%e6%8d%95%e9%a3%9f%e6%a4%8d%e7%89%a9%e3%82%aa%e3%83%95%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%bb%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%94%e3%82%aa

 

次元箱の全ての新規カードのご紹介が終わったので、これからは来年1月14日発売されるマキシマム・クライシスや、今年12月に先行販売されるPP19のカードの考察に移りたいと思いまっす!

というわけで、今日はMACRにて収録される捕食植物オフリス・スコーピオをご紹介。

ダーリングコブラとのコンボが一際優秀ですが、ひとまず捕食テーマで考察してみますm(_ _)m

 


スポンサーリンク


 

捕食植物オフリス・スコーピオ 考察・評価

 

%e6%8d%95%e9%a3%9f%e6%a4%8d%e7%89%a9%e3%82%aa%e3%83%95%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%bb%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%94%e3%82%aa

捕食植物オフリス・スコーピオ

星3/闇属性/植物族/攻1200/守 800

「捕食植物オフリス・スコーピオ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、 手札からモンスター1体を墓地へ送って発動できる。 デッキから「捕食植物オフリス・スコーピオ」以外の 「捕食植物」モンスター1体を特殊召喚する。

 

手札1枚をコストに捕食リクルート!

 

%e6%8d%95%e9%a3%9f%e6%a4%8d%e7%89%a9%e3%82%aa%e3%83%95%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%bb%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%94%e3%82%aa

 

効果はシンプル、手札からモンスターを一体墓地に送って捕食植物をSSするもの。

現在の捕食植物だと、キンジーを筆頭にフィールドに出したいカードが多いので、結構ありがたい効果ですね~。概ねサモンプリーストのモンスター版と考えればいいでしょうか。

 


 

%e6%8d%95%e9%a3%9f%e6%a4%8d%e7%89%a9%e3%80%80%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a6%e3%83%bb%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%bc

 

効果的にはキンジーをSSしてそのまま融合召喚したり、ディオネアをSSして更なる展開に繋げたり、後はヒドラを墓地に送りたい際に間接的に用いたりと、幅広い活用ができそうです。

キンジーのほかに、セラセニアントもあり・・・?

%e6%8d%95%e9%a3%9f%e6%a4%8d%e7%89%a9%e3%80%80%e3%82%bb%e3%83%a9%e3%82%bb%e3%83%8b%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%88

 

他方ではセラセニアントをSSして、墓地の捕食惑星で融合するのもありでしょうか。

このカード自体はアドバンテージを稼ぐ効果ではありませんが、これまで展開力に疎かった捕食植物内で、間接的・直接的にアドを取るモンスターをSSできるのは嬉しいですね~。

 


 

%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%87%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc

 

そこからアントを融合素材として墓地に送り、プレプラをサーチして場を整えたり、接ぎ木をサーチして返しを控えたり。

捕食植物は墓地蘇生が充実しているテーマでもあるので、スコーピオの効果で手札から送ったモンスターも比較的容易に蘇生できるかもですね~。

 


 

%e3%82%a8%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%88%e3%83%b4%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%bc

 

この手のカードの天敵としてエフェクトヴェーラーがいますが、最近だとあまり見ないかも・・・?

しかし、捕食植物のメインモンスターは全体的にヴェーラーに弱いところがあるので、気を付けたいところです。

そして最強の相方が登場・・・!

%e6%8d%95%e9%a3%9f%e6%a4%8d%e7%89%a9%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%bb%e3%82%b3%e3%83%96%e3%83%a9

 

そしてこのカードの相方とも言えるカードも登場!

このカード、かなり危ない感じがします・・・!

というわけで、次回の考察ではダーリングコブラをご紹介します~m(_ _)m

 

ではでは!

 


スポンサーリンク