【遊戯王 雑記】BANドラフトの強カードとライン(若干ゃ身内用)

シェアする

先日に引き続きBANドラフトに関する更新です。

今回の記事は身内用になってしまうのですが、ドラフトで強すぎて採用から外したカードをリストアップしつつ、ドラフトのラインをメモしていこうと思います。もし何かの参考になれば幸いです。(身内色が強いのでコッソリ更新させていただきますm(_ _)m)


【スポンサーリンク】

BANドラフト 禁止・枚数変更カードのお知らせ

大寒波 サンダーボルト 大嵐 強欲な壺 禁止

ドラフトでもダメなカードでした。端的に強すぎ、引く側の採用と使われる側の一方的な不利の生成以外に活用の余地がありませんでした。

ワイバースター コラプサーペント→各一枚

光と闇を除外するコスト以外で出せない代わりに、後々のアドバンテージを取れるモンスターです。各3枚入れていましたが、あまりに引き込む確率が高すぎ単なるパワーカードになってしまいました。そこで、本来のパワーが出せるのは豪運であるときだけに限定させます。使えないカードプールを引いたとしても、相手との交換はお勧めしません。

 

電磁タートル→禁止

守備力1800は突破が容易なはずでした。実際には「居るだけ」で試合を硬直させるカードとなり、想定より一段階強く、試合をコントロールしやすくなっていたため禁止にします。

イルミラージュ→禁止

大型モンスターに対するカウンターカードという位置付けのはずが気がつけばあらゆるモンスターに有利を取るカードとなってしまいました。

ジュラゲド→禁止

有利を勝ちまで持っていくカードで、駆け引きの要素に欠け、あきらかにパワーがあったため禁止とします。

トラゴエディア→禁止

SSが容易で2000を超える打点となりやすく、試合を一方的にしやすいため禁止とします。

スノーマンイーター→禁止

電磁タートルでも突破しづらいのですから、このカードが試合を硬直化する可能性は高く、また除去が強力で出し得になってしまうため禁止とします。以降レベル4以下で一方的に攻撃を止め、「その上で有利を取る」カードは採用を控えます。

マシュマロン→禁止

戦闘で破壊されないカードの採用はこのプールには早すぎました。禁止とします。

開闢→禁止

現実出すのは難しいカードとはいえ、出せた時の性能があまりにも高すぎました。やはり開闢終焉はいけない。

魔導戦士ブレイカー→禁止

選択の幅が広く確実に有利とアドバンテージを取り、デメリットが全くないため面白味に欠けます。採用していたのは一枚のみでしたが、だからこそ強すぎたところもありました。禁止とします。

奈落の落とし穴→一枚

トリオンとのコンボが強烈でほぼ確実に有利をとります。問題は組み合わせられる確率が高すぎたことです。そこでこのカードを一枚とし、ほかの落とし穴をプールに採用、トリオンも一枚減らします。

ジェネティックワーウルフ→禁止

現在の遊戯王ではほぼ使い物にならず、レリーフであることも相まって「ドラフトでの独特な強力カード」というシンボルになりやすいカードでしたが、攻撃力2000ではシンボルにとどまらず、単なる暴力になってしまいました。

火舞太刀→禁止

打点1700と平均的なものの、破壊効果の汎用性が強力でした。微妙な線で強さを誇っていたものの、その僅かな差異で勝ちを拾っていくカードでした。このカードを入れるならまだならず者の方がマシだったでしょう。禁止とします。

ディメンションガーディアン→禁止

戦闘・効果耐性は組み合わせにより試合を容易に決定付けてしまっていました。マシュマロンと同じく突破が困難すぎる為禁止とします。

冥府の使者ゴーズ→禁止

過去の遊戯王のメタゲームにおいて脅威となっていたカードです。このカードは基本的に出番が来るまで手札に残る上、SSされる兆候は明らかなものの、実際兆候を掴んだとしてもどうしようもないことが問題でした。要は2500を超える打点が容易に出てしまうことそれ自体が脅威だったのです。あからさまなパワーカードであり、試合を一枚で終わらせてしまう可能性が高いため、彼の居場所を手札からファイルに変更します。

ライトロードハンターライコウ→一枚

ライトロード種はこのドラフトにおいては「強力な効果を持つ代わりにBAN候補枠を増やす」という独自のデメリットがあります。このアイデア自体は面白いものだと思います。

しかし、リバースのカードがこれに固まってしまい、読みの部分で「どうせ犬だろ」と思われてしまうこととは別の話です。数を減らしほかのリバースモンスターを採用します。

どぐう→禁止

本当は強いのにあまり使われていません。しかし本当は強いので禁止とします。(カードプールの変更により打点1900ラインのメリット持ちモンスターは汎用的なアドバンテージを持ってはならないことになりました。)

お注射天使リリー→禁止

違反行為が判明したため出場禁止です。

(ライフ2000のコストがあるとはいえ、ATK3400は強大過ぎました。)

