【遊戯王】 「星杯」 テーマ紹介 通常モンスターからのリンクソリティア!その強さや如何に・・・!

シェアする

「星杯」テーマの回し方

「星杯」は非常にややこしい・難しいテーマだと思います。

リンク召喚におけるリンクマーカーの位置や、リソースの管理は勿論、このテーマで最大限にアドをとれる動きをする場合はチェーン処理も適切な形で念頭に置いておかなければなりません。上級者向けのデッキと言えそうです。

全体的な狙い

そんな「星杯」を見る際、まず念頭に置きたいのは「星杯」リンクモンスターにおける共通効果です。通常モンスター1体からSSできる《星杯竜イムドゥーク》を筆頭に、「星杯」リンクモンスターにはすべてフィールドから墓地へ送られた場合手札から「星杯」モンスター1体をSSする効果がついています。


これは①「リンク召喚を行う際に素材が墓地に送られること」、②「リンクモンスターのLINK数値がそのまま素材数として扱えること」が念頭に置かれている効果で、この効果を用いることで手札の「星杯」をリンク召喚の度にSSし、素材として利用、そしてまたもやリンクモンスターの効果で「星杯」をSSし・・・と階段状にリンク召喚が可能なデザインになっています。


勿論これだけの動きだと手札消費がヤバイことになるので、この展開にプラスしてアドを得られるカードをはさんだり着地させたりして優位をとっていきます。手札と場に大量の素材を稼ぎつつ、階段リンクで展開する、これが「星杯」の簡単な狙い・動きです。

(動画見たときは星遺物もアースもいなかったのでどうなることかと思いました)

着地点

この動きの途中で得られるアドバンテージはあとにおいておいて、先に着地点を見てみましょう。「星杯」における着地カードは現在のところ、《星杯戦士ニンギルス》です。

このカードはほぼ確実な1:1交換性能を持っている上、リンク召喚成功時に上・左・右のリンクマーカーに星杯モンスターがいる場合、その枚数分だけデッキからドローできる効果を持っています。


打撃はそこそこですが、突破力としては強力な部類で、かつアドバンテージを得る能力を持っている為、大体の状況を打破できますネ。しかしこのカードだけを着地させたとしてもそれは単なる1:1交換にしかならないため、いかにドローする盤面を整えるかがカギとなります。

《星杯戦士ニンギルス》のLINKは3、かつドローをする場合のモンスター数が2ドローの2と設定すると、この展開上で必要な素材数(あるいは潜在的に必要な素材数値)は「5」です。従って「星杯」においてはいかに素材を用意し、この盤上を整えるかが動きの大きな課題となるでしょう。


先ほど潜在的な素材数値といいましたが、これは蘇生関連でリンクモンスターを蘇生させた場合に起こり得る潜在的なアドのことです。

例えば《デコード・トーカー》を死者蘇生でSSした場合のことを考えると、使用したカードの枚数が1なのに対し、得たLINK素材数値はLINK3分の「3」になります。これはリンク召喚のシステム独自の面白さで、数量的なアドバンテージから離れた新しいアドと言えるかもしれませんネ。


尚「星杯」にもこの潜在的なアドバンテージを得られるカードは存在していて、それが《星杯剣士アウラム》ということになります。

《星杯剣士アウラム》は実質先の死者蘇生の例と同じ働きをすることができ、リンク召喚を連続して行った結果墓地にたまったリンクモンスターを蘇生することで、数値アドを得られるカードになっています。

いきつけの回し方でちょっと寄り道をすると数値アドが得られる場合もあるので念頭に置いておくといいかもですね。後《星杯戦士ニンギルス》の効果で最大ドローを狙う場合もこのカードのリンクマーカーを用いることになると思います。

中盤の素材稼ぎ

長い説明になってしまいましたが、ここまでいけばあとは出発から終点までの間でいかにアドを稼ぐか、という話に絞ることができます。この中間地点で有用なのが《星遺物-『星杯』》、《星杯の妖精リース》、《星杯の守護竜》です。


《星遺物-『星杯』》はアドバンス召喚を通じて召喚し、フィールドから離れた場合、「星杯」モンスターをデッキから2体SSする効果を持っています。アドバンスの方法には《星杯竜イムドゥーク》の①の効果(二重召喚効果)を使うのがデフォになるかと思います。

《星杯竜イムドゥーク》をリリースして《星遺物-『星杯』》を出した場合、《星杯竜イムドゥーク》の効果により手札の「星杯」を一体SSできるので、これで盤上には《星遺物-『星杯』》と《星杯竜イムドゥーク》の2つの素材が準備できることになります。


今《星遺物-『星杯』》と素材でLINK2のモンスターを出したとしましょう。

《星遺物-『星杯』》はフィールドから離れたので、SS効果によりデッキから「星杯」モンスターを2体SSすることができます。ここで《星杯の妖精リース》、《星杯の守護竜》をSSすれば、リースによるサーチと、守護竜による後々の墓地SSが可能になります。


このように《星遺物-『星杯』》をリンク素材に用いた場合、カードに内蔵された素材数値的なものを考えると、素材に用いた2体のモンスターの数値はリンクモンスターに内在されたままで、まずSS時に星遺物の効果で素材+2、それからリース・守護竜の効果により更に+2を得ることが可能です。

合計で素材数値は6となり、この盤面上で《星遺物-『星杯』》が噛んでいるのは、総合的にはアドバンス差し引きの「5」分です。


《星杯戦士ニンギルス》ドロー効果で目指すべく設定した数値は「5」でしたから、いかにこの《星遺物-『星杯』》が「星杯」における展開の大きな軸を担っているかはハッキリしていると思います。


これで大体の説明が終わりました。長かった・・・。

まぁ、簡単に言うとLINKも含めた物量的なアドを取りまくって加速させるのが「星杯」です。

ぶっちゃけこれの詳細な動きを文字であらわすとワケがわからんので、この後は実際に触って動かしたほうが早いと思います・・・(- -;)

一応今分かっていることをご紹介すると、こんな感じの動きになると思います。

初手:通常モンスター2体(星杯1体込み)+《星遺物-『星杯』》


通常モンスター1体→イムドゥーク→イムドゥーク①効果→《星遺物-『星杯』》アドバンス→イムドゥーク③効果→通常SS→アウラム→《星遺物-『星杯』》効果→リース・守護竜SS→リース効果サーチ→リース守護竜でイヴSS→守護竜効果墓地通常SS→通常からイムドゥーク→アルラム(orイヴ)+イムドゥークで星杯戦士ニンギルス→チェーンブロック①ニンギルス②イムドゥーク→イムドゥーク効果処理サーチした星杯SS→ニンギルス効果処理2ドロー


結果:盤上ニンギルス+イヴ+通常1枚(orファイアウォール+イヴ),2ドロー,墓地《星遺物-『星杯』》

ニンギルスの効果を有効に活用する場合はチェーン処理が必要になるのでご注意をば。

うーん、色々試してみたんですけど、中々3ドローを少ない手札で可能にする動き方は見つからず・・・(- -;)

しかしまぁ、手札があればあるほど展開できるので、上振れの場合は色々できそうですね~。

ではでは次のページで「星杯」の強みを考えてみますm(_ _)m

コメント

  1. Chester より:

    デッキからのサーチ・特殊召喚、墓地のサルベージ・蘇生、星杯が墓地に行くと手札から星杯が登場するシステム、極め付けにニンギルスのドロー効果。
    かなーり高いポテンシャルを持ったテーマだと思います。バニラの酷使っぷりは【青眼】をも上回る勢いでしょうか。バニラサポートをどれだけ詰め込むかも難しいところかもしれません。
    しかしながら星杯モンスターはどれもレベルも種族もバラバラになっているのは、何かに特化させることを抑止する為でしょうか?種族サポートを受けにくくし、安直なエクシーズ召喚も困難となりそうですね。

    デッキの動かし方は難しそうですが、展開力は間違いなく高いテーマだと思うので、今後の活躍に期待ですね!

    • きょいち(管理人) より:

      全体的にかなりソリティア向けのテーマになっていますね~。
      今回登場したリンクテーマは軒並みレベルがばらばらになってますね。もしかしたらEMEmの時にエクシーズまで届いて、それが爆発力になってしまったことからの反省?なのかも・・・?
      リンクという新しいシステムに加えて、今回はいつもよりテーマのシステムに気が配られている印象です(>_<) 途中で止められなければワンショットまでいけるテーマなので強力なものになりそうです!

  2. ラララ より:

    やりたいことはうまく表現できないんですが「リンクモンスターを複数並べて一気に攻める展開デッキ」でいいんですかね?
    サーチ、サルベージ、デッキからss、蘇生など欲しいのは一通りそろっていますし、通常モンスターをメインに入れて事故ることと星遺物がないと一気に展開できないことですかね?
    モンスターのレベルと種族が違うのはイヴの素材とエクシーズができなくするためですかね?リンクモンスターは素材が基本的にゆるゆるなので
    レベルが違うので《未来への思い》が使えますがX召喚しないので4000ポイント失うのがネック
    今後も星遺物は増えるのでしょうか?『星杯』と違って名前に「星杯」とつかないので星杯サポートが受けられないので心配です

    最初のOCGリンクテーマがこれだと7月や10月はどうなってしまうのでしょうか……?
    個人的にはもっと汎用のリンクモンスターを出してほしい。通常パックに属性リンク1種類ずつだと全属性がそろうまでに来年までまたなくいけなくなる……(どうせなら途中でブンボーグみたいに2種類ずつと増やしてほしい)

    • きょいち(管理人) より:

      だと思います~。
      バニラから出発して大量のリソースを使いながら一気に展開しているタイプで、若干ファーニマルに似てるところがあるかな、という印象です。
      レベルが異なるのは恐らく仰る通りエクシーズへの対策かと思います。リンクテーマでエクシーズできるとリンクマーカーが作りやすい分だけ有利なので、その点を回避したのかもしれません。

      星遺物は恐らく7種類あって、各テーマごとに1つずつ当てられる感じになるんじゃないかな~と予想しています。
      星遺物が上位カテゴリーで、星杯はその中の一つって感じで、次の弾は機怪が来るかもとか(>_<) 抑えている部分はあるものの、これまでの流れ的に不安なところはありますね~・・・。 あんまり最初にリンクをしやすいテーマを出すと、後々の汎用リンクもリリースしづらくなりそうです(- -;)

  3. きょいちさんのファン より:

    聖杯は本当に背景など込みの全体的なイラストが好みな部類ですし、ソリティアできるとあってとても楽しみなテーマです
    今回の箱買いは星杯が無ければありえなかったと言えるほどです
    リース等込みで回している動画ではかなりの展開力を披露していました
    ただその中でもやばいと思ったのはGを打たれた時の動きでしたね…
    ファイアウォール込みとはいえ相手をデッキデスさせるほどの展開っぷりってやばくないですか…?(ならスティーラー返して!)
    妨害札も1枚や2枚では無理矢理踏み越えられるうえ、大量展開のメタでもあるGを逆利用されるかもしれない可能性があるというのも恐ろしいことですね…
    初動が作りやすいのも安定性の向上に大きな貢献をしていますね
    初めてのリンクテーマなので動かしやすいテーマが来るのでは?と思っていましたが、かなりややこしめのテーマに仕上がりましたね
    ソリティア大好きなのでうれしいと言えばうれしいですが
    イムドゥークあたりが追加でスーパーレアあたりになりそうなのが怖いですがなんにせよ発売が待ち遠しいです!

    • きょいちさんのファン より:

      いつも詳しく膨大な量でまとめていただいていますが、今回はそれすら上回るまとめありがとうございますとお疲れ様です
      きょいちさんの期待度の高さがひしひしと感じ取れますね笑

      • きょいち(管理人) より:

        労いのお言葉ありがとうございます(T-T)
        「星杯」はソリティアの面があるので、そのあたりも含め楽しみですw
        なんだかんだやっぱりブン回すのは楽しく、最近そういう動きがリンクでなかなかとれなかった反動もあるかもしれませんw

    • きょいち(管理人) より:

      何か「もうそろそろちゃんとリンクしたい!」とか「遊戯王といえばソリティア!」等の方面もカバーしつつ、面白いテーマになってますね!
      私も動画見てみたんですけどGの対応びっくりしましたw
      流石に毎回ああいう感じで回すまではいかなさそうですが、ゴードン1枚でも打っちゃうと星杯にG打つのちょっと怖いですね・・・(- -;)
      ソリティアする故にやっぱり慣れる必要があったりで、大会だと使うのがかな~り難しいテーマになりそうですw

  4. 名無し より:

    増Gに弱いどころか、打たれたら逆にデッキ切れ狙えますよ。

    • きょいち(管理人) より:

      みたいですね~。
      流石に初手から最低35枚のデッキをすっ飛ばすことは難しそう・・・?な気はしますが、テーマ内だけでGもワンチャン刺せるというのは面白いところだと思います!
      大会だとお互いに悩みそうですね、回すほうは「うまく回せるか」G打つ方は「やられるんじゃないか」みたいな。
      そういうのも含めて駆け引きもあるかもですね(.-_-.)

  5. AYBな鮫使い より:

    動画とか見てるとめちゃくちゃSSしてますよねこのテーマ。星遺物星杯抜きでも10回以上SSしてるんですがそれは…(増G打った相手にめちゃくちゃリンカーネーション打ってあげたい)。体験会行った友人が高確率でニンギルス2ドローから相互リンク1~2のファイヤーウォールが出せそうって言ってました(羨ましい)。そしてトワイライロライラ、星杯の巫女ちゃんetc…今回のパックはイラストアドの高いカードが多グェ…し、絞まってる!絞まってるって!

    • きょいち(管理人) より:

      めちゃSSしてますね~。
      なんだかんだ手札からモンスターを補充したりするたびにSSでき、しかもリンクモンスターの特性上盤上では無意味な動きでも動き続けられるので、色々恐ろしいです(- -;)
      G打ってデッキすっ飛んだ時はびっくりしましたw
      最終盤上は現状ファイアウォールとイヴとかになりそうですね。巫女ちゃんもイヴも問題なく活用できそうなので鮫さんのアドがすさまじいことに!w

  6. アクセルシンクロオオオオオ! より:

    現状星遺物が星杯一つな辺り恐らく追加の星遺物も来るんじゃないかと睨んでいますが今後のリンクモンスターの追加しだいでは第2の十二獣にもなり得るポテンシャルを秘めていると個人的に思っているテーマです。イラストが好みなのでぜひ追加来て欲しい(´-ι_-`)

    • きょいち(管理人) より:

      星遺物-星杯を見ていると、どうも「星遺物」という大きなカテゴリーの中の一つが「星杯」になっているのかな?と思ったり。
      次の弾で登場する星遺物はテキスト欄に登場していた機怪のモンスターかも・・・!
      とにもかくにも星杯はかなりソリティア力を持っているので、今後の新規にも期待ですね!出来ればLINK4が来てほしいです・・・!