s_ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン

 

先日、ブルーアイズの儀式モンスターが発表されましたね~。

儀式といっても、昔に出た白竜の聖騎士とはえらい違いで・・・。

というわけでご紹介m(_ _)m

 


スポンサーリンク


 

ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン (MVP1) 考察

 

s_ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン

ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン

 

儀式・効果モンスター

星8/闇属性/ドラゴン族/攻4000/守 0

「カオス・フォーム」により降臨。 このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。

(1):このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、 その守備力を攻撃力が越えた分の倍の数値だけ戦闘ダメージを与える。

 

 

単純に強い・・・。

 

s_ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン

 

これは・・・大丈夫なんでしょうか・・・(- -;)

対象にならないのと破壊されないのとで強固な耐性を持ってます。効果自体は最近のカードではあまり珍しくないかもしれませんが、このカードはシンプルに儀式で出せるのが怖いところです。

 


 

s_メタルフォーゼ・オリハルク

 

打点4000で対象指定・破壊耐性があるというだけでも強いのに、守備貫通が倍になる効果もあります。4000で倍はかなりえげつない気が・・・。

守備力が2000のモンスターでも叩かれれば4000ダメージ。それ以下だと6000ダメージ以上も来る可能性があります。怖すぎる。

 

召喚方法は?

 

s_高等儀式術

 

まだカオスフォームの詳細は判明していませんが、このカードは専用儀式魔法のみの召喚方法の制限がなく、他の儀式魔法でも特殊召喚が出来る様子。

オッドアイズアドベントや高等儀式術、奈落との契約が他の召喚方法になりそうです。高等儀式術はデッキの青眼の白龍を一体墓地に送ればよいので、青眼デッキにマッチしそうですね。

 


 

s_ドラゴン 目覚めの旋律

 

更にカオスMAXは攻撃力3000以上守備力2500以下なので旋律サーチが、ブルーアイズなので巫女でのサーチも可能です。古代の白石のリクルートにも対応。カオスMAXが手札にある場合でも、古代の白石で簡単にコストが用意できるのもよさげですね~。

 


 

s_儀式の下準備

 

加えて、もしも≪カオスフォーム≫が名前を指定しているなら、儀式の下準備でもサーチできる・・・と、サポート豊富なのもポイントが高いです。単体での性能と儀式サポート、サーチ、どれも充実していていい感じだと思います。

 

・・・というか化け物ですよこれは!対策を練らねば!

 

カオスMAXの対策は?

 

s_ホープ ライトニング

 

難しいですね~。一応、毎度のことながらライトニングで戦闘破壊したりはできますが、リリーサーあたりが少し心配。儀式魔法のレベル指定が8なのか8以上なのかでも変わってきそう。

 


 

s_復活の福音

 

対象指定や効果破壊もできないため、ブラホ、激流葬も効かず、何より福音による破壊耐性もあるので、真っ向から処理しようとすると非常に苦労しそうです。

 


 

s_闇の護封剣

 

最近お馴染みになってきた感もありますが、トリシューラや闇の護封剣・皆既月食の書、エアー・ウェーブフォースでの対処が比較的簡単そうです。

カオスMAXの守備力は0ですし、他のカードに刺さるのもあって、闇の護封剣が安定しそうですね~。

 


 

s_底なしの落とし穴-395x400

 

他にも安心と信頼のクリスタルウィングやTDILで登場した底なしの落とし穴もよさそう。

 


 

s_生贄封じの仮面

 

仮にこのカードを採用する場合、ブルーアイズデッキは儀式に傾いた構築になるので、生贄封じの仮面を採用するのもありかも。

精霊龍や白き霊龍における③の効果にもリリースを必要とする為、一応全体的には刺さりそう。ただ白き霊龍自体が福音で簡単にSSされるので、そのあたりで対応されがちなのが気になります。

 


 

s_闇の護封剣

 

とりあえずブルーアイズデッキ全体のメタを兼ねて採用するなら、闇の護封剣が安定でしょうか。

 


 

s_ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン

 

うーん・・・それにしても怖い。青眼のシンプルなパワフルさにさらに磨きがかかるので、相手する側としてはかなり厄介そうです。

登場後のブルーアイズデッキにも注目ですね!

 


スポンサーリンク