グランモール(モグラ)→禁止

NSを消費する故テンポ的にはバランスの良いカードでしたが、ロックをかけやすく恐らくこのカードプールで一番イライラしやすいカードであった為、数多くの恨みにより埋められました。

強襲のハルベルト→一枚

SS、打点、サーチ、貫通とあまりに様々な効果が噛み合ったカードです。脅威ではありますがきめてにはなりづらいため、一先ずサーチ先をスパルタの人だけに削ぎます。

BOXサー→禁止

打点1800という中々高いラインを持ちながら、モンスターを破壊すると耐性が付与されます。このカードの問題は、一度カウンターが乗ってしまうと除去が厳しく、装備カードを装備してしまうとほぼ除去ができないことにありました。強制脱出装置や次元幽閉等、BOXサーの耐性を無視できる除去カードも採用していたものの、1枚の効果としては強力すぎたようです。

聖槍→禁止

ダメージステップ時の駆け引きにて、ほぼ一方的に勝ちを持っていく上、デバフの幅も大きく、他の活用方法も相まって強力な魔法カードとなってしまいました。

ドラフトのライン

・一方的にアドバンテージを取るカード(強欲な壺・サンダーボルト等)は引いたプレイヤーを有利にするだけな為採用をしない。

・打点は1600~1900辺り。打点が低く通常はあまり活躍できないカードは、属性や種族のコンボ次第で強力なカードになるよう考慮する。(ex.砦を守る翼竜はレダメをSSしやすくする等)

・打点1900持ちはその打点自体がメリットになるように調整。つまり、1900アタッカーでメリット効果を持つモンスターは採用をしない。

・これによって守備力2000のモンスター(ホーリーエルフだけですが)は、それだけで強いモンスターに設定

・守備力が1800を超えるモンスターは効果で有利を取れないようにする。

・出せれば強力なカードにはメタカードを用意する。このドラフトだと、ブラホ、激流葬に対するスターライトロード、レダメやダムドに対するドゥルダーク、スタロ後のスターダストドラゴンに対するナイトドラゴリッチ等。

・魔法・罠で1:1交換をするカードは、出来る限り条件付きのものにする。

ドラフトでは通常のデュエルよりNS権が重視され、手札にモンスターがあっても魔法・罠でテンポを取られて使用できないままに押し切られる可能性が高い為です。

・戦闘・効果耐性カードは採用をしない。(カードプールにもよりますが、当ドラフトだと除去が厄介すぎました・・・)

というわけで、2日続けてのドラフト記事でございましたm(_ _)m

コメント

  1. きょいちさんのファン より:

    やっぱり戦闘に強い、あるいはそれ+αはバランス崩壊につながりますよね…
    選定基準やリストを見ていると小学生の頃の感覚がちょうど適している感じがします笑
    そうするとレベル4通常の攻撃力1900が強カードだったのに、それに加えてサーチやら耐性やらが加わった最近のモンスターはめちゃくちゃ強いカードに見えますね…(そもそもそれすら普通に見えるインフレがおかしいんですが…)
    居場所が手札からファイルに変更、違反行為の判明等笑わせてもらいました笑
    まあ鬼畜モグラが埋められるのは妥当ですね笑

    • きょいち(管理人) より:

      ここには書きませんでしたが、ドラフトのラインでバランスを取るなら1期・2期辺りの遊戯王を参考にするのがやりやすいと思いましたw
      おっしゃる通り1900打点がそれ自体で強かった頃ですな。最近はモンスターの効果や除去があまりにも蔓延りすぎて、打点を考慮するのは一番最後になってしまいましたね~。
      今の遊戯王をやった後にドラフトでやると、本当に打点1900が厄介なので結構新鮮だったりします。
      モアイ迎撃砲が「強すぎる」ということで、プールに入れる前から禁止になったりw

      お気にのゲーム(BANシステムの元ネタであるLOL)のパッチノートがこういうノリなので、それに乗ってみましたw
      モグラへのヘイトのたまりっぷりはヤバかったですw

  2. ラララ より:

    効果が多すぎて最近のカードは大体が禁止になりそうな気がしてならない
    少なくても簡単にアドを取れるカードや戦闘・効果耐性を持つカードはこのルールだと使いにくいという話
    +0以上にするカードもそうだけれどブラホや激流葬みたいに自分のカードも巻き込むカードはまだしも相手だけアド損させるカードは禁止と言う話ですかね

    こういう厳しく取り締まって遊ぶと楽しそうです。

    • きょいち(管理人) より:

      最近のカードだと殆ど禁止になると思います。特にドラフトだと月鏡の盾がヤバイですw
      全体破壊のカードのラインはその通りです~。自分が不利な状況の時に巻き返せるならまだしも、有利な時にすら打ててしまうカードは試合を淡泊にしがちでしたorz

      パワーバランスはとりやすいですし、色々試すこともできるのでなかなか面白いですよ!