【遊戯王VRAINS】第23話「ゲノムの巨人」巨人とは一体・・・ (海外の反応・感想)

シェアする

今回のあらすじ
「アナザー」事件の被害者となってしまった少年を救うため、犯人を名乗るドクター・ゲノムと対峙するGo鬼塚。少年のためにも敗北が許されないGo鬼塚は、それまでのエンターテインメントスタイルを捨て、勝利のためには手段を選ばないヒールスタイルのデュエルを見せる。

【スポンサーリンク】

【遊戯王VRAINS】第23話「ゲノムの巨人」 海外の反応

剛はいい奴なのにヒールキャラになったのね。

歴代の主人公があの戦い方見たら自分のモンスターを犠牲にアドバンテージを取ってる姿に心を痛めそうだけど、あの戦い方は結構好きだよ。

>割と歴代の主人公もモンスターを飛ばしてる気がするぜ・・・。


エピソード自体はよかったよ。ただ、なんかどのカードも同じような効果をしてたなぁ。あと一応実況の人いるけど、イグニスの解説というかツッコミがあるから結構それで満足しちゃうねw


今回はD-ボートの動きがカッコよかったね。

ゲノムの顔に剛が毒霧を吹きつけるところで笑ったよw

そういえばターンがここまで長く続くのは今回の試合が初めてかな?


皆気づいてないかもしれないけど、空がダークな感じとか夜じゃなく、昼間の街的なところでデュエルが行われたのは今回が初めてだ。1話のブルーエンジェルの時にもちょっと映ったかな?

あと剛がヒールになったのに観客がいつも通り盛り上がってたのになんか違和感が・・・。

>ハノイの騎士と戦ってるからじゃないかな。剛自身はヒールに転向しようがしまいが、もはや人気じゃないらしいし。


うーん、DNADNAってお喋りだったけど、ゲノムのテーマ自体はよくわからなかったなぁ。色んなクリーチャーを組み合わせてキメラでも作るのかな、と思ってたけど、なんかごった煮になっちゃってたね。あとプレイスタイルがハッキリしていなかった。

>確かに、俺もDNAっていうんだから奇妙な生き物でも作り出すのかと思ってたよ。なんかよく知らない名前のモンスターたちだったね。


悪役のデッキにしてはトゲがなかったのかな?ネクロダーーー↑ウィン!の見た目は好きだけど。

あと今回の話のタイトルって「ゲノムの巨人」だったけど、なんか巨人要素なかったね。

>確かに。「巨人」とは。

>日本語の「巨人」の意味合いと、こっちで英訳してる”Giant”のブレの意味合いのブレのせいじゃない?

>いや~、てっきりデッカいフランケンシュタインみたいなモンスターが出てくるのかな~と思ってたよw

なんにしてもDNAを組み合わせて強いモンスターを作り続ける動きをしてほしいね。


ゲノムは融合を使ってほしかったんだ・・・!

シーーッッッ!ヴレインズ次元に融合は存在しないんだよぉ!

【遊戯王VRAINS】第23話 感想

皆様台風の影響大丈夫だったでしょうか。凄まじく大きくてビックリしました・・・。(用事で来た友人が帰れなくなって、10時間ぐらいぶっ続けで遊戯王のドラフト戦をしてました)

さてさて、実は私もタイトルから、てっきりデッカいモンスターが出てくるのかな、と予想してました。なんでリンク2ばっかり?とも思ったのですが、ニコニコのコメントで「DNAが”二”重螺旋だからLINKも2で統一してるんじゃない?」書かれている方がいらっしゃって面白いなと思いました。

数と言えば「3」が強調されるヴレインズですが、この辺りにも何か噛んでたりするんでしょうか・・・?(・・;)

ゲノムのテーマの動きは確かにちょっと頭に残りづらいところはありましたが、デュエルの演出はかなりよかったと思います!空中に舞ったり、モンスターの攻撃時のポーズを決めてたり、ゲノムがカッコよく見えましたw

デュエルの決着は次回に持ち越し、遊作が動いて・・・?という展開ですが、次回予告を見るにプレイメイカーは応援をしにいくっぽいですねw 無表情で応援をしに行くプレイメイカーを想像するとなんとなく笑ってしまいますw

プレイメイカー様、割と不安になってんじゃないの~?(イグニス感)

コメント

  1. カトブレパスと運命のななしさん より:

