【遊戯王 海外の反応】《アークネメシス・エスカトス》2種族+手札誘発のデッキでも活用できそうだね。

《アークネメシス・エスカトス》

特殊召喚・効果モンスター

星11/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500

このカードは通常召喚できない。自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、種族が異なるモンスター3体を除外した場合に特殊召喚できる。

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):フィールドのこのカードは効果では破壊されない。

(2):フィールドのモンスターの種族を1つ宣言して発動できる。フィールドの宣言した種族のモンスターを全て破壊する。次のターンの終了時まで、お互いに宣言した種族のモンスターを特殊召喚できない。


【スポンサーリンク】

《アークネメシス・エスカトス》 海外の反応

素早いデッキにはかなり相性が良さそう。


このカードをSSしておいて岩石族を宣言すれば、ニビル対策になるね。とはいえ、宣言する為には自分か相手が岩石族を場に出してないといけないけど。


>ニビル周りでは難しいけど、《リプロドクス》を活用すればより能動的に相手の動きを抑止することができるかもしれない。


ドラゴンリンクみたいなスパムデッキに対して活用したいなぁ。

>それしちゃったらこのカードもドラゴン族だから破壊されるんじゃと思ったけど、破壊耐性のお陰で大丈夫なのか。パーフェクトだぜ。


>逆にドラゴンリンクが《ドラゴン・目覚めの旋律》からこのカードをサーチしてきてこっちのニビルを妨害してきそうで怖い。


これって一応テーマカードっていう扱いだけど、かなり汎用性高いよね。ここまで汎用性が高いモンスターが出てくるのって稀じゃないかな。


カオスモンスターと比較すると出しづらくはあるけど、結構強いカードだね。破壊耐性はいつでも活躍できるし、種族統一デッキは何にせよコイツに泣かされる可能性がある。しかも打点が高いからロックした後にゲームを終わらせられる力もある。このカードは後々の環境で眼にする可能性もあるかもよ。


これを見て同族感染ウィルスを思い出した人は多いハズ。《ドラゴン・目覚めの旋律》でサーチできるのはいいね。


サブテラー使いだけど、このカードはサブテラーに合うかな、と思ってる。ドラゴン、天使、アンデット、魔法使い、魔虫類とか、結構種族は幅広いからね。ゲーム後半にパワーが出せることは勿論、HEROとかオルフェゴールとか、単一種族デッキに刺さるのが嬉しいよ。


除外コストがフィールドにも対応してるから地味に《大捕り物》の活用法が広がってるのも嬉しい。


シャドールや蟲惑魔みたく、2種族+手札誘発のデッキでも活用できそうだよね。最近だとリンクモンスターもあって墓地に他種族ためやすいだろうし。色々と幅広く採用できるんじゃないかな。


自分で破壊するモンスターを用意してより能動的にっていうなら、リンク召喚を繰り返してコストを貯めつつこのカードを出すこともできるし、その中でリンクリボーを破壊すれば転生炎獣対策に、アカシックを出して破壊すればエンディミオン対策になる。案外カウンター要素だけじゃなくて先行ターンの押さえつけ要因にもなれそうな点が恐ろしい。

(参考・意訳:https://www.pojo.biz/board/showthread.php?t=1310740)

《アークネメシス・エスカトス》 プチ考察

現代版同族感染ウィルス!といった感じですね~。あちらと違い手札を捨てる必要がない代わりに、効果は1ターン1度のみ。しかし打点・破壊耐性と、単体での性能も非常に高く、相手をシステム的に押さえることができる為かなり恐ろしいモンスターだと思います。

今現在だとあまり活用されていないモンスターですが、カードパワーは間違いなく高い為、考慮には入れておいてもいいかもしれませんな。

同族感染ウィルス禁止→規制解除からのこのカードに時代の流れを感じます。