【遊戯王】「クローラー」はどんなデッキに?今のところの動き方と弱みは? (雑記)

シェアする

サーキット・ブレイク (CIBR)にて新テーマ「クローラー」登場!

なかなかカッコいい見た目をしつつ「星遺物」のテーマのようで、設定だけでも惹かれるテーマですね・・・!

今回は「クローラー」の現在判明しているカード達を追いつつ、雑記を書いていこうと思います~。テーマ紹介や海外の反応はまた後日!


【スポンサーリンク】

「クローラー」カード一覧

クローラー・アクソン

リバース・効果モンスター

星2/地属性/昆虫族/攻 500/守1800

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがリバースした場合、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。

(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。 「クローラー・アクソン」以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する (同名カードは1枚まで)。

クローラー・スパイン

リバース・効果モンスター 星2/地属性/昆虫族/攻 300/守2100

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがリバースした場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊する。

(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。 「クローラー・スパイン」以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する (同名カードは1枚まで)。

クローラー・デンドライト

リバース・効果モンスター 星2/地属性/昆虫族/攻1300/守 600

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがリバースした場合に発動できる。 デッキからモンスター1体を墓地へ送る。

(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。 「クローラー・デンドライト」以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する (同名カードは1枚まで)。

星遺物-『星鎧』

効果モンスター星7/闇属性/機械族/攻2500/守2500

このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):モンスターが反転召喚に成功した時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。

(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「星遺物」カード1枚を手札に加える。

(3):通常召喚したこのカードが存在する場合、EXデッキから特殊召喚された相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターとこのカードを持ち主の手札に戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。

エクスクローラー・シナプシス

リンク・効果モンスター

リンク2/地属性/昆虫族/攻1800

【リンクマーカー:左/右】地属性モンスター2体

(1):このカードのリンク先の「クローラー」モンスターは戦闘では破壊されず、攻撃力・守備力が300アップし、1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。

(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、自分の墓地の「クローラー」モンスター2体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。

エクスクローラー・ニューロゴス

リンク・効果モンスター

リンク2/地属性/昆虫族/攻1900

【リンクマーカー:左/右】昆虫族モンスター2体

(1):このカードのリンク先の「クローラー」モンスターは戦闘では破壊されず、攻撃力・守備力が300アップし、相手モンスターと戦闘を行う場合、相手に与える戦闘ダメージは倍になる。

(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、自分の墓地の「クローラー」モンスター2体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。

エクスクローラー・クオリアーク

リンク・効果モンスター

リンク2/地属性/昆虫族/攻2000

【リンクマーカー:左下/右下】「クローラー」モンスター2体

(1):自分フィールドの「クローラー」モンスターの数によって以下を適用する。●2体以上:自分フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は300アップする。●4体以上:相手はバトルフェイズ中に効果を発動できない。●6体以上:自分のモンスターは直接攻撃できる。

(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、自分の墓地の「クローラー」モンスター2体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。

星遺物に差さす影

フィールド魔法

(1):フィールドの「クローラー」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。

(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。手札からレベル2以下の昆虫族モンスター1体を表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。

(3):自分のリバースモンスターが相手モンスターとの戦闘で破壊された時に発動できる。その相手モンスターを墓地へ送る。

星遺物の傀儡

永続罠

このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

(1):自分フィールドの裏側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを表側攻撃表示または表側守備表示にする。

(2):自分の墓地の「クローラー」モンスター1体をデッキに戻し、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを裏側守備表示にする。

「クローラー」の所感

クローラーの名前の元ネタはエクスプローラー+ネット上の検索botのようですな。メインとなっているクローラーというのは検索上でウェブサイトを徘徊するプログラムで、サイトの内容を読み込んだり、サイトを評価したりするものです。ブロガーとしては切ってもきれない関係というか、意識せざるを得ない部分もあるプログラムであったり。


さてさて、そんな「クローラー」、カテゴリー的には「星杯」と同じく「星遺物」関連のテーマらしく。どうやらクローラー達が「機械蟲」と呼ばれる者たちらしいですね。

ともかくこれで「聖遺物」を糧とするアウラムの打点も上げやすくはなりましたが・・・カード上のシナジーは見当たらないのでこのあたりは今後に期待しつつ。


「クローラー」はカード的には昆虫族・リバーステーマで下級は総じてリバースによるフィールド破壊+表側表示に相手に除去されるとアド、リンクモンスター側は戦闘補助と破壊された時に墓地の下級クローラーを裏側で2体蘇生する効果の模様。