    今回の巨人の意味は「その方面での有力者」って事だから、「ゲノムに対して膨大な知識を持つ者」って事じゃないですかね

    • きょいち(管理人) より:

      っぽいですね~。
      海外ではあまりこういう意味でGiantは使わないようなので、その辺りで誤解が起こったのかな、と思います(>_<)

  2. ラララ より:

    「オレも自身もヒールターン!」「俺の名は、これよりダーク鬼塚だ!」
    ここら辺めちゃくちゃ笑いましたwwww
    遊戯王らしくってwwwwww。毒切りも「お前が吹くのかよ!?」とビックリのカオス展開wwww。脚本の米村って言う人は遊戯王のカオスとうまく調和していました

    鬼塚の「客を喜ばせるのが俺のデュエルだ。それだけは変えられない!」というシーンを見て、彼は立派なエンターテイナーだと思いました(前作のトマトを思い出すと余計に……)
    根本的な所は変えずに客に合わせて自分のスタイルを変えて客を喜ばせる鬼塚のプロ精神には舌を巻きます

    予告で「遊作は乱入するのか!?」と思ってしまった人は、アークアレルギーにかかっている。そもそも16話で「デュエルは1vs1でするものだ」といった遊作が乱入なんてするはずもないのに……
    予告の説明文だとハノイの騎士の雑魚がリンクヴレインズを攻めて来るらしいのでそいつらを蹴散らしながら、鬼塚に激励していく展開だと自分は予想します

    • きょいち(管理人) より:

      23話はやたらとハッちゃけてましたねw
      毒切りのシーンは私も笑いましたw
      なんというか、やっぱり遊戯王のエンタメはデュエルの動きありきだな~と思います。
      今後の剛のエンタメも期待ですな・・・!

      既に25話までいってしまいましたが、乱入はありませんでしたね~。
      前作で乱入をしまくったダメージは結構大きそうです・・・orz
      遊作の行動が段々ツンデレっぽくなってきましたが、剛とのデュエルで笑っていたのを考えると、既に結構剛には信頼があるのかな、と思いました。

  3. 風来の決闘者 より:

    今回でサヨナラかもしれないけれど、ドクター・ゲノムのキャラはいいキャラしていた。
    流石にDNAを掛け合わせるくだりは夕方で言うようなセリフじゃなかった気がしますけれど……(プレイメイカーと鬼塚のDNAを掛け合わせるくだりとか)
    ゲノムのモンスターの名前の由来は、モルモット、ラット、クローンなどの実験関係かなと思ったリ。ダーウィンはチャールズ・ダーウィンからかな?地質学者・生物学者の

    デュエルが結構長引いたのは鬼塚の剛鬼デッキが持久戦が得意だから。サーチが多いから本来より初期手札の枚数が少ないスピードデュエルでもその場にちょうどいいカードを使わせられるので地味に脚本的に助かっているかもしれない

    タイトルの「巨人」について気になった人はやっぱりいたようです。
    自分も気になっていて、最初にゲノムが特殊召喚したモンスターかな?とニコニコを見て思ったリ。
    あと海外の反応で融合がいないとか言ってる人はいましたが、まだ1年目だから複数の召喚方法は出さずにリンク召喚で絞っていくのだと自分思っています
    逆に2年目以降はリンク召喚以外の方法も出していくのだと予想しています

    • きょいち(管理人) より:

      DNAを掛け合わせる♂ あれは危ないですなww
      なるほど、そういう元ネタでしたか~。こう、モルモットとかヘルリックスとか聞いてると別のカードを思い浮かべてしまったり・・・。

      剛鬼デッキは確かにヴレインズのアニメの中でも筆頭のタフさを持ってますね~。
      見ていても全然手札が減らないというか、カードプールが増えるとホントになんでもサーチするテーマになりそうです。
      1話でも十二獣がいたりしたので、エクシーズやシンクロ自体はいる?のかもしれませんね。
      他の召喚方法のテーマもアニメで見たいので、是非登場してもらいたいところ・・・!

  4. 佐藤 より:

    突然のコメント失礼します。エラーカードをコレクションしているものです。
    以前筆者様が購入なされたオシリスの天空竜のエラーカードなのですが、言い値で構いませんので譲って頂けないでしょうか?
    メールアドレスを添付しておきましたので、お返事お待ちしています。

    • きょいち(管理人) より:

      申し訳ないです、あのカードは私自身もコレクト用に購入したものなのでお譲りできませんorz
      他の良いエラーカードをゲットされることをお祈りしています(T-T)