%e6%8d%95%e9%a3%9f%e6%a4%8d%e7%89%a9%e3%82%ad%e3%83%a1%e3%83%a9%e3%83%95%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%82%a2

 

11月12日に新パックフュージョンエンフォーサーズが発売!

・・・というわけで遅ればせながら、SPFEのカード効果・海外の反応のご紹介に入っていきたいと思います。RATEの方もまだ紹介したいカードがあるので、しばらくの間は同時進行・・・?

 

ではでは、今回は捕食植物の2枚のカードをご紹介致しますm(_ _)m

 


スポンサーリンク


 

捕食植物プレデター・プランツ 考察・評価

 

捕食植物プレデター・プランツサンデウ・キンジー

 

%e6%8d%95%e9%a3%9f%e6%a4%8d%e7%89%a9%e3%80%80%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a6%e3%83%bb%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%bc

 

効果モンスター

星2/闇属性/植物族/攻 600/守 200

「捕食植物サンデウ・キンジー」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 自分が融合素材とする捕食カウンターが置かれたモンスターの属性は闇属性として扱う。

(2):自分メインフェイズに発動できる。 闇属性の融合モンスターカードによって決められた、 フィールドのこのカードを含む融合素材モンスターを 自分の手札・フィールド及び相手フィールドの捕食カウンターが置かれたモンスターの中から選んで墓地へ送り、 その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

 

捕食植物プレデター・プランツキメラフレシア

 

%e6%8d%95%e9%a3%9f%e6%a4%8d%e7%89%a9%e3%82%ad%e3%83%a1%e3%83%a9%e3%83%95%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%82%a2

 

融合・効果モンスター

星7/闇属性/植物族/攻2500/守2000「捕食植物」モンスター+闇属性モンスター

(1):1ターンに1度、このカードのレベル以下のレベルを持つフィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外する。

(2):このカードが相手の表側表示モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。ターン終了時まで、その相手モンスターの攻撃力は1000ダウンし、このカードの攻撃力は1000アップする。

(3):このカードが墓地へ送られた場合、次のスタンバイフェイズに発動できる。デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。

 

相手モンスターを奪う融合テーマ?

 

%e6%8d%95%e9%a3%9f%e6%a4%8d%e7%89%a9%e3%82%ad%e3%83%a1%e3%83%a9%e3%83%95%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%82%a2

 

捕食植物がついに本気を出してきましたか!

INOVで登場したのは良いものの、テーマの主軸がわからずじまい、「恐らくカウンターを使って戦うんだろうな~」というわずかな印象にとどまってしまっていました。

 


 

%e6%8d%95%e9%a3%9f%e6%a4%8d%e7%89%a9%e3%80%80%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a6%e3%83%bb%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%bc

 

今回のパックのサンデウ・キンジーにて捕食植物の狙いの一つは相手フィールドモンスターを利用した超融合的な融合召喚であることが明らかになった感じですね~。

捕食カウンターをのっけたモンスターを闇属性にし、かつ②の効果で融合召喚素材にできる為、カウンターさえのっけてしまえばモンスターの除去は楽に。

 


 

%e6%8d%95%e9%a3%9f%e6%a4%8d%e7%89%a9%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%bb%e3%83%98%e3%83%ab

 

カウンターを乗せるカードとして現在のところ優れているのはINOVにて登場した《捕食植物スキッド・ドロセーラ》と《捕食植物フライ・ヘル》の2枚。

特にフライヘルはややこしい制約を受けることなくカウンターを乗っけられ、単体の除去としても機能するので良い感じですね~。

ドロセーラの方も、フィールドから能動的に墓地に落とせる手段が機能するならばなかなかの一枚になりそうな予感。

 


 

%e6%8d%95%e9%a3%9f%e6%a4%8d%e7%89%a9%e3%82%ad%e3%83%a1%e3%83%a9%e3%83%95%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%82%a2

 

融合先であるキメラフレシア・及びスターヴ・ヴェノム・フュージョンドラゴンも中々の性能。

今回のキメラフレシアは元々の2500打点に加えて2000の攻撃力差を作ることができるので、戦闘面でもかなり強力になっていますネ。

 


 

%e8%b6%85%e8%9e%8d%e5%90%88

 

また墓地に送られた次のスタンバイフェーズに「融合」・「フュージョン」カードを手札に加えられるので、これでリソースを取り戻すこともできます。

サンデウ・キンジー自体に超融合的な効果が仕込まれていて、なおかつ融合素材は主に闇属性になるため、《融合》等の別リソースをサーチするのが良いでしょうか・・・?

専用融合カードも出るかもしれませんね~。

 


 

%e8%b6%85%e6%a0%84%e9%a4%8a%e5%a4%aa%e9%99%bd

超栄養太陽

 

永続魔法

自分フィールド上のレベル2以下の植物族モンスター1体をリリースして発動できる。リリースしたモンスターのレベル+3以下のレベルを持つ植物族モンスター1体を、手札・デッキから特殊召喚する。このカードがフィールド上から離れた時、そのモンスターを破壊する。そのモンスターがフィールド上から離れた時、このカードを破壊する。

 

テーマ的にはまだ少しSSする手段に乏しい為、《超栄養太陽》による能動的なリリース、SSがはかどりそう。

 


 

%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%b5%e3%83%a0

 

万能リクルーターなローンファイア・ブロッサムも自身や他の植物族をリリースしてデッキから植物族をSSできる為、今回もかなり活躍しそうです。

 


 

%e6%8d%95%e9%a3%9f%e6%a4%8d%e7%89%a9%e3%80%80%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a6%e3%83%bb%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%bc

 

もちろん、今後の展開によってはテーマ内で良いの働きができるカードが登場することもなきにしもあらず。

今後の登場カードにも注目したいところです!

 

ではでは!

 


スポンサーリンク