Kozmo Tincan

 

タイトルは去年の今頃に書いた記事になんとなく合わせつつ・・・ですます。

 

先週の土日に友人とKozmoを組んで、「とりあえず純Kozmoの性能を見ようず」みたいな感じで遊んでみました。

自信はまだまだありませんが、「大体こんな感じ?」という印象は固まったので、よく使っていたカードの感想等をご報告致します~m(_ _)m

「これはちげぇ!」というのがあるかもしれません・・・なんせ難しくて(T-T)

 

ではでは、印象に残ったカードと動きの感想をご報告しますm(_ _)m

・・・いつもより文章が多めです(>_<)

 


スポンサーリンク


 

Kozmo 感想

 

Kozmo – ドロッセル

 

Kozmo ドロッセル

状況によってはエンドゲームに持ち込める程強いが、リクルで呼ぶのが望ましい?

 

ドロッセルの効果は戦闘を介して且つダメージを与えなければならないのですが、今のモンスタープールだと打点1500でダメージを与えるのは至難の技。大体ダイレクトからの発動となりました。

しかしこれだと初手で引き込んでもあまり嬉しいカードではなく。①のエスケープ効果以外、ダメージが通らなければバニラカードと変わりがないのが厳しいところ。

そのリターンというか、このカードのダイレクトが通った時の爆発力は凄まじく、通った時点で計4500、且つ中間にエルファイバーも含めると最大6700の打点。

そんなこんなで、NS目的ではなく、緊テレからの奇襲や相手に隙が出来た時のダークシミターの自壊リクルをメイン目的として使っていました。

 


 

%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%ab

 

場をこじ開けたい時にブラホ・激流葬等の全体破壊があると、大型一体破壊からドロッセルをリクルして攻撃を連打できるのですが、これは中々に強かったです。

大体中盤以降に相手がドロッセルを出してきたなら、かわせなければやられると思った方がいいかもしれません。それだけ殺気に溢れたカードでした。

相手の構えに依存する分初動で出しても安定しない為、無理に3積みする必要はあまりないかもしれません。トドメの一撃にさえ出せればそれで仕事はしたと言え、「有利を作るカードではなく有利を勝ちまで持っていくカード」だという印象を持ちました。

 

Kozmo – フェルブラン

 

Kozmo Tincan

初手で引き込みたい度ナンバーワン。サイキックKozmoの中では最も優秀。

 

汎神みたいな効果をしながら残りが墓地にいくのがヤバく、リビデが結果的に爆アドになったり、大型を安定して引き込めたり。

棒立ちのまま相手ターンを生き延びる可能性はかなり低めですが、スペルスピード2の効果を持っているため、引き込んだ大型を着実にssしていくことができました。

このカードのエンド時効果が通ると大型のSSをほぼ確定させてくれる上、後々の大型からのリクルで2枚目のフェルブランを持ってくることができたり。安定性の向上という面ではこのカードがKozmoの中で最も優秀な効果を持っていると思います。

 


 

ダークデストロイヤー

 

3枚の選択はシミター+αで、序盤の打点としてエクリプスも選択する場面が多かったです。状況によって引き込みたいカードが選べ、魔法・罠も選択できるので、行動の幅は広いと思います。

これは3積みをしたほうが安定性が増すと思います。

 

Kozmo – フォルミート

 

kozmo%e3%80%80%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%ab%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%88

優秀だけど条件付き・・戦艦を一度墜とす必要がある

 

効果は優秀なのですが、除外ゾーンからモンスターをSSする性能上、少し起動は遅めに。

ただし一度発動できた時のアドバンテージは大きく、大型の破壊時効果で攻撃後に様々な動きにもっていくことができたり。

初動で使うなら、デッキに闇の誘惑を積んで闇属性のKozmoを除外するか、封印の黄金櫃から引っ張ってくる形になると思います。

何かしらの動きが起こるまでは、できればデッキに眠っていて欲しいカードというか、なんというか。大体は一度使ったシミターをSSして打点力をアップさせ、ターン終了時の自壊によって大型やフェルブランを立てる使い方をしていました。

