【遊戯王】ドラコニア関連をまとめてみた④ -動き方、まとめ編-

シェアする

SnapCrab_NoName_2015-7-27_8-22-16_No-00

というわけで、ドラコニアのまとめに入ります。


【スポンサーリンク】

ペイント機能の使い方に戸惑いながらも、作成したドラコニアの相関図はこんな感じです。

(Lance(以下槍)もスキルでサーチ可能です)

アド取りとしては、獣のサーチが最も重要。その次に翼竜の破壊が続きます。これを基礎として臨機応変にPゾーンのカードを設置し、バトルフェイズでアドバンテージを取っていく、といった感じです。

獣竜海竜Pセット→戦闘→ダメージ計算後獣竜効果、獣竜効果解決サーチ→ダメージステップ終了時海竜効果解決SS

というのも可能なのでしょうか。

仮にそれが可能で、手札に獣、海、槍がある場合、戦闘モンスターに槍を用いることで、この流れから+2500の追撃をして、メイン2にエヴォルカイザーソルデをSSすることができます。

SnapCrab_NoName_2015-7-30_11-57-49_No-00

エヴォルカイザー・ソルデ
エクシーズ・効果モンスター
ランク6/炎属性/ドラゴン族/攻2600/守1000
恐竜族レベル6モンスター×2
エクシーズ素材を持っているこのカードはカードの効果では破壊されない。
相手がモンスターの特殊召喚に成功した時、
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で、
そのモンスターを破壊する。

ついでにフロストザウルスやカバザウルスをデッキに入れて、いっそのこと恐竜デッキにしてしまうとか・・・?

SnapCrab_NoName_2015-7-29_21-43-34_No-00

フロストザウルス

通常モンスター
星6/水属性/恐竜族/攻2600/守1700

このテーマで特徴的なのは戦闘時の強力さで、難しいのはメインフェイズに自発的にアドが取りにくいことです。(Pカテゴリーに共通なP召喚でのアドは除きます。)戦闘時のアド取りが通りにくいことも、皆さんご存知のことだと思います。豊富なサーチカード陣から、初手は結構安定しやすいでしょう。テンキを腐らせないようにするために暗炎星を加え、ついでにその延長でウルフバーグを加えてみたり

SnapCrab_NoName_2015-7-29_21-54-4_No-00

レベル4通常Pモンスターを増やして安定性を増し、エクシーズを使えるようにしたりする工夫が必要だと思います。

SnapCrab_NoName_2015-7-29_21-58-19_No-00

スキルドレイン型にするのもいいかもしれませんね~。

恐らく海外版のディメンションオブカオスで何か新規カードが来るはず・・・!フィールド魔法とか、出て欲しいですね~。絵がものすごく好みなので、機会があれば英語版のウル、スーでドラコニアを組んでみたいです。最後にこれまでのことを踏まえて調整したデッキをご紹介して、ドラコニアの記事を一旦終えようと思います。

ではでは!また明日!

→ドラコニア⑤へ