%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%82%aa%e3%82%af%e3%83%88

 

フュージョン・エンフォーサーズにてファーニマルに新規カードが2枚登場!

今回の新規はどちらもファーニマルにうれしい効果になってますね~。

 

というわけで、今回はファーニマル・オクトをご紹介しますm(_ _)m

 


スポンサーリンク


 

ファーニマル・オクト 考察・評価

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%82%aa%e3%82%af%e3%83%88

ファーニマル・オクト

 

効果モンスター

星1/水属性/天使族/攻 800/守 800

「ファーニマル・オクト」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、 自分の墓地の「ファーニマル」モンスターまたは 「エッジインプ」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。

(2):このカードが「デストーイ」融合モンスターの融合召喚の素材となって墓地へ送られた場合、 除外されている自分のモンスターを2体まで対象として発動できる。 そのモンスターを墓地に戻す。

 

 

ファーニマルにありがたい2つのリカバリー能力!

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%82%aa%e3%82%af%e3%83%88

 

①はNS・SS時にファーニマルorエッジインプを手札に戻す効果。 どちらを回収するにしてもリソース不足に陥りやすいファーニマルとしては有難い効果ですね~。

 


 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%83%89%e3%83%83%e3%82%b0

 

ファーニマルを戻す場合はドッグやベアーを、エッジインプを戻す場合は融合素材として必要不可欠なシザーを戻すのが良いでしょうか。エッジインプの場合は間接的にSSできるシープもいるので、シープを手札に戻してSSし、効果でオクトを戻してエッジインプSSという形をとるのもいいかもしれませんね。

 


 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%97

 

ただファーニマル内の貴重なNS件を消費してしまう為、この1枚のみから更に展開!という動きは取りづらそう。融合や素材を回収するキャット・ラビットや盤面の素材を増やせるシープ等を手札に戻して、融合を繰り出していく動きも安定しそうです。

 


 

%e3%83%88%e3%82%a4%e3%83%9d%e3%83%83%e3%83%88

 

どちらを戻すにしても、トイポットとのコンボにつながりやすいのもよさげですね~。

墓地シザー効果を使ってこのカードや手札に戻したファーニマルをデッキトップに戻したあとにトイポット効果を発動すれば、さらなる展開が期待できるのもうれしいところです!

 


 

ブリリアントフュージョン

 

ウィングを墓地に落とす用途でブリリアントフュージョンを採用していれば、セラフィの効果によりNS権が二回に増える為、このカードからも展開しやすくなりそうです。

 


 

%e9%ad%94%e7%8e%a9%e5%85%b7%e8%9e%8d%e5%90%88

 

②は融合素材となった時、除外された自分のモンスターを2体まで墓地に戻す効果。これは魔玩具融合後のリソース回復に役立ちそうですね~。

ただ、このデッキが魔玩具融合を打った時は、割とゲームが終わる時になりやすいので、これは保健用と考えるべきでしょうか。

 


 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

 

ファーニマルの序盤の理想的な動きであるベアー→ウィングでのトイポッドの動きで除外される2枚のファーニマルを墓地に戻すこともできるので、後々の動きを何らか形でサポートしてくれそうですね~。

 


 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%82%aa%e3%82%af%e3%83%88

 

今までファーニマルはトイポッドから始まる強烈な展開でのワンキルがメインでしたが、その動きは一方通行で、リソースが徐々に減っていく傾向にありました。

このカードの登場で、リソースを保持しつつ耐える動きもできたらいいな~と思ったり。

 

次回はもう一体の新規、ハケーン・クラーケンをご紹介します~m(_ _)m

 


スポンサーリンク