 

Kozmo – ダーク・エルファイバー

 

Kozmoll Dark Lady

出ると大体嫌なことになる器用な魔女

 

基本的に使っていた用途は2つ。

大型のリクルから持ってきて相手の効果を封じるか、ダイレクト可能時の仲介役(ex.ドロッセル→エルファイバー→シミター)になるかでした。

とりあえずリクル先に困ったらこれを立てることによって相手を牽制することができましたが、できれば手札に大型を準備してから立てたいところ。

 

Kozmo – ダークシミター

 

ダークデストロイヤー

抜群の安定感を誇る主力戦艦

 

任意発動で場合の破壊効果を持っているため、様々な場面で活躍できます。最初の仕込みがフエルブランだとするなら、シミターはコズモの盤上として基本的且つ理想的な目標点と言えるでしょう。

打点が高く、対象にとられず、かつ破壊されても控えを飛ばせるため、立っていると頼もしいことこの上なかったです。

 

Kozmo – エメラルドポリス

 

Kozmotown

張ってから割られるまでが仕事。でもこれ1枚では初動は成立しない。

 

早めにカードを除外出来れば理想的かと思います。

その為、黄金櫃や闇の誘惑で除外カードを増やすのもいい感じでした。

難しいのはテラフォとの枚数の兼ね合い。破壊されても同一カードをサーチできる性能上、テラフォが腐る場面が結構あったのが気になりました。

効果自体はやっぱり優秀で、場もちがよく、アドもとれ、スリップライダーからKozmoサーチにつなげることができるので、初手に引き込めれば一安心といったところでしょうか。

 


 

Kozmo ドロッセル

 

手札入れ替え効果は「あまり引きたくはないけど一定の状況では強い」カードを再びデッキに戻すことができるため、構築上にも影響を与えているものだと思います。ダークローズやドロッセルがピッタシ。

 

もっとも、このカードだけではどうすることもできないことも多く、手札入れ替えのドローがダメだと次のターンのワンチャンにまた賭けなければならなかったり。

引いて一安心できるカードであるのは間違いないですが、その安心がいつまで続くかは他のカードの引きによる、そんなフィールドカードでした。

 

Kozmo – エナジーアーツ

 

kozmojo

攻防兼ねる優秀トラップ

 

出した大型を破壊しつつの対象を取らない除外はかなり強かったです。大型を張ってるなら、素早く引き込みたい一枚でした。初手にフェルブランとこのカードがあるのは理想的で、安泰な場面になると思います。

対象を取らない除外効果を持ちつつも、大型を破壊しリクルを発動することワンショトを補助してくれるカードでもありました。攻防共に優れたカードな印象です。

Kozmoミラーだと先に打ったほうがかなり有利になります。

 

グリンドルとダークローズ

 

Kozmo Goodwitch

困った時の返し札

 

この2枚は劣勢時の返し(主にクリスティア等のSS封じ)と相手の猛攻に対するしのぎとして使用していました。お世話になる度はどっこいどっこいですが、このカード達に頼りたくなる場合は大体ピンチの時だといってよさそうです。

ダークローズは打点が高いというものの、アドが取れる効果は持ち合わせていないため、レベル5の大型がやられた際のリクル候補としてデッキに眠っておいてほしいカードでした。この狙いはタウンで比較的簡単に達成できると思います。

グリンドルは返しの為の保険・かつ平均的なサイキックKozmoに。

 

動き方(回し方)の所感

 

初手では何を引くのが強いか

 

Kozmo Tincan

 

初手に一番引き込みたかったのはフェルブランでした。

これは3積みして損はないと思います。OCGでは緊テレが元から制限な分、よりありがたみが増しているのかもしれません。序盤をより安定させたいならワンフォーワンを入れても良い感じに。

