精霊龍

 

  シャイニング・ビクトリーズ解禁! 先日のパック開封で無事、青眼関連が出たので、友人とトレードをしてきました。友人もブルーアイズテーマのカードをヒットさせていて、丁度全てのカードが3枚揃ったので、早速デッキを構築、戦ってきました。

思っていたよりも長くなってしまったので、今回は1ページ目でおおまかな所感とデッキ紹介を、2ページ目で特に強かった2枚の感想を書きます。  

 

*(2016/02/24に 現在のデッキ構築を3ページ目に追加しました)

 


スポンサーリンク


 

ブルーアイズデッキ と対戦した感想

  精霊龍

 

 とりあえず所感は・・・大型デッキなのに動き方に小回りが利いて強い!という感じです。

手札からお手軽に3000打点が召喚でき、上級は対象指定を避け、デッキからも大型が飛んできて、白石で墓地からもリカバリーします。火力の高さと小回り、どちらも手に入れたデッキという印象でした。  

 


  ダンテ  

 

なんというか、今までRRや彼岸、SR等々、エクストラから切り札が出るデッキと戦い慣れていた為、手札から最上級を召喚する青眼が逆に新鮮に感じられました。

元々遊戯王ってこういうカードゲームだったはずなのに・・・!(最近だと帝がありますが、帝の動きは別次元に感じてしまいます・・・orz )  

 

というわけで、デッキをご紹介します。  

 

新規入りブルーアイズデッキ

  ブルーアイズデッキ  

 

友人曰く「ひとまず」とのことですが、体験会に出たり、発売前から考察してたりで、大体固まっていると言っていいと思います。  

 


  トライホーンドラゴン  

特異な点といえば、トライホーンドラゴンとカオスエンペラードラゴンが入っている点でしょうか。

トライホーンドラゴンはレベル8なのでトレードイン対応、且つ通常で霊堂対応、おまけに闇なのでカオスエンペラーの素材となります。恐らく腐ることはないカードです。 (最初見たときビックリしました!)  

 


  エンペラー  

エンペラーは前に注目されていた通り、目覚めの旋律でのサーチ。特に手札に既に青眼の白竜が来ている場合でしょうか。

効果を狙うわけではなく、光と闇(トライホーン)を除外しての3000打点での活用で、ぶっぱは無かったです。今だとぶっぱ後に不利になることが多いですからね・・・! もちろんぶっぱの選択肢もあるので、色々と使えるカードになっています。  

 


  ブルーアイズデッキ エクストラ  

エクストラはこんな感じです。被っていてよく見えないのはフェルグラントで、恐らくこのうちのどれか一枚は後々タイタニックになると思います。

ウナギさんとクリスタルウィングの使い方は次回の関連記事にてご紹介します。    

 

次のページで特に強かった2枚の感想をば。  

 


スポンサーリンク