fusion-recycling-plant

Fusion Recycling Plant(融合再生工場)

 

フィールド魔法

(1):1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。自分のデッキ・墓地から「融合」1枚を選んで手札に加える。

(2):お互いのエンドフェイズ毎に、このターンに融合召喚に使用された自分の墓地の融合素材モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

 

(海外版レイジング・テンペスト スニークピーク先行カード)

 


スポンサーリンク


 

Fusion Recycling Plant 海外の反応

 

 

VeryVery Nice.

 

今度はテラフォが融合をサーチできるようになるのか・・・wow.

 

融合次元の強さを押し上げそうだね。

 

融合デッキにはとても良いカードだね。

効果は少しスローだけど、それでも強いと思う。

 

驚くほどのカードでもないけど、良いサポートだ。

この試みは評価したい。

 


 

 

かなり使えそうだね。毎回融合サポートはクールなカードが多い。墓地から素材を回収する手段ももっと増えたらいいね。絵も興味深い。

 

この絵ってなんだと思う?

 


 

 

>物資調達員と、モンスターアイ、融合体駆除装置、あとは魔法都市エンディミオンが写ってるのかな?

 

>エンディミオンまじかああああ!

 

>物資調達員とモンスターアイはこの絵にマッチしてるね。昔の融合サポートカードを思い出すよ・・・。

 


 

 

手札から1枚カードを捨てる効果がある故に素晴らしいカードとまではいかないかな?最近の融合デッキは各テーマ専用の融合を持ってるのはいうまでもなく、普通の融合を用いる月光には十二獣が、ファーニマルにはパッチワークが来ているからね。

ただ、ファーニマルに関しては手札からコストで捨てる効果をうまく使える側面があるから、より強烈なOTKキングになるかもしれない。

 

>ファーニマルだとトイポットを捨ててサーチしたり、チェーンを捨ててパッチワークをサーチするのがよさそうだね。

 


 

 

>まだハッキリとはいえないけど、D-HEROでもよいサポートをしてくれそうだ。

 

>まぁあのテーマにはヴァイオンがいるから・・・。

 


 

 

シャドーミストを素材にしつつエンドフェイズにシャドーミストを回収か・・・かなりいい感じに思える。

 

フュージョンデッキの行く末は3つある。規制されるか、OTKデッキになるか、HEROになるかだ。

 


 

 

デュアルでラプティノスにアクセスする用法としてもいいかも。

 


 

 

効果はスタンダードな融合をカバーする2つとはいえ、②の効果の発動がエンドフェイズ故にバランスはとれてそうだね。

ちょっと気になるのはこのカードも今のトレンドに沿ってフィールドカードになっているところかな。フィールドカードは互いの場に影響を与えるべきものではあると思うけど、このカードはそうはならなさそうだ。

 

>まぁ今はフィールドは各々が個別に持つっていう設定になってるみたいだからねぇ。

 


 

 

このカードの利点は融合素材にしたモンスターの回収にありそうだ。融合をサーチするカードだったらもっと色々強いのがあるからね。

 

これって超融合とかで自分のモンスターを相手の融合素材にされたりしたら、エンドフェイズにそのモンスターを墓地から回収できるのかな? まぁ、いつそんなことが起こるのかはわからないけど lol

 


 

 

なんて強いカードだ。儀式にも一枚頼む。

 

> つリチュアル・チャーチ

 

>できれば種族が限定されてないやつがいいかな・・・。

 

>(なんて強いカードだ。聖騎士にも一枚頼む。)

 


 

 

コンスタントに打てる融合回収みたいなカードだね。効果の速度がスローだから上位互換にもならなさそうだ。融合素材を毎ターン回収できるのはすごくナイスだよ。

フュージョンゲートを使うようなデッキも、今後はこのカードを使うことになるだろう。

 

(参考・意訳:http://www.pojo.biz/board/showthread.php?t=1260907)


 

融合デッキをサポートするカードとしてはかなりありがたい効果ですね~!

テラフォでサーチ可で、コストで手札を墓地に落とせ、エンド時に素材回収とは・・・!

ただ、確かに融合デッキはOTKテーマになりがちな上、専用融合サポートがあるテーマも多いので、使うデッキは少し絞られてくるかな?と思ったり。デッキ融合でもサルベできるので、相性の良いデッキに関しては②の効果だけでも便利なカードになりそうです。

来日するのが恐らく今年の9月辺りになるのが悔しいところですが、前回のINOVに収録されたVermillion Dragon Mechと合わせて、首を長くして待っていたいと思います・・・!

 


スポンサーリンク