フェルブランが引き込めない場合は、多少のアドを失ってもサイキックから大型を出す方法を用意するのが妥当な印象。

フェルブラン(や除外カードがある状態のフォルミート)以外のサイキック族Kozmoだと、手札に大型も引き込んでいないと的になりかねないところもあって、初手ではフェルブラン or サイキックKozmo+機械族Kozmoが動く条件になるかと思います。

 


 

%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9

 

開始時の手札の印象を箇条書きにすると大まかにはこんな感じに。

 

・フェルブラン・・・ヴェーラー等を打たれない限り安泰

・フェルブラン+モジョ・・・万全に近い。リクルできる大型を用意する。

・フェルブラン+リビデ・・・これもかなり強力。

・封印の黄金櫃(or闇の誘惑+闇属性大型)+フォルミート・・エンド時自壊に併せてフェルブランをSSすることでフェルブラ1枚時以上の構えが可能になる。

・その他サイキックKozmo+大型・・・まだ動ける線

・その他サイキックのみ or大型のみ・・・動けない、あるいは動かないほうがいい。

 

ダークローズを多数採用するならより防御が固まるかもしれませんが、元々の狙いを考えると難しいところかもしれません。

 

リクルの動線意識が重要

 

kozmo%e7%b7%9a

Tincan様様

 

理想的だと思った初動からのリクルート線を絵に表すとこんな感じに。(こんな柄のセロハンテープを延々と引っ張っていくイメージで場の安定を図ってました。)

もちろん、この間のリクルートをすっ飛ばしてダークシミターからフェルブランにいって初動を安定させたり、ドロッセルにいってゲームを終わらせたり、スリップライダーでポリスを割ってサーチに繋げたりと、色々な動きができるかと思います。

 


 

ダークデストロイヤー

 

結局のところ、純Kozmoは使うにしても対抗するにしても、メタを張られない(張れない)限り、リクルの動線を意識しつつ有利をとっていかなければならない印象でした。

自分で使っているならどこで有利をとる行動をやめて再度準備段階に入っていくのか、相手にしているならどこで相手が弱るのか・・・大体はスリップライダー等のレベル5が瀬戸際かと思いますが、下手に大型を破壊すると一足飛びでフェルブランをSSされて体制を整えられたりします。

倒せるからといって倒すべきとは限らず、これは状況に依りそう。

 

リビングデッドが強い

 

%e3%83%aa%e3%83%93%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%87%e3%83%83%e3%83%89%e3%81%ae%e5%91%bc%e3%81%b3%e5%a3%b0

 

リビングデッドはこのリクル線の予想を壊して突如大型を登場させる強力な蘇生カードです。フェルブランの墓地肥やしから入る動き上、Kozmoの墓地肥やしはエンドフェイズに寄っているので、死者蘇生より相性が良い感じでした。

Kozmoのリビデはたとえ破壊されたとしても1:1以上を成立させる性能になっているので、ガン積みでもいいかもしれません。

 


 

Kozmo Tincan

 

初手にフェルブラン+リビデがある場合は、フェルブランでシミターを選択することによって、フリーチェーン除去一回分を確実に用意することができます。この構えではシミターを自壊させたり、横に並んだ大型を破壊したりすることでも様々な形に持っていくことができるため、かなり便利でした。

 

最後に簡潔にイメージをば。

 

s_kozmo%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%83%e3%82%af%e6%97%8f

 

よく使ったサイキック族のイメージと

 


 

s_%e3%82%b3%e3%82%ba%e3%83%a2%e6%a9%9f%e6%a2%b0%e6%97%8f

 

大型のイメージはこんな感じ。

エルファイバーはサイキック族ですが、大型として捉えたほうがやりやすいかと思います。

 


 

Kozmo ドロッセル

 

というわけで、Kozmoの感想でございましたm(_ _)m

うーん、動かすのは中々難しいですが、動かし方も色々あり、楽しいテーマだと思います。

日本に上陸してまだ2・3日なので、これから回し方や構築も固まってくるでしょうね~。

まだまだ練習の日々が続きそうです・・・!

 


スポンサーリンク