%e6%8d%95%e9%a3%9f%e6%a4%8d%e7%89%a9%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%bb%e3%82%b3%e3%83%96%e3%83%a9

 

前回に引き続き捕食植物の新規カードをば!

このカード、捕食によくある初期の頃の絵柄と似たような感じではありますが、効果はちゃっかり9期級・・・!

 

というわけで、今回は捕食植物ダーリング・コブラをご紹介致しますm(_ _)m

 


スポンサーリンク


 

捕食植物ダーリング・コブラ 考察・評価

 

%e6%8d%95%e9%a3%9f%e6%a4%8d%e7%89%a9%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%bb%e3%82%b3%e3%83%96%e3%83%a9

 

星3/闇属性/植物族/攻1000/守1500

「捕食植物ダーリング・コブラ」の効果はデュエル中に1度しか使用できない。

(1):このカードが「捕食植物」モンスターの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。

新たな出張カード!?

 

%e6%8d%95%e9%a3%9f%e6%a4%8d%e7%89%a9%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%bb%e3%82%b3%e3%83%96%e3%83%a9

 

これは凄いカードが登場しましたね・・・!

効果は捕食植物のモンスターの効果でSSされたとき、デッキから融合orフュージョンカードをサーチ。

 


 

%e6%8d%95%e9%a3%9f%e6%a4%8d%e7%89%a9%e3%82%aa%e3%83%95%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%bb%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%94%e3%82%aa

 

SSの元となるのは前回の記事でご紹介したスコーピオが筆頭で、あとはディオネアやコーディーもいけますネ。スコーピオからSSした場合、フィールドにレベル3のモンスターを2体揃え、かつ融合系カードのサーチが可能です。

 


 

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%b4%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc

 

最初のレベル3を二体そろえる動きだけでも、今の遊戯王では嫌な予感がしてしまうものかも・・・。インヴォーカーからのモルモルモルはもう皆さんかなり見慣れた光景だと思います(- -;)

 


 

%e5%8d%81%e4%ba%8c%e7%8d%a3%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%b3

 

十二獣にはブルホーンがいるため、モルモルした後にブルホーンで月光黒羊をサーチすれば、融合をサーチすることもできますね~。

サーチ先も豊富・・・!

%e6%8d%95%e9%a3%9f%e6%a4%8d%e7%89%a9%e3%82%ad%e3%83%a1%e3%83%a9%e3%83%95%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%82%a2

 

そしてさらに強いのがSS後の効果。なんとラフレシアが持っている効果と同じく、融合・フュージョンカードを一枚サーチすることができます!デュエル中に一回の効果とはいえ、サーチの幅がかなり広いので強力な効果ですね~。

ラフレシアが墓地に送られた次のスタンバイフェイズなのに対して、こちらは即座にサーチできるため、より能動的な動きができそうです。

 


 

ブリリアントフュージョン

 

サーチ先にはブリリアントフュージョン・簡易融合・融合回収、そしてMACRに収録される超越融合等、優秀なカードが目白押し!

特にブリリアントフュージョンと超越融合は更なる展開が期待できる為、よくサーチされることになりそうです。

 


 

%e5%8d%81%e4%ba%8c%e7%8d%a3%e3%80%80%e3%83%a2%e3%83%ab%e3%83%a2%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%88

 

このカードが登場した後は、捕食食物はスコーピオ+手札モンスター一枚で今までにない展開力を発揮できそうですが・・・それは他のテーマも同じ。

十二獣+aや融合召喚での展開ができるこのカードは、色々なテーマで出張キットとして活用されそうな予感がします。

(捕食植物にのみ絞るのなら、手札コストを捕食植物に限定してもよかった・・・かも・・・?)

 


 

%e6%8d%95%e9%a3%9f%e6%a4%8d%e7%89%a9%e3%82%aa%e3%83%95%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%bb%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%94%e3%82%aa

 

ただし、捕食植物は、現在のところデッキか墓地(コーディー)からしかモンスターをSSできないので、このカードが手札にきてしまうと扱いづらくなってしまう欠点が。接ぎ木にも対応していたらありがたかったのですが・・・!

概ね出張する場合はスコーピオ3:コブラ1・2の割合になるかな?と思いますが、この辺りは手札に来ても問題なくSSできるタケトンボーグとは少し使い勝手が違いますね~。

小さな弱点を持ちつつもポテンシャルは十分です!

%e6%8d%95%e9%a3%9f%e6%a4%8d%e7%89%a9%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%bb%e3%82%b3%e3%83%96%e3%83%a9

 

デュエル中一度しか使えない強力な効果を持ちつつも、出張するのであれば手札に来ないことを祈らなければならないカード・・みたいな感じでしょうか。

比較的事故率は低そうですが、この小さな弱点が出張時にどう響くか、登場後の動きをみていきたいですね!

私はひとまずブリリアント型のマドルチェに出張させてみようかな、と思ってます~。

 

ではでは!

 


スポンサーリンク