【遊戯王】東北六遊祭2016・参加結果レポート

シェアする

スクリーンショット 2016-05-05 11.08.38こんには。
今回は遊戯王の東北六遊際に参加してきたので、そのレポートです。
移動距離もあり、当日の0:30頃に出発して車で下道を通り、山形県村山市にある総合文化複合施設「甑葉プラザ」に6時間ほど掛けて到着しました。

対戦形式 3人チーム(予選スイス4回戦+決勝トーナメント4回戦)
定員 100チーム(300人)
その他の大会ルールはこちらになります。

(会場風景)

チーム毎の席に座って登録が済むと、運営の方から参加賞を貰いました。

ボールペンと横入れスリーブと、対戦に使えるオリジナルメモ帳を3人分でしたb
開会式を終えて、いよいよ試合です。

大会レポート

使用デッキは、セイクリッドを使いました。

1回戦:VS青眼 ○×−(引き分け)
チーム −(引き分け)

後攻)
ギリギリまでセイクリッドを見せずに、精霊龍を闇の護封剣で裏返して次のターンに強制脱出装置で戻して、あとはフォトン・スラッシャーを伏せで守りながら戦っていました。
相手が展開してきて手札が1枚の状態になった段階で、ライフ差が3000以上ついたので、ここでようやく手札のセイクリッドを出して、ホープONEをXYZ。
ホープONEの効果を使い、ブルーアイズとオルタナティブを破壊して除外、残ったセイクリッド2体でラプソディ・インバーサークで更に相手の墓地のリソースを除外して、ホープONEに装備すると返しのターンに相手のサレンダーで1セット目を取りました。

2本目
先攻後攻は忘れましたが、フォトン・スラッシャーで2回殴って3800まで相手のライフを減らしましたが、巻き返されて負けました。
EDがないので時間切れでここで引き分けになりました。

2回戦:VS青眼 ××
チーム ×

開会式前に、半年ぶりに合う方々に挨拶に行っていると、その中の一人に同じC卓の方がいて「「まさか当たらないですよね〜」」とお互い話しいていたら、当たってしまい順調にフラグを回収してきます。

対戦相手は、なんとD.Sさんです。
久しぶりの大会での対戦だったので、気になって調べてみると2013年の6月23日のアビスCS以来で、かれこれ3年ぶりくらいの大会での対戦になります。(その時の試合内容は未だに覚えているくらい激戦でした。)

先攻)
ジャンケンで負けたのですが、先攻を渡されてしまいました。
先攻でもなんとかなりそうにデッキを作ったつもりでしたが、初手は後攻向きの手札。
仕方なく、後攻で使うカードをブラフに2伏せしてターンを渡すと、後攻で飛んで来る羽根箒…。返しのターン何もできなくなり負け。

後攻)
さっきの例があるので、警戒して後攻を取るもモンスターが来ず、とりあえず精霊龍を闇の護封剣で寝かせて、伏せを追加してターンを渡すと返しのターンまたも羽根箒…。

所要時間10分くらいで終わってしまい、あとは二人でフリーをしていました。

3回戦:VS SR彼岸 ×○○
チーム ○

後攻)
先攻向きの手札したが、サイコロで負けて後攻スタート。
先攻で相手に盤面を作られて、ジリ貧になり負け。

先攻)
残りライフ2700まで削れらましたが、そこから撒くって勝ち。

後攻)
途中ETになりライフ差で勝ち。

4回戦:VSメタビート ○×○
チーム ○

先攻)
サイコロで勝って、先攻プレアデスとコズミックサイクロンを立ててターンを終了すると、返しに2伏せと結界像が出てきて、ここでメタビートと判明。
プレアデスで伏せをバウンスして、残りをコズミックサイクロンで除外。
自ターンにソンブレスから展開して、結界像を退かせた後は、セイクリッドの星痕を挟んだドローで手数を増やし勝ち。

後攻)
先攻でジョウゲン4伏せ。
残りライフ2700まで追い詰めるも、その後が続かず負け。

先攻)
手札にモンスターが来ず、ジリ貧の状態で耐え続けました。
途中、星痕×2の状態でオメガで2ドロー狙うも通告で召喚無効。
お互いにモンスターが居ない状態でETに突入。
ライフは自分が4600、相手が5600。
相手のラストターンでモンスターが出ず2伏せの状態でETラストターン。
1000より上の攻撃を与えないと負ける状態で手札0伏せ星痕×2でトップオネスト。
手札誘発やXYZ素材として使うことが多いので思わず攻撃力を確認すると1100。
攻撃するしかないので、召喚して攻撃すると攻撃が通りライフ差100で勝ちました。

