【遊戯王 海外の反応】《脆刃の剣》 戦闘ダメージを能動的に受ける方面で活かすのがいいかもね。

《脆刃の剣》

装備魔法

(1):「脆刃の剣」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。

(2):装備モンスターの攻撃力は2000アップし、装備モンスターの戦闘で発生する戦闘ダメージはお互いのプレイヤーが受ける。(3):自分が2000以上の戦闘ダメージを受けた場合に発動する。このカードを墓地へ送る。


【スポンサーリンク】

《脆刃の剣》 海外の反応

絵を見た時はなんかもっとめちゃくちゃな効果してるのかな、と思った lol


攻撃力パンプ2000はデカいね。デーモンの斧の2倍だぜ? 恐らく何らかのワンキルをサポートしたり、イゾルデを採用しているデッキに採用されたりするだろう。まぁ装備に関しては他にもいいカードはあるけれども。


うーん、聖騎士はまだまだ自分達のテーマの装備カードを使うことになるかぁ。

>パっと見、聖騎士関連のカードなのかと思ったよ。


ちょっとひねくれた考え方をすれば、相手モンスターがいない時にも戦闘ダメージを受けれるツールにもなるんじゃない?


ヘル・テンペストデッキにはよさそうだね。これで相手フィールドにモンスターが居ない場合でも3000ダメージを受けれる可能性が出てくる。まぁ今の時代にテンペストデッキは中々お目にかかれないだろうけど、ちょっとした強化にはなってるんじゃないかな。


戦闘ダメージを能動的に受けるっていうのが活かせるとしたら、トラゴエディア、SR-OMKガム、インタラプトレジスタンス、とかになるだろうか・・・あんまりいいコンボがないね。今時のカードよりむしろ過去カードで組み合わせを考えちゃうし、それに従って良いアイデアも出てこないけど、何かしら考えられるっていう点では面白いんじゃないかな。


問題:アマゾネスの剣士にこれを付けて殴ったらどうなるでしょう。

(参考・意訳:https://www.pojo.biz/board/showthread.php?t=1309950)

《脆刃の剣》 プチ考察

パンプ値2000・・・いやぁーこういう数値を見るとロマンを感じずにはいられません。昔はデーモンの斧がすっごい強く見えました。懐かしいですね。その当時はデーモンの斧とか、執念の剣で自己モンスターをパンプして戦うのをよくやってたのを覚えています。マジックルーラーの時代でしたかね。・・戦闘でモンスターに勝つことだけを考えれば、《月鏡の盾》の方が良さそうです。

このカードに関して言えば、【アマゾネス】で採用することは結構真面目な方で面白いんじゃないかなと思います。裁定によればアマゾネスの剣士にこれを装備した際に相手にダメージを与えればダメージがそのまま相手に返って倍になるらしく、これを気楽に狙えるのは結構インパクトあるんじゃないかな、と。

アマゾネスコールで全体攻撃も容易に付与できますし、なんならプリンセスで叩きに行く際、不必要になったら効果でコストにすることも可能、あのデッキは戦闘で盤上を返すことに関して言えば中々のパワーを持っているので、色々面白い構築ができそうです。