【遊戯王 海外の反応】2020年4月OCG制限改訂 やらかしてしまうよりも安全に行こうってことだろうね。

遅ればせながら2020年4月の制限改訂に関する反応をお届けします~m(_ _)m


【スポンサーリンク】

2020年4月 OCG 制限改訂 海外の反応

OCGはホントにエクストラデッキに制限をかけるのが好きだね。


レダメはエラッタか~。レッドアイズデッキではまだ全然活躍できるカードだろうね。

4月からのルール改訂でヤバくなりそうな奴らは軒並み制限になったね。ただそれでもソリティアによる制圧の心配は消えないだろう。レダメはナーフを食らったけど、まだ現役でいけそうだ。


真紅眼融合が規制されなかったらドラグーンは禁止になってたろうね。真紅眼融合・ドラグーン・アナコンダそれぞれを制限にするのは中々スマートだ。


>今回コンマイが施したのはドラグーンが複数体並ぶことへの対策だったね。ただ、1体ドラグーンを出すことに関してはほとんど何も変わってない。更に規制するか否かを判断する為にもう少し時間が必要だったということだろうか。


>普通はデッキに入らないようなドラグーンを採用することによって生まれる数々の不具合と、超融合を筆頭にした対策、維持力のなさ、そして今回制限が解除されたうららと、かなりの弱体化が施されたのは間違いなさそうだ。


ドラゴンバスター

ドラゴンバスターが規制された理由ってなんだろう。あのデッキはオルガや姫、炎獣みたいに環境トップにはなってなかったハズ。

>コナミの社員さんが大会か何かでボコボコにされた可能性がある。


今回ばかりはカード達が暴れる前に規制されたものが多かったけど、4月からの環境で一旦様子を見てから規制することはできなかったんだろうか。


>マスタールールが改訂されたのはリンク召喚によっては慣れた人たちを呼び戻す意図が大きいだろう。そういう人達が遊戯王に戻ってきた時に、とんでもない動きをするカードやテーマ(シンクロハンデスとか餅カエル連打とか)があるとまた離れてしまう危険性がある。

>やらかしてしまうよりも安全に行こうってことだろうね。

(参考・意訳:https://www.pojo.biz/board/showthread.php?t=1311520)

2020年4月 OCG 制限改訂 プチ考察

かなり大幅な制限改訂に見えますが、結構な数のカードが元々リンクルールになった際の弱体化で緩和されたものみたいですネ。(簡易融合制限は結構痛いですががが)

最も注目されていたであろうドラグーン関係はリリーサ禁止、真紅眼融合・ドラグーン・アナコンダ制限。うーん、どうなんでしょう。これでもまだドラグーン自体の強さは損なわれていないとは思いますが、ドラグーン関係を搭載した際のリスクとリターンがイーブンなのかは不安なところです。

そしてうららは久しぶりの無制限化。ガン回り抑止目的だとは思いますが、個人的に、以前無制限から準制限になった時に感じたのは「こっちの方が制圧側が弱い」というものでした。相手の動きを止めるだけでなく、増Gの対策にもなり、制圧盤面を立てる方も使えるうらら。吉と出るか凶と出るか、これから見ていきたいなと思います。

4月からの環境は正直全く読めないですが、その分ちょっとだけ楽しみだったり。

(*大変な時期が続きますが、皆さんご自愛くださいm(_ _)m)

コメント

  1. カトブレパスと運命のななしさん より:

    いい改訂だったと思うよ。
    新パックでドラグーン対策のカードも出るし。
    ドラグーンなんて怖くないない。