結果  27位
個人  2−1−1
チーム 2−1−1

久しぶりのCSでしたが、なんと勝ち越しで終わりました。
チームに入れてくれたリムさん(@rimnot1505)と鈴菜さん(@suzunami0123)ありがとうございました。
また機会があれば是非よろしくお願いしますm(_ _)m

使用デッキ:セイクリッド

先攻での動きを強くしようと思い、前回のアビス公認で使ったものに、星痕を一枚プラスしてドロー系カードを増殖するG、強欲で貪欲な壺、セイクリッドの星痕を格3枚ずつの系9枚体制にして望みました。

サイドやエクストラのカードも全て使用機会がありました。
ティラスが調整段階でも使う機会がなかったため、そこにホープレイを入れました。
ホープ1に対して、ホープONEとホープレイが入っていますが、これはどちらかをライトニングの下敷き用にするためです。
ホープONEもホープレイもレベル4を3体使えばホープを経由しなとも出せるので、戦況を見て下敷きにする方を決めます。

イタチの大暴発は引けずに負けた試合もありましたが、ライフ差の発動条件さえ満たせばフリーチェーンでいつでも使えるので3積みしました。

ホープONEの効果を使ってライフが10になった後なら、大抵のモンスターはフリーチェーンでデッキにバウンスできるのと、神シリーズやコズミックサイクロンのライフコストや使っているデッキの特性上、相手のリソースを吐き出させてから仕留めに行くので、ある程度ライフが減っていることも予想され、相性は良い方だと思います。

今回は、ライオウをサイドにも採用せずに出ましたが、以前ほど、ライオウ1枚で環境のデッキが止まらなくなってしまったと感じたので、いっそ抜いて出ました。
今後、先攻で他に強い動きがなければまた入れるかもしれません。

その他のブースやイベント

物販

予選の2回戦後から、公式サプライやオリジナルグッズなどの販売が行われました。
物凄い人気で、ちょっと興味があったセイクリッドが描かれたプレイマットも見に行った時には売り切れていました。
オリジナルトークンカードや参加賞で配られたメモ帳なども販売されていました。

会場の外には、飲食の物販コーナーも設置され、地元の郷土料理の「ひっぱりうどん」や、もつ煮込み、ラーメン、からあげ、たこやき、ソフトクリームなどもあり、事前に昼ごはんを用意しなくともそこでご飯を済ませることが出来るようになっていて、プレイに集中できるようになっていたと思います。

サブイベント

8人チームトーナメント、キューブドラフト、Foce of Will体験会、モンスタークイズ、卓球、将棋デュエル、人狼ゲーム、ゲストとの対戦コーナーなどなど、予選で終わってしまったプレーヤーも楽しめるようにイベントやブースが多数開かれていて、最後まで残るプレーヤーも多かったように思いました。

その他

他にも、予選順位の1位、25位、50位、75位のチームには「予選ピッタリ賞」が用意されていたり、デッキ分布1人のデッキには「オンリーワンデッキ賞」が用意されていたりと、様々なプレーヤーにチャンスがありました。

(一緒の車に同乗した仲間から50位のピッタリ賞が出て、●映画『遊戯王』前売券(一般:¥1500)×3枚 ●特典:Loppi限定デュエルセット×3セット「マジシャン・ガール」デュエルフィールド 《ブラック・マジシャン・ガール》 《エルフの聖剣士》を獲得していましたb)

また、かなり広範囲の地域からプレーヤーが集まっているので、試合後本戦が行われていないスペースが交流の場としても利用され、お互いのデッキ相談をしたり、フリーをしたりデッキを調整したりと、本当にお祭りのように最後まで楽しめる大会でした。
大会の運営の方々並びに、関わった全ての方々、ありがとうございましたm(_ _)m
来年も日程が合えば、是非出たいと思いますb

最後まで読んで頂きありがとうございました!

(本戦終了後の恒例行事とかしたスギッチさんとのデッキ談義風景)