s_流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン

 

レッドアイズデッキに待望のメテオ・ブラック・ドラゴンリメイクー!

ブラック・デーモンズがリメイクされたとき、メテオの方もリメイクされるのかな?と期待していましたが、1年強越しでのリメイクとなりました。

そいでは考察をば。

 


スポンサーリンク


 

流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン 考察・評価

 

s_流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン

 

融合・効果モンスター

星8/闇属性/ドラゴン族/攻3500/守2000

レベル7「レッドアイズ」モンスター+レベル6ドラゴン族モンスター

(1):このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。手札・デッキから「レッドアイズ」モンスター1体を墓地へ送り、そのモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える。

(2):このカードがモンスターゾーンから墓地へ送られた場合、自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

 

 

召喚後即座にバーン!

 

s_黒炎弾

 

レッドアイズはバーンの道を突き進みますね~。

前回のブラックデーモンズはバトルフェイズ終了後にレッドアイズ通常モンスターを参照にして攻撃力分のダメージを与えましたが、今回は召喚時にデッキ・手札からレッドアイズモンスターを送って半分のバーン。

 


 

s_レッドアイズ・ブラックドラゴン (1)

 

今回はデッキからモンスターを送って更なるデッキ圧縮も兼ねられ、攻撃をする必要もないので、発動出来る機会はブラデよりも高そうです。

 


 

s_レッドアイズ・フュージョン

 

かつ真紅眼融合の方でも、融合素材が【レベル7「レッドアイズ」モンスター+レベル6ドラゴン族モンスター】と緩いので召喚しやすいのもポイントが高いです。・・・なんだか変わった融合指定ですね。

ブラデは通常モンスター版のレッドアイズやデーモンを入れないとデッキ召喚ができませんでしたが、今回はデュアル版もOK。同パックにはインサイトも収録される為、事故率がかなり解消されそうです。

打点も素のメテオブラックと変わらず3500と非常に高い!

・・・ってなんだかメテオの方をほめちぎっていますが、ブラデにはバトル中の有無を言わせぬ効果がありますし、バーンも高めなので、状況によって使い分けるのがよさそうです。

 

真紅眼の凶星竜-メテオ・ドラゴン

 

s_真紅眼の凶星竜-メテオ・ドラゴン-395x400

 

デュアル・効果モンスター

星6/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守2000

(1):このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。

(2):フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。●このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカード以外の自分フィールドの「レッドアイズ」モンスターは戦闘・効果では破壊されない。

 

そんなメテオブラックドラゴンの融合素材としてリメイクされたメテオドラゴンさん。

アメリカの特撮に出てくる恐竜にいそうな、悪い顔をしていらっしゃいますな。

 


 

s_真紅眼の鋼炎竜

 

こちらのカードはデュアル召喚することによって、このカード以外のレッドアイズを破壊から防ぐ効果を持っています。

このカードだけでは戦えませんが、真紅眼の鋼炎竜と並べたりするといや~な盤面になりそうです。

1積みで融合用にしたいところ。

 


 

s_化合電界(スパーク・フィールド)-406x400

 

なんだかんだリメイク版のレッドアイズテーマはデュアルモンスターになってますし、スパークフィールドを入れてデュアル+レッドアイズデッキを作ってみるのも楽しいかもしれませんね~。

他にも劇場版のガイアとかを入れて、ランク7が作りやすい風に整えつつ、バーンで焼き切る戦術をとるとか、融合素材がレベル6ドラゴンの点から、聖刻と混ぜてランク6を狙ってみるとか。

・・・色々熱い!

 


 

s_流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン

 

そんなこんななレッドアイズ新規。デッキ強化につながるカードばかりなので、レッドアイズ使いにはかなり嬉しい収録ですね!

 


スポンサーリンク