【遊戯王 海外の反応】《ジャック・イン・ザ・ハンド》コンボ起点のカードとして結構お手軽なものになりそうだ!

《ジャック・イン・ザ・ハンド》

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):デッキからカード名が異なるレベル1モンスター3体を相手に見せ、相手はその中から1体を選んで自身の手札に加える。自分は残りのカードの中から1体を選んで手札に加え、残りをデッキに戻す。


【スポンサーリンク】

《ジャック・イン・ザ・ハンド》 海外の反応

効果的に使えるデッキに採用したらかなり強そうなカードだね。


マジシャンズソウルとか、ジェスターコンフィが入るデッキなら使い勝手がよさそう。


機塊は向いてそうだ。

最初にカードを選ぶのが相手な辺り動きが読まれると厄介だけど、それでもこのサーチ力は強いね。


ヴェーラーとDDクロウとドロール&ロックバードを選びたい。


レベル1のモンスターは強いカードが多いからなぁ。アルゴザウルス、ネプトアビス、ジーニアス、ドローン、マジシャンズソウル等々。

>コンボ起点のカードとして結構お手軽なものになりそうだね。


このカードを誘発サーチの為に使うことはないんじゃないかな。相手が先にカードを選ぶから、恐らく汎用カードピックでは狙っているカードを手札に引き込むことは難しいだろう。出来るならこっちではムーブが狙えて、かつ相手には効用のないカード陣を選びたい。


リリカルリスキニアにも向いてるね。LLイラスト版も欲しいなぁ。


ケプラー、ラミア、ネクロスライムがいるDDとか、TGとか、使えるテーマは案外多そうだ。恐らくパっと見の印象よりも実際に使う/使われる場面になってから分かる厄介さもあるだろう。

(参考・意訳:https://www.pojo.biz/board/showthread.php?t=1312999)

《ジャック・イン・ザ・ハンド》 プチ考察

基本的に差し引き-1アドなカードですが、相手が手札に加えるカードをコントロールできればほぼ腐り札にできるため、かなり幅の広いサーチカードになってますね~。レベル1サポートといえばワンフォーワンが代表的なものの、この前の制限改定で制限化、かつうららの妨害が怖いことも考えれば単純サーチ3積みなこのカードはなかなか有用そう。ただ、テーマによってはデッキ内のキーカードが減ってしまう問題もありそうです。競合相手はワンチャン!?でしょうか。

手札誘発をピックしてしまうと物量で負けることになりがちですが、それを見越して三戦の才とかも面白そうです。イラストはレベル1・2帯が多いゴーストリック。以前に新規をもらったり、今もなお結構人気高いテーマですネ。

P.S.最近遊戯王カードをあまり触れていなかったので、おらさい中ですます。