abc

 

どもです~。

気が付けば今週末に遊戯、海馬ストラクが発売される時期になりました。

どちらも、昔を懐かしむもよし、新しいデッキを組むのもよしと、色々楽しめそうなカード内容。強さ的には今のところユニオンが有望なのかな?と思ったり。

そこでメモ的な要素を兼ねて、現状ABCで使う予定なコンボを2種類ご紹介致します~m(_ _)m

前回の記事でご紹介した同胞の絆とブリリアントは割愛しまする)

 


スポンサーリンク


 

海馬ストラク ABC (ユニオン) 相性の良いカードと回し方

 

yunion kakunouko

ユニオン格納庫

フィールド魔法

「ユニオン格納庫」は1ターンに1枚しか発動できない。

(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから機械族・光属性のユニオンモンスター1体を手札に加える事ができる。

(2):1ターンに1度、自分フィールドに機械族・光属性のユニオンモンスターが召喚・特殊召喚された場合、そのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターに装備可能で、カード名が異なる機械族・光属性のユニオンモンスター1体をデッキから選び、そのモンスターに装備する。この効果で装備したユニオンモンスターは、このターン特殊召喚できない。

 

ユニオンの効果は前回の記事をご参照頂ければより分かりやすいかと思います。

 

ABCはテーマモンスターだけでは揃えるのに少し手間が掛かりそうでしたが、このカードの登場によって準備がかなり楽になりました。

テラフォでサーチ可、発動時ユニオンサーチ、ユニオンNS・SS時にデッキから光属性機械族ユニオン装備で一枚で2度おいしい有能カード。間違いなく3積みできる性能です。

ABCドラゴンバスターの相手ターン解除時にも効果が発動できるのもおいしい。

 


 

terafo-mingu

 

なにかし、テラフォでサーチが出来る故に初手に格納庫を引き寄せられる可能性は高く、しかもその一枚である程度の展開ができるので、「じゃあ後はコンボができるカードを複数入れてれば・・・」と狙いを定めやすく。

少ない枚数でコンボができ、かつ安定しやすいのが構築上の強みになりそうな予感デス。

 

ABCを初手で出すコンボ

 

ゴールドガジェット+格納庫 (+ツクヨミ)

 

goldo gajyeto

 

レベル4の機械族をSSするゴールドガジェットからの展開。

 

格納庫 AorCサーチ→ゴルガジェNS効果→A or C SS→格納庫効果 B装備→二体でエクシーズツクヨミ→Bが墓地に行き効果 残りのA or Cサーチ→場の二体でエクシーズ ツクヨミ召喚→ツクヨミ効果手札全捨て2枚ドロー→墓地のABC除外でABCドラゴンバスターSS

 

ちょっと手札の消費が激しい感じはしますが、手札二枚+エクストラ1でABCを準備できるコンボです。

ツクヨミをSSするには素材が光属性でなければいけないので、ブリキンギョではコンボができませぬ。

 

音響戦士と組み合わせる場合

 

gi-tasu

 

格納庫 AorCサーチ→ゴルガジェNS効果→A or C SS→格納庫効果 B装備→二体でエクシーズツクヨミ→Bが墓地に行き効果 残りのA or Cサーチ→場の二体でエクシーズ ギアギガントX→ギアギガ効果 ギータスサーチ→ギータス発動効果 サーチしたA or Cを捨ててマイクスetc SS→墓地のABCを除外してABCドラゴンバスター SS

 

音響戦士を組み合わせる場合はギアギガからギータスをサーチ、効果を発動することによって手札に残ったユニオンを墓地に捨てることができます。

マイクスは通常召喚権を一度増やす効果を持っている為、ここから更に展開も望める場合もあるかと思います。

 


 

s_kanni

 

簡易融合が手札にあるなら、マイクスをSSした後にパンツァードラゴンやメカザウルスをSSすることでインフィニティもSSできます。

簡易融合のレベル4の枠に光属性 or 機械族がいればより便利なことにもなったのですが、現状レベル4でマッチするモンスターはいないようです。

 

トランスターン+格納庫でABCとインフィニティ

 

s_toransuta-n (2)

 

格納庫発動→AorCサーチNS→格納庫でB装備→トランスターン銀河戦士SS→銀河戦士効果 銀河戦士サーチ→B効果発動 AorCサーチ→手札銀河戦士効果 AorC切って銀河戦士SS→墓地のABC除外でABC→銀河戦士2体でエクシーズインフィニティ

 

手札2枚からインフィニティ+ABCドラゴンバスターを立たせることのできる展開です。

前回の記事にて、ななしさんから教えて頂きましたm(_ _)m

これはかなり強い気が・・・。

 

コケコッコ+チキンレース+エンシェント

 

s_kokekokko

 

レベ3チューナーとして手札からSSできるこけコッコ+ABCユニオンでエンシェントを作り、チキンレースを割って格納庫をサーチ→エンシェント効果で格納庫からサーチしたユニオンをNSして格納庫効果で残りユニオンサーチ。(2016/07/16追記)

こけコッコ便利ですねぇ・・・。

 

盤上の組み合わせ的にはABCとインフィニティが有力?

 

saiba-doragon infinitexi

 

ABCは手札一枚のフリーチェーン除外やサクリファイスエスケープがあり、単体でも強力なカードですが、動きの中で同時にインフィニティを立たせられる可能性が高いというのもデッキの大きな利点となっているようです。

 


 

a asarytijia

 

一時期の環境下で性能は周知の通り、素で立っても厄介なインフィニティは、今回はABCユニオンのサポートも噛み合っていて、各種耐性(+身がわりの破壊耐性)をつけることも可能に。

ユニオンを何枚つけれるかは裁定待ちですが、裁定次第ではモンスター・魔法・罠効果が効かないどうしようもないインフィニティを立たせるチャンスもあります。

 


 

gingasensi

 

手札消費が激しいものの、比較的容易にインフィニティを立たせることのできる銀河戦士がいて、これでインフィニティをSSする場合は召喚権も残るので、ABCユニオンをNSしてそのまま装備する機会も結構ありそうです。

相手ターンにサクリファイスエスケープした後のABCユニオンをそのまま用いることも。

手札コストに光属性モンスターが必要なので、インフィニティを立たせられる状況までもっていけば墓地にABCがほとんど揃ってることにもなりそうですがが・・・!

ソーラーウィンドジャマーさんとの組み合わせもよさそうですね~。

 


 

beigomakkusu

 

規制が危ぶまれるベイゴマさん率いるスピードロイドも機械族。

レベルの操作が容易なので結構相性はいいかもしれませんね。

 

ユニオンはどんなデッキになりそう?

 

abc

 

現状、切り札を早い段階で出しつつの先行制圧型デッキになりそうな印象。

ドラゴンバスターは一度出せるとサクリファイスエスケープも相まって処理が難しく、除去効果が除外なので、そのあたりで独特の強みが出せそうです。

一度ABCが立つと処理がしずらい上に、返しで処理が出来ない場合ABCが2体に増えてしまったりします。

格納庫の②の効果が相手ターンにも使える(=ABCが逃げると復活+αの準備ができる)のがえげつない・・・。

 


 

fresia

 

ランク4といえばフレシアもいますし、その他いろいろな便利モンスターもいるので、臨機応変な戦い方もできそうな予感。

ユニオン格納庫がある状態で相手ターンのエンドフェイズ時にABCを分解すれば、場に3体のレベル4と、特殊召喚可能な装備状態のユニオンが揃うのも強いですね。

 

ABCの対策(メタ)は?

 

sisutemudaun

システムダウン

通常魔法

1000ライフポイントを払う。相手フィールド上と相手の墓地の機械族モンスターを全てゲームから除外する。

昔から使われそうで使われない対機械族強力メタなシステムダウンは、たとえ場にドラゴンバスターが出ていようと、そうでなかろうと、問答無用でABC関連のリソースを削ることができるので効果はありそうです。

メタが局所的すぎるので、サイド投入が実用的かどうかはこのデッキの活躍次第でしょうか。

後はフォートレスなどなど。

 

エクストラが圧倒的に強いデッキになるので、汎用的にはSSメタで対策をしていきたいところですね~。

 


 

 rava go-remu

しかし一度ABCやインフィニティを立たせられると・・・orz

2体のモンスター効果にABCユニオンの耐性付与も相まって、真向から対峙すると処理できない状況も多々ありそうな印象。

最近は青眼の精霊龍、メタルフォーゼが立たせるエクストリオやユニコーン、幻影彼岸のベアトと、公開情報でも立ってれば強いというモンスターがメタの主流になっている感じがあるので、リリース除去があれば便利かもしれませんね~。

そういう意味では今年の秋頃に怪獣が来るので、ちょっと楽しみだったり。

そんなこんなで、ABCのメモでございました。

幾分かのご参考になれば幸いですm(_ _)m


スポンサーリンク