【遊戯王 デッキ構築】セイクリッド(星痕搭載型) vol.10

シェアする

こんにちは。

先日、海外の方からTwitterでセイクリッドの構築について質問を頂きました。

質問してくれたお方(すみません、名前が読めませんでした)、ありがとうございました。

頂いた質問は、星痕を入れたセイクリッドについてです。

星痕は好きなカードで好んで使っていたのですが、「飽き」が来ないように不定期でデッキの構築を変えるようにしていたので、最近は試せていませんでした。

せっかくなので、作成した星痕型セイクリッドの構築を共有したいと思います。

星痕搭載型セイクリッド デッキ

セイクリッドの星痕とは?

セイクリッドの星痕 永続魔法
自分フィールド上に「セイクリッド」と名のついたエクシーズモンスターが特殊召喚された時、デッキからカードを1枚ドローできる。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

セイクリッドのエクシーズモンスターが特集召喚された時に1ドローできます。

ターン1の制限はありますが、名前縛りではないため2枚発動した状態でセイクリッドのエクシーズを特殊召喚すると2枚ドロー出来る、というように効果が複数発動します。

プレアデスをSSして1ドローして、プレアデス効果で星痕を戻して再発動した後にトレミスになることで更に1ドロー出来ます。

そして、「セイクリッド」と名のついたエクシーズモンスターが特殊召喚なので、エクシーズ召喚である必要はありません。つまり、墓地から死者蘇生でSSした時にも1ドローが出来ます。

例)
セイクリッドの星痕×3枚発動、プレアデスSSで3枚ドロー。
プレアデス効果で1枚の星痕を戻して再発動してトレミスになると更に1ドロー。
計4枚のドローです。

相手ターンでも自身の効果で妨害出来るモンスターを立てながら、手札の補充も出来るという点も当時セイクリッドというテーマを選んだ理由の1つです。

星痕搭載型セイクリッド デッキレシピ

増殖するGを3枚、強欲で貪欲な壺を3枚、セイクリッドの星痕を3枚と計9枚のドローカードを投入しました。サーチカードも増援やラグナゼロでのドローも狙える禁じられた聖杯、エクストラのツクヨミなども含めるとかなりの枚数がデッキを圧縮してくれるカードになります。

スーパードロー暗黒界というデッキがありますが、そんな感じです。

セイクリッドの星痕と強貪を絡めるとかなりデッキを掘ることが出来ます。
基本的に、最初に立てたプレアデスをセイクリッドの星痕や強貪、増殖するGで引いた罠カードや手札誘発で守りながらゲームを進めていきます。

うまくいくとかなりドローが出来るので回していて楽しかったです(^ー^)

そして、こちらが銀河戦士を入れた型です。

1つ目の構築が1体のモンスターを手数を増やして守るのがコンセプトだったので、その立てるモンスターをもっと強くしようと思い、サイバードラゴン・インフィニティを立てられるよう銀河戦士を入れました。

銀河戦士のSSサーチ効果は一度使ってしまえば、残りの1枚は必要なくなって強貪の除外コストになってくれる可能性もあるので3積みです。

同じような理由でセイクリッドの星痕も3積みにしてあります。

ちなみに…

闇の護封剣の裁定が変わる前に考えていたのがこちらになります。

自分のターンに自分の攻撃を通したりと、プレアデスなどを守るためにサウラヴィスを試してみました。

確かに自分のターンにもモンスターを守れるのは良いのですが、それしか用途がないので優勢の時に腐りました。そこで、コンバットトリックにも使える聖杯に変えて更にラグナゼロでのドローも狙っています。

まとめ

その他にもガルドニクスを入れたセイクリッドについての話も出たので、そちらの方も作っていきたいと思います。

世界大会の中継を見ていたら銀河青眼なども作ってみたいと思ったところですが、やっぱりセイクリッドのことを考えるのも楽しかったです。

果たしてセイクリッド以外に手に馴染むデッキは存在するのでしょうか!?

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございましたφ(^ー^)ノ