キューブ②

 

ども~。

先日、10年来の付き合いな友人3人と久しぶりに集まったのですが、その際「久しぶりに遊戯王やりたい。デッキ持ってこれる?」と言われまして。

所持デッキを持っていこうとしたのですが、友人達が遊戯王をやっていたのはかなり昔、1期~2期の辺り。最近のシンクロ・エクシーズやペンデュラムを入れると説明等で折角の時間がなくなるのでは・・・と思ったので

 


スポンサーリンク



 

キューブ①-2

 

キューブドラフトを作成してみました!

カードのチョイスよりもスリーブに入れるのに時間が掛かりました・・・(- -;)

 

キューブドラフトとは?

 

オリパマーク

 

キューブドラフト

 

通常とは異なったカードプールで遊べるルール。

カードの山を作成し、そこからカードを配布

各自デッキを作成して対戦する。

 

デッキを作成して持っていかなくとも遊戯王を楽しめるお手軽さと、カードプールや各自のピックによって変化するメタが魅力的な要素って感じです。

山の分け方は、15枚をプレイヤーAに配布・その中から1・2枚を選択→残りをプレイヤーBに回し、プレイヤーBは残りのカードで同じことをしたのちにCに回す・・・をカードがなくなるまで繰り返す方法や、パック作成、無作為と、色々ありけり。

 


 

魔界の足枷

 

今回は全員翌日に仕事を控えていたので、早めに構築できるように、こんな感じのルールを作りました。

 

・計180枚のカードを準備、各自6つの山から無作為に合計45枚を引く(一回最大5枚)

・全員が45枚を受け取り次第、各自5枚をピックして左隣に渡す

・最終的に得た45枚の中から30枚のデッキを作成

・残り15枚をサイドとする

・三本勝負。一本取ったら相手の公開した情報(主に場と墓地)から3枚までを指定してBAN(以降その試合が終了するまで使用禁止に)できる。

・2本目以降は対策とBANを考慮してサイド変更で30枚に。

 

BANは強力すぎるカードが生まれても暴れすぎないようにする為の対処です。

情報を公開しなければカードはBANされないので、ここらへんでも駆け引きが生まれるかな・・・という期待もあったり。(独特な強謙デメリット、とか。)

尚、各種制限は考慮せずに行いました。

 


 

キューブ②

 

比較的分かりやすい効果をチョイスしつつ、たまにパワーカード(盤上に影響を及ぼしやすいカード)を入れてキューブを作成。シンクロ・エクシーズ・ペンデュラムは今回は無し。

ちなみにレダメや征竜は下級ドラゴン族や属性の比率的に出にくい状況に、パワーカード類は極力レア度をあげて分かりやすい感じにしました。

 


 

真剣勝負

 

遊んだ結果、かなり盛り上がりました!

ジェネティックワーウルフが突破できなかったり、イルミラージュが上級を倒したり、色々新鮮な戦いができました。

残念ながら時間の都合上総当りは行えませんでしたが、ウケがよかったので次回に向けて改築してまた持っていこうと思ったり。

 

・・・と、次ページで詳しい作成方法をば。オススメのスリーブもご紹介しまする。

 

次のページへ

 


スポンサーリンク