディ)」の②の効果で破壊できるのは「相手フィールドの魔法・罠カード」でしたが、『SPYRAL Tough(タフネス)』の②の効果は効果の範囲が「相手フィールドのカード」なので、モンスターや魔法・罠かを問わずなんでも破壊の対象になります。

また、この効果は《SPYRAL MISSION – Assault》のドロー効果発動トリガーでもあります。
攻撃力が1900で破壊効果持ちと《SPYRAL MISSION – Assault》でのドローは比較的簡単にできそうなイメージです。

《SPYRAL MISSION – Assault》永続魔法
このカードは発動後3回目の自分エンドフェイズに破壊される。
(1):1ターンに1度、自分の「SPYRAL」モンスターが戦闘で相手モンスターを破壊した場合、または自分の「SPYRAL」モンスターの効果でフィールドのカードを破壊した場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札から「SPYRAL」モンスター1体を特殊召喚する。

『SPYRAL Tough(タフネス)』考察まとめ

「SPYRAL Super Agent(ダンディ)」のように自身の効果で場にSSするという効果は持っていませんが、1900打点で破壊効果持ち、「SPYRAL」のサポートを受けられるという点で優秀なカードだと思います。

「SPYRAL Super Agent(ダンディ)」との顕著な違いは、自身を特殊召喚する効果を持たないという点です。個人的には『SPYRAL Tough(タフネス)』は手札に溜まってほしくないので2枚くらいの採用が良いのかなと思っていますが、蘇生効果をもつ「SPYRAL」効果を持つカードもあるので、枚数を入れてもコストなどえ積極的に墓地に落とすカードを入れて組成させる方法もありだなと思いました。

また、「SPYRAL Super Agent(ダンディ)」の考察をしている時にも思ったのですが、相手のデッキトップの確認とSS効果、そして魔法・罠の破壊効果を持つ「SPYRAL Super Agent(ダンディ)」と相手の場のカードの破壊効果を持つ『SPYRAL Tough(タフネス)』はどちらも1900打点で汎用性が高いので出張カードになったりメタビートに入りそうです。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございましたφ(^ー^)ノ

関連記事

TCGのレイジングテンペストに収録された海外先行カードの「SPYRAL」が、ついにエクストラパックに収録されて日本に上陸します。ザ・ダークイリュージョンから収録され始めた「SPYRAL」ですが、個人的にぜひ使ってみたいテーマなので考察してい
今回は『SPYRAL Super Agent(SPYRAL-ダンディ)』と同じく海外のザ・イリュージョンに収録された『SPYRAL Quik-Fix(SPYRAL-ジーニアス)』について考察です。『SPYRAL Quik-Fix(SPYRA
「SPYRAL」シリーズの考察が続きます。今回は「SPYRAL Super Agent」や「SPYRAL Quik-Fix」の記事にて名前が出ています『SPYRAL GEAR - Drone』についての考察です。例によって収録は海外のザ・ダ
「SPYRAL」シリーズの考察。 今回はTCGのインベイジョン・オブ・ヴェノムに収録の『SPYRAL Master Plan』についての考察です。『SPYRAL Master Plan』考察《SPYRAL Master Plan》効果モンス
「SPYRAL」シリーズ考察も第5弾。今回の考察カードは海外版レイジングテンペストに収録されている『SPYGAL Misty』です。『SPYGAL Misty』考察『SPYGAL Misty』効果モンスター 星4/闇属性/魔法使い族/攻15
「SPYRAL」シリーズ考察、第6弾。そろそろ「SPYRAL」系のモンスターも今回で紹介し尽くしたでしょうか?今回の考察カードは海外版インベイジョンベノムに収録の『Charming Resort Staff』です。それではさっそく見ていきま