クオリアークを見た時はシャドール的な墓地発動効果もあるのかな、と思っていたのですが、どうやら今のところ主な除去は下級のリバースに頼る効果になっているみたいですね~。


リンクモンスター側の墓地クローラーSS効果が「相手の効果によりフィールドから離れた場合」とかなり緩いのが特徴的で、リンクを繰り返しながら墓地蘇生とそれのリバースからアドを稼いでいき、雪玉式にフィールドのクローラーを増加させていくのが動きのコンセプトのようです。

カッコいいけど初動関係が心配

このテーマを作るにあたって今のところ念頭に置きたいのは初動関係でしょうか。何にせよフィールドや墓地に2枚以上のクローラーがいないと、人喰い虫的なリバースモンスターになってしまうので、早期にクローラー達を墓地に送る手段が必要そうです。


一度墓地を整えればリンク召喚によるアドバンテージが稼げるものの、このテーマはリバース故の遅さに加えて初動でエンジンが掛かりづらいのが難しく、ここを解消するカードが登場しないかな~と期待していいます。

汎用ならばおろ埋が代表的、テーマ内での墓地送り効果は《クローラー・デンドライト》のみですが、このカードで1枚の下級クローラーを墓地に送ればリンクでのアド取りの準備も整いそう。


リバースモンスターは効果の発動をしその効用を得るまでにターンのラグがあるため、ここを処理しない限り初動の動きで押し負けてしまうのではないかという懸念はあったり。

新しく判明した《拮抗勝負》で、低速のテーマでも情報上での脅威を相手に与えることができるようになったのはかなり大きいものの、今の段階だと概ね初ターンはリバース効果の発動を狙うことに腐心しなければならないため、付け入られるスキが大きいのが心配です。

(《拮抗勝負》に関しては明日更新予定でっす)


《ワーム・ベイト》

効果詳細

通常魔法

自分フィールド上に昆虫族モンスターが表側表示で存在する場合のみ発動する事ができる。自分フィールド上に「ワームトークン」(昆虫族・地・星1・攻/守0)2体を特殊召喚する。このカードを発動するターン、自分はレベル3・4のモンスターを召喚・特殊召喚する事はできない。

現在《ワーム・ベイト》が注目されているようで、初動には寄与できないものの、条件が整った後の動きとしては確かに強力なカードだと思います。

こういう点で、現在クローラーデッキにおいて出来るだけ早く、確実に墓地に2体のクローラーを送る手段を探していたりします。この点さえクリアできれば、リンク召喚からの墓地蘇生のアドでいい感じに立ち回れそう。


ただこの点は探してみても汎用ではおろ埋や若干無理やりなブリリアントフュージョンぐらいしか見当たらなかったので、テーマの欠点としてみてもいいかもしれませんね。シャドールと共存すればリバース共有とシェキナーガを融合する際の墓地送りができますが、はてさて。

《星遺物に差さす影》

フィールド魔法はこの遅さの部分を一応なりとも補っているのが好印象。場合によっては手札の消費を無視してもエクスクローラーを立てた方がよいのかもしれません。

他方、フィールド魔法はリバースをせずともモンスターを除去できるを持っているため、貼っていれば表側のクローラーでも相手に①モンスターが除去されるのを認めつつクローラーを攻撃する ②効果で処理してリバース効果を持つクローラーを増やす、という嫌~な2択を迫ることができる様子。

今回は積極的にアドをとるフィールドにはならなかったものの、重要度はまぁまぁありそうです。

《星遺物の傀儡》

もう片方の展開元として提示されている星遺物の傀儡はリバース補助なのですが・・・ついにリバースを即座に発動するサポートが出たか~という感じです。1年半ぐらい前に登場した《裏風の精霊》から若干期待はしていた効果です。地味に汎用なのでクローラーに限らずリバースが活躍できる可能性もありけり。

星遺物の傀儡はチェーンでモンスターを表側にできるので、下級クローラーの共通効果である表側時の除去の対処がしやすくなるところもあり。

総じてフィールド魔法・永続罠と状況が整えば強い感じはしますが、最近のS/T破壊の荒波に耐えられるのか、若干心配。

星遺物-「星鎧」

最後に、今回の星遺物である星鎧は打点も高く、Exモンスターの処理も柔軟、サーチもNS・SS時と早く、星杯より使いやすそうな印象。反転召喚をする必要がある故に初動では扱えないカードとなっていますが、フィールドや永続罠をサーチできるのがいい感じですネ。

「クローラー」のメタは?

リバースっていったら昔は抹殺の使途がデフォでデッキに入っていたりしましたね~。シャドールが結局融合テーマで、リバースはおまけ状態だったので使途復活!にはなりませんでしたが、このテーマでザクっとやられるとそこそこ痛いことになりそうです。懐かしい。

とてもかっこいいので是非とも活躍して欲しい・・・!

そんな「クローラー」、個人的には身近な存在、かつデザインもいいので組みたいな~と思いつつ。罠のおかげでリバース関係がいつもより積極的に使えるのでリバースモンスターも調べておきたいところですね~。

今のところ、《ワームベイト》の発見のおかげで初動以降の動きはまぁまぁ強いと言えるので、初動関係で「クローラー」を1・2体墓地に送り、速攻でリンククローラーを立てれる手段を見つければよりいい感じになるかな~という印象でっす。

テーマの海外の反応・紹介はまた今後行おうと思います!

ではでは!

コメント

  1. きょいちさんのファン より:

    デザインはとてもいいと思います!
    蟲なのにメカメカしいところがさらに不気味に見えるという感じでしょうか
    ただ、展開力が低めなのはやはり気になりますね
    シャドールと同じリバーステーマなので影依融合のようなぶっ壊れがくるかと思いましたが、これも10期によるデフレ?なのかもしれませんね
    現状では回し方をあまり把握できていませんが、仰る通り軌道に乗ると安定かつ強力な盤面が作れるみたいですね
    クローラーは敵でいいんでしょうか…?
    アウラムを唆すリースのように星異物を合体させて何かを復活させようと動いているような気がしますが果たして真相はいかに…?

    • きょいち(管理人) より:

      デザイン的にはシャドール以降でも稀をみるドストライクでかなり気に入っています!
      同じリバーステーマでもシャドールはホントに強かったんだな~とも思いますが・・・あのテーマは10期に来ていても騒がれていたレベルでしたね・・・。

      序盤は静かに、中盤からわらわら湧いてくるテーマっていう印象です。
      記事には書きそびれましたが、星杯の聖遺物-星杯ともサーチでシナジーがあったり、星遺物の導きでエクスクローラーを蘇生すると爆アドだったり、若干相互関係はカード内でもあるようです。
      遺物を7つ集めた時のイベント、気になりますね~。星遺物の傀儡の後ろで光っている虹っぽい光と人影も気になってます・・・!今のところ星杯とは敵対しているようですネ。

  2. ラララ より:

    まだ全部のクローラーが判明していたわけではないので時期早々な気がします(番号的に18~20にまだモンスターがいる)
    ただ、リーバス能力を持った低レベルの甲虫族と言うのは中々いいのでもっといいいサポートが欲しい所。
    ただし、能力的は9期を反省して抑え気味なのかそこまで強くありません(特に効果モンスター達)
    10期だから②の効果は戦闘にも対応していればいいのに……

    星杯は新しいテーマに1種類以上あるでしょうが、あと5つテーマでイラストにいる大きな巨人モンスターが出ると思われます
    どういう関係があるのか今では考えられませんが……

    • きょいち(管理人) より:

      書いた後にリストを見て番号が空いているのに気が付きましたorz
      3枚も空いているとなると、シャドール並みのリバースの選択肢の豊富さが入りそうですね~。
      モンスター破壊にS/T破壊、墓地肥やし、とくればあとは墓地除外、エクストラ除外・・・とお決まりなものがきそう。
      リバースドローがもしも登場すれば一気に強くなるので、このあたり楽しみです・・・!

      毎弾ごとに聖遺物シリーズが登場してもお披露目は来年の今頃か10月ですね~。
      何か禁忌的なもののような気がします・・・!