【遊戯王カード考察】『妖精伝姫-ターリア』について

シェアする

こんにちは、フルハです。

今回は、前回の記事で出てきた『妖精伝姫-ターリア』についての考察です。

妖精伝姫ターリアについて考察

リバース レベル4 光属性 魔法使い族 攻1850 守1000

「妖精伝姫-ターリア」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。
手札からモンスター1体を特殊召喚する。
(2):相手が通常魔法・通常罠カードを発動した時、このカード以外の自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
その効果は「相手フィールドの表側表示モンスター1体を選んで裏側守備表示にする」となる。

最近珍しいリバースモンスターですが、リバース時の効果以外にも相手の通常魔法・通常罠の効果を書き換える効果を持っています。

同じく妖精伝姫に類するシラユキも効果を2つ持っていることから、今後の妖精伝姫も効果を2つ持つことが予想されます。また、レベル4の光属性で攻撃力1850、守備力1000というのも一致しているため、こちらも今後妖精伝姫が出るときには引き継がれていきそうです。

それを考えると現在シラユキに比べ相場が低いターリアは、今後出る妖精伝姫や他のカードとのシナジーによる相場が上昇に備えて、3枚確保しておくのが無難かもしれません。

アーティファクトとの相性について

(1)のリバース時の特殊召喚効果は、ゴブリンドバーグやブリキンギョと違いレベルの制限がないため、上級モンスターも特殊召喚できます。

これにより自身で割るカードがなくとも相手ターンに特集召喚できるので、AFを安全に特殊召喚して効果を発動することが出来ます。ターリアがセット状態で相手ターンに増殖するGの効果でドローしたカードがAFだったとしても、そのまま特殊召喚に繋げることが出来るので、手札にAFを抱えていても状況に合わせて任意のAFの特殊召喚に繋げられます。

比較的安全に後続を展開できる

戦闘によりリバースした場合は、ダメージステップに効果を発動するため特殊召喚したモンスターが奈落の落とし穴や激流葬を食らうことなく、安全に効果まで繋げることが出来ます。

ダメージステップでの効果のため、これを無効にするには速攻魔法の禁じられた聖杯やカウンター罠の神の警告や神の通告などしかありません。既にターリアの破壊が確定していても相手にカードを使わせることが出来るため、返しの自分のターンに後続を妨害札が少ない状態で展開できます。相手がターリアに妨害札を使わなかった場合は、そのまま展開に繋げられます。

妨害と攻撃にも繋がる効果

(2)の相手の通常魔法と通常罠の効果を書き換えて、自身の場のモンスターを裏側にする効果はアイティファクト−デュランダルの書き換えに似ていますね。

Pスケールのセットには使えませんが、効果を使う際にモンスターを1体リリースして1:1交換できて、ターリアが裏側になる状況ならば(1)の効果を使えるようになるためその後の展開にも繋がります。

モンスター1体のリリースは重い場合もあるため、そのコストに見合った強力なカードを書き換えていきたいところです。また、相手もこのカードの書き換え効果を意識するため、ここで駆け引きを強いることができます。

また、相手ターンに特殊召喚をして効果を使い終わったAFをリリース要因にしたり、緊急テレポートで幽鬼うさぎを呼んで、リリース要員の確保+相手への牽制もできます。

試作デッキ:AF妖精伝姫(AFairy)

最後に試しに相性が良さそうなカードで作ってみたデッキを掲載して締めたいと思います。
※頭で考えたデッキでまだあまり回せていないので、試行回数を増やして調整が必要です。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございましたφ(^ー